FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の岬13 薩摩半島坊岬と野間岬

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月26日、金曜日。ここ何日か大雨ではないけどしとしと雨が続いた。

30度近くまであがっていた気温も、今日はせいぜい20度くらいで、

少し肌寒いほどだ。

明日から気持ちの良い晴天が続くらしい。

朝わりと早く、上海の近くから若い女性と、同年齢くらいの英国人男性

が事務所にいらした。

私が今まで接した中国人女性は、多くが日本語を流ちょうに、あるいは

少し話す方がほとんどだった。

今日いらした女性は、英語が流ちょう、かつ文章もうまい。

英国人男性と一緒にいらしたから、ようやくその訳が分かった。

仕事そのものは、1時間あまりで終わった。

これから東京、大阪などを観光するのだという。


日本の岬13 薩摩半島坊岬と野間岬

薩摩半島南岸を西に向かうと、南側の端に坊岬がある。

ここは天然の良港となっており、中世に「倭寇」の出港基地となって

いた場所のひとつ。

なるほどな・・と一目で分かる天然の湾だ。

ここは私の田舎(南九州市)から陸路で15キロか20キロほどしか

ない。ただし、枕崎から先はアップダウンの激しい狭い道だ。

私が小学生のころ、007の映画の舞台となり、ロケのために多くの

クルマが当時のボコボコ道の国道226号線を坊岬に向かうのを

この目でみた。

浜美枝が出演した映画。

確か「戦車」のようなクルマも通過した。

「007は二度死ぬ」だ。

倭寇の出港基地だったと聞いて、中国の太平洋岸などを荒らし

まわり女性もたくさん誘拐してきたらしいから、その近くで生まれ

育った私は「自分にもいくらかそのDNAがあるのかもなあ」と、

数百年も経った今ではほとんど関係ないけど、昔から思い続け

ている。


野間岬は、その坊岬から北西に向かう。

枕崎・坊津間よりもさらに道は狭くなり、アップダウンも激しい。

途中に奈良時代、遣唐使が唐に渡っていたころ、唐からやってきた

仏僧、鑑真が何度も失敗してもあきらめずについに日本上陸を

果たした「秋目」という集落があり、記念館もある。

その少し前の「久慈」という寒村は、玉川大学創始者の小原 國芳

というお方の生まれ育ったところ。

そのためか、玉川大学の施設が近くにある。

こんな寒村出身(私もそうだ)なのに、すっごい人が出たもんだ・・

と感心せずにはいられない。


秋目を過ぎて、途中ほぼ何もない狭い道を行くと、突き当たった

岬が野間岬。

ここには野間池という海とつながった漁港がある。

今までの多くの岬と違い、断崖などはない。穏やかな岬だ。

ここは「薩摩甘えび」を獲る漁船の母港。

港のそばに、直売している唯一のお店がある。

日本海や北海道などで獲れる甘えびよりも一回り大きく食べ

やすい。

ここで5キロ?だったか買い、宅配便で息子に送ったのは、

もう3年以上も前。


年齢を重ねると、1年1年が過ぎゆくのが本当に早い。



スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。