FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のいなくなった母の日

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


5月14日。少し雲が多いけど、暑くもなく寒くもない日曜日。


今日は母の日。

昨年7月に母が亡くなったから、生まれて初めての母のいない母の日。

97歳まで生きてくれたから、十分感謝すべきなのだけど、喪失感は

自分がそうならないと分からないものだと痛感している。

「なぜそんなに嘆き悲しむのか」と、私よりずっと前に母を亡くした

知人に言われたことがある。

知人の母は自宅療養でかつ在宅介護で疲れ果てていたから、

そう思うのかも知れない。

幸いなのだろうけど、私の母は10年ほど前から鹿児島市内の

充実した設備とスタッフのいる有料介護施設にいたから、子である

私たちが介護の苦労やオヤジ殿が残してくれた軍人恩給遺族給付

などでおカネの心配もしなくてよかった。

たぶんそれが決定的な違いかも知れないけど、そういうものでも

少なくとも私は違った。

生きる頑張るための生きがいのような存在だった。

それほどに子どもの頃から十分大事に育ててくれたし、思春期のころ

ひと様には言えない苦労もかけた。

何しろ東京に出てきた昭和49年から、鹿児島に帰ることは極めて

少なく、1年に1回か2年に1回。

それでも、たまに帰ると本当にうれしそうだった。

父親を同時期に亡くしたから、余計に母への思いは強かった。


施設に入ったあとの母の日は、田舎の知り合いの花屋さんに電話

してカーネーションを届けてもらっていた。

「もう意味さえ分からなくなっているな」と感じた何年か前からは、

施設のお医者さん(マサトという)に「認知症を治すことはできない

けど進行を遅らせることはできる。それは、あなたのように家族が

可能な限り会いに来ることだ」と言われ、かなりの頻度で帰省した。

誰に何と言われようが、私の母であり、何より大事な存在だった。


亡くしたあとに輪をかけるようにいくつもの悲しみが私にいっぺんに

押し寄せてきた。

でも、もういやなことは思い出さない。

黒板の字を消すように、いらだっってきたらラーフルで消す。

消す。

何もなかったんだ、消す。


母の代わりに、今ひとりだけ生きている母の妹にカーネーション

じゃなくとらやの羊羹を送った。

そう、心配してくれるヒトを大事にすればいい。


消して。

消して。



2010年6月20日。母の91歳の誕生日。


90歳の誕生日のおふくろと私です

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。