FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国での国際離婚手続き

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

人気blogランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ








中国の弁護士と提携して、中国で交渉してもらい、ほぼ円満解決



日本人と中国人女性の離婚手続きの場合、双方が日本国内にいる場合であれば、それほど難しい問題ではありません。

しかし、

・日本で結婚していたが、中国人女性が双方の間の幼い子を連れ勝手に中国に連れ去ってしまった。日本に連れ戻したい。



・結婚して子供もいるが、中国人女性は日本にはたまに来るだけで生活の本拠は中国のまま。毎月10万円の養育費を長年送金し続けてきたが、日本人男性は会社の人員整理により解雇され、もはや送金を続けることはできない。



・相当の財産を持つ日本人男性が兄弟などに言われるまま中国人女性と結婚したが、中国人女性は日本に来る意思はなく、ただ毎月20万円送金だけしている状態だ。離婚したい。



・都内のマッサージ屋で働いていた中国人女性の紹介で、中国福建省に住む中国人女性と結婚した。しかし、入管に配偶者ビザの申請を何度行っても許可されない。もう疲れてきたから離婚したい。



以上のような相談が実例としてありました。

ただちに顧客と岡村国際法務事務所で契約を交わし、中国の弁護士資格を持つ弁護士に案件解決を依頼しました。



中国の弁護士が中国人女性と連絡を取り、住所地まで出張して交渉を行い、ほとんどが解決しました。



上記の事案の順番に記載すれば、



・中国人女性と子供は日本に戻るが離婚して日本人男性の住所からそれ程遠くない場所に住むことになった。



・子どもの養育費として今後15年間分150万円ほどを支払い離婚した。



・中国人女性は配偶者としての扶養義務を果たす。したがって速やかに来日した。



・日本人男性が中国に行き、婚姻登記所に中国の弁護士が同行し解決金10万円を日本人男性から中国人女性に渡して離婚手続きした。



このような事案でお困りの方は、速やかに京王八王子駅前徒歩1分の行政書士・社会保険労務士 岡村国際法務事務所にご相談ください。

費用は事案により異なりますが、中国の弁護士の報酬基準が日本よりもかなり低いため、日本国内の手続きとさほど変わりません。

お気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。