スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口減少の日本、大学無償化は?

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

人気blogランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ











3月27日。今日も冷たい雨の朝。




甲子園での早実の試合が11時半開始予定だけど、月曜日しかも




年度末。とても行けない。




薬科大教授どのから電話があった。やはり、「とても無理。春の大




会で近くの球場で」と。







私も今日、一生懸命作成したリニューアルページをアップロード




する予定だ。







25年、なんと四半世紀も経済停滞し子供の貧困などが連日報道




される今の日本。どこに問題があるのか?




私なりに一番気になっている。




今読んでいるのは、東大名誉教授の吉川 洋 先生の「人口と日本




経済(中公新書)」。




「バブル崩壊後、日本の経済と社会は長いトンネルに入った。四半




世紀に及ぶ閉塞感の原因は一つではない。しかし、・・・ネガティブ




な要因として常に挙げられるのが人口減少である。・・・




人口にしても寿命にしても、それに大きな影響を与えるのは




一人当たりの所得である・・・」と。







韓国、中国、東南アジア・・・と、それぞれ完全にハッピーというワケ




ではないにせよ、日本が足踏みをしているこの25年で、どんどん




成長してきた。




アジアで経済繁栄をしているのは日本とその他一部ではなくなった。




日本の場合、この間に労働組合や暖かい地域社会の絆を格差に




よってずったずたにぶった切ってしまった。




勝ち組、負け組などと同じ日本人どうしで争いに明け暮れ、気が




ついてみると、年金は少ない、退職金も減り、公務員ですら将来が




不安で不安でたまらない(実際に何人もから聞きました)。







なぜ、誰がこんな社会にしたのか?




根は深いけど、大学でお金がかかり過ぎる。




医者どころか、弁護士になるにも今はロースクールに何百万円も




払わないと、払えないとなれない。




高校までタダにしておいて、最後の大関門でおカネのあるなしで




人間の一生を決めてしまう。




これを変えたらどうだろう?




仮に今の国立大学授業料等4年間で240万円くらい。




これを30万人(子供全部の3割)無料にしたとする。




約1兆円だ。




国家財政の僅か1%に過ぎない。







できるでしょう?




これで親は大学授業料を1人の子供に何百万円も用意する心配




をしなくてよい。




ハケンやケイヤク社員で、そもそも何百万円どうして預金できる?







やればいいと思う。







2015年12月 母の危篤時に見た鹿児島いせえび荘での夕日








スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。