FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しーちゃんにいっぱいお土産買った

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月20日、水曜日。まだまだ晴れた日の連続。

今のニースは昼間暑くなる日もあるけど、朝晩は大変涼しく微風が

気持ち良い。

私はいつものように朝、猛烈早起きし、お風呂に入り、本日の行動

予定を反復して頭の中に叩き込み、メールへの返事などをする。

朝方、目の前の海岸やんニースヴィレ駅近くまで約30分、ゆっくりと

歩き、昨年1月に来た時お世話になったベストウェスタン・ホテル・

ニューヨークというところで12ユーロなりの簡単な朝食をいただく。

またゆっくりと歩き、この最高級ホテルまで歩く。


3日前の朝は、ベストウェスタンの目の前にあるオープンカフェで東京

から来たという30前後?の若い女性2人組に会った。

「おはよう!お隣り座っていいかい?」と図々しく座り、「お互い日本人

なんだから、せっかくの出会い、大切にせんとなあ」などと話しかけた。

話しているうちに、1人は調布市に住む宮崎県出身の女性だと教えて

くれた。

「オレ鹿児島。お隣っていうか、宮崎の南半分は元薩摩藩。こんなとこ

で会うなんてねえ・・・」などなどとたわいない話をしていた。

あっという間だったけど、「センセイ、なんだかすっごいパワーですね。

その眼、少し怖いくらい。嬉しいです、まさかここで国際弁護士のような

仕事しているお方に会えるなんて」と言われてしまった。


むむむ、そうなんかな?

少しどころか大変やばいじゃあーーん。

心の中で思いながらも、この8年間の自営業として必死で生きてきた

結果が、こうなっているのかもな・・・と少し嬉しくもなった。

「EZEっていう場所、目の前のトラムで終点まで行って、本数少ない

バスで行けば、確かわずか1.5ユーロ≒220円。

タクシーだと100ユーロどころでない。でもいい場所だよ」などと

教えた。


昨日は、ある金融機関担当者たちを私が滞在中のニース最高級の

ホテルに呼びつけた!

話した内容の詳しくは何も書けないけど、フランス式のやり方はこう

なんだ。そう1年前に知った。

だから、わざわざ1泊10万円くらいもするこのホテルのスイートルーム

に6連泊。

効果抜群!だった。と思う。

6連泊もしているし、私が何者か、もうホテルの多くのスタッフが知って

いて、満面の笑みで迎えてくれる。

昨日など、通訳2人に座っていただいての交渉だった。

コーヒーなどを注文したら、あっという間に運んできてくれた。

5名座って交渉事をやっていても、ちっとも狭く感じない部屋。


交渉が終わったあと、女性の通訳さんと昼食に行った。

大慌ててクルマで来ていただいたので、玄関のスタッフに「オカムラ

先生のために来ました」と話しただけで、鍵をさっと預かり、実に

気持ちよくホテルに入れたという。

そのスタッフが、「私たち、オカムラ先生のためなら何でもやります」

とまで話してくれたそうだ。(私は隣にいたけど、フランス語だから

分からない)


食事は日本人シェフが経営しているというミシュランの星をもらって

いるというフランス料理店に行った。

「わさび風味の牛肉のステーキ」などをいただいた。

すっごくおいしかった。

食べ終わったら、そのシェフがわざわざ私たちに挨拶に来られた。

いかがでしたか?と。もっちろんOK!!

多分、まだ35歳から40歳くらい。

自信に満ち溢れ、目が輝いていた。

こういう勇気ある若者が日本中から現れ、停滞し、国民全体が迫り来る

貧しさに大きな不安を抱いている今、日本に本物の新しい維新をやり直

してもらいたい。


しーちゃん、いっぱいのたぶんしーちゃんに良く似合うお洋服や少し立派

なフランス人形など、もう買ったよ!

おかあちゃんにもね。たぶん大喜びするもの。

おとうちゃんには、これからだけど、八王子のじいじはしーちゃんたちが

いっちばん大事。

鹿児島のひいばあちゃんもすっごく大事。

帰るまでもう少し。

楽しみに待っていてねえ!!




中日新聞


スポンサーサイト

昨日の交渉でフランスに来た目的の9割!以上成功した

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

人気blogランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



--------------------------------------------------------------------------------

5月19日、まだまだ晴天は続く。

年間100泊以上もの旅をし、世界中・日本中行きまくっている?

という私なのに、ほとんど傘をさしたことがない!という類まれなる

幸運を持つ晴れ男状態は、まだまだまだまだ健在だ。

お天道様、ありがとう!


ニース滞在も既に5泊が過ぎた。

昨日が、最も重要な相手との交渉の日だった。

このために私はながーーい時間を費やし、書類も外務省認証付きで

いくつも作成し(ほとんどがフランス語の長文)、相手とあったときは

まず何から話そうか?などなどと考え、準備に準備を重ねてきた。つもり。

午前11時という約束の時間だったけど、いきなり午後3時のはず・・

と言われてしまった。

「そらおかしい。確かに11時のはずだ」と私。

通訳が雇い主が誰かを忘れ、「メールは?」と厳しい口調でまるで私の

せいにしようとした。

なんとか、12時にと通訳が収めようとした。

「ダメ!こんな大事な場面で引っ込むようじゃあいかんのだ!

11時だ。きちんと伝えろ!」と私。

12時からはランチタイム。

休みだけは我さきにと取るのがフランス人。

そん程度のことバカな私でも分かり切っている。


結局、相手の女性のミスであることが分かり、担当者を飛び越して

いきなりボスが会ってくれた。

たちまち録音開始。

結果として、「これは国際条約に基づく行為。したがってフランス国内法

よりも上!あなたにおカネをできるだけ早く送る」ということで決着した。

おまけまでついてきた。

「BNPパリバとUFF?これもまとめて私が税務申告します。残高を職権で

全部報告させます」とズバリ!

さらに、ここには書けないけど、ある極めて重要な情報まで教えてくれた。


ほらね?9割以上の大成果でしょう?



しかし、おとといまでの女性の通訳の機転の良さ。

素晴らしかった。



fc2_2014-03-17_12-28-46-995.jpg

昨日の交渉でフランスに来た目的の9割!以上成功した

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月19日、まだまだ晴天は続く。

年間100泊以上もの旅をし、世界中・日本中行きまくっている?

という私なのに、ほとんど傘をさしたことがない!という類まれなる

幸運を持つ晴れ男状態は、まだまだまだまだ健在だ。

お天道様、ありがとう!


ニース滞在も既に5泊が過ぎた。

昨日が、最も重要な相手との交渉の日だった。

このために私はながーーい時間を費やし、書類も外務省認証付きで

いくつも作成し(ほとんどがフランス語の長文)、相手とあったときは

まず何から話そうか?などなどと考え、準備に準備を重ねてきた。つもり。

午前11時という約束の時間だったけど、いきなり午後3時のはず・・

と言われてしまった。

「そらおかしい。確かに11時のはずだ」と私。

通訳が雇い主が誰かを忘れ、「メールは?」と厳しい口調でまるで私の

せいにしようとした。

なんとか、12時にと通訳が収めようとした。

「ダメ!こんな大事な場面で引っ込むようじゃあいかんのだ!

11時だ。きちんと伝えろ!」と私。

12時からはランチタイム。

休みだけは我さきにと取るのがフランス人。

そん程度のことバカな私でも分かり切っている。


結局、相手の女性のミスであることが分かり、担当者を飛び越して

いきなりボスが会ってくれた。

たちまち録音開始。

結果として、「これは国際条約に基づく行為。したがってフランス国内法

よりも上!あなたにおカネをできるだけ早く送る」ということで決着した。

おまけまでついてきた。

「BNPパリバとUFF?これもまとめて私が税務申告します。残高を職権で

全部報告させます」とズバリ!

さらに、ここには書けないけど、ある極めて重要な情報まで教えてくれた。


ほらね?9割以上の大成果でしょう?

あのアホな通訳!

「いや、ここにこう書いてある」などと繰り返し、大事な携帯のプリペイの

やり方すら知らんかった。

そのせいで私がどれだけの時間を使い、昨日は暑かったから汗だらけ。

交渉も私が主役であって、通訳は言っちゃ悪いかも知れないけれど、

「たかが通訳」!

通訳の意見を交渉の場面など、私も相手も求めていない。

「引っ込め!このやろ!」と言われてもやむを得ないはず。


しかし、おとといまでの女性の通訳の機転の良さ。

素晴らしかった。

それに引き換え、「たかが通訳」であることを忘れ、まるで私を使用人

のように扱うドアホ!!

同じ日本のある通訳会社に依頼したのだけど、値段倍も取る方が

これじゃあねえ・・・私はあんなのこれから二度と使わない。




fc2_2014-03-17_12-28-46-995.jpg


今日からフランス人相手に頭脳戦

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月18日、月曜日。ニースで5日目の朝を迎えた。

毎日快晴、かつ乾いた風が気持ちいいくらい。

昨日は、現在映画祭を開催中のカンヌに行き、日本料理店に行き

(ハッキリ言って、こっちで食べる寿司などは日本では寿司とは言え

ないくらいネタが少なく、お米は硬く炊きすぎ、値段だけは猛烈高い。

しばらくの旅行中くらいなら食べない方がましです。Tさん、生意気に

ごめんなさい)、ニース近郊の家族経営のワイナリーなどに行った。


ホテルに帰り着き、法律などの専門のパリから来てくださった通訳の

方と打合せ。

部屋に入り、少し飲んだらたちまち眠くなった。

こっちに来てどころか、この2ケ月余りテレビをほぼ全く見ていない。

そんな余裕がないというか、世間で起きている人間がしでかしたあまり

嬉しくないニュースばかりのテレビなんど見たくない。


いよいよ今日から3日連続でBNPパリバなどとの決戦の日が続く。

今まで準備に準備を重ねてきたつもりだけど、やはり今から既に緊張

状態。しかし、そんなスキなどフランス人には決して見せない。

ポーカーのような心理戦そのものなのだ。


このために私は日本から、ビジネスクラスで最高級ホテルの最高の

部屋に泊まっている。

結果が全て。

これが私の仕事。

お客様たちの期待にできる限り応えるように頑張る。


けんちゃん、しーちゃん。

とうちゃん、じいちゃんはこうやって頑張っているよお!

お土産もっと買えるようにやるから、応援しててねえ!!




fc2_2014-04-09_14-22-22-960.jpg

イタリアのVENTEMIGLIAという町に行った

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月17日、日曜日。例によってまだ5時前。

ニースに来て、もう4日目となった。

この季節は乾季。もう2週間以上も快晴の日が続いているという。

今が気温もさほど高くなく、乾燥していて最高のシーズンだそうだ。

観光客も多い。

ただ、20年くらい前のように、どこに行っても日本人が大勢。

そんな状況はもうフランスにはない。

日本が貧乏になった。それに尽きる。

私がいるこの最高級ホテルにも、多分日本人は私1人。

中国人は大勢います。

嘆かわしい。


世界一レベルの経済大国だった自分の国が目に見えて落ちていく。

この状況を喜ぶ日本人などただの1人もいない。はず。

何が悪かったか?政治が悪かった。これに尽きる。

二世三世だらけで、まるで江戸時代の世襲制度に戻ったかのような

政治家だらけ。

貧乏人の苦労など知らないのだから、元々あたま悪いボンボンや

おじょうちゃまの政治家が考えることなど世界に全く通用しない。

結果、20年以上もの経済低迷。世界の大国の中では今や最低

クラス。


昨日、通訳様のおかげで何度メール送っても返事すら寄こさなかった

BNPパリバとの面会の約束を取り付けた。

これで、なんとかとりあえずの交渉相手と全部予約した。

あとは、その場でどう戦うか。そのとおりです。まさに頭脳戦そのもの。

ない頭を振り絞り、整理して月曜日から連日続く戦いにのぞむ。


昨日の朝も、7時過ぎにはホテルを出て海岸沿いに延々と続く大変

広い歩道を歩き、途中でトラム(市電)沿いの道に入り、約20分かけ

てニース中央駅近くのカフェでわずか7ユーロの朝食をいただいた。

おいしかったけど、ビッグマックの5倍くらいの重さの薄いパン生地に

肉や野菜などなどたっぷり入れて焼き上げたあれは私の胃袋には

とってもムリ。

おしかったよ、ごめんね。と席を立ち、目の前のトラムでホテルに戻ろう

としていた。

隣りの夫婦から確かな日本語が聞こえた。

「ああ、どうも。日本の方ですねえ」とニッコリ。


東海地方にお住いの(牛肉で超有名)ご夫婦で、世界街歩きが大好き

なのだそうだ。

「旧市街に行く」とのことで、私も同じ方向。降りる駅も同じ。

「私は・・・・・というここで最高級のホテルのスイートに6連泊です。」

と話したら、奥様が特に?興味シンシンとなり、そのまま私の部屋に

直行となってしまった。

すっごい!すごおおいい!!と、確かに聞いた。かな?

でもあっけらかんとしている私がさらに向こうは驚きだった。かな?

最後に例の魔法のおカネをお子さんたち3名分、計5枚連番で

差し上げた。あはは。

こうやって、私は次々と新しいお知り合いや友人を作っていく。

だけど、なぜえかオンナには全くモテナイ。


そらそうでしょが!ナンパしたことがない!のだから。

でもね、でもね、息子だってちゃあーーんといる。

ホモではありましぇーん!


9時にパリから来た通訳さんが現れ、EZEという鷹巣村(ここではロシア

人の大勢の団体さんに会った。やはり日本人ゼロ)や、その先

のモナコが真下1,000メートルくらいにきれいに見える絶景ポイント

にも連れていってもらった。

まるで鳥になったか、そういうレベルです。真下!に見える。

そのまま国境を超え(といっても高速道路の料金所を通過しただけ)、

イタリアのVENTEMIGLIAという町に行った。

海沿いだけど、ニースやモナコのように大きなホテルなどない。

素朴な田舎町。素朴な海。


ここの市場が安く、品物もよく、ニースやモナコなどに住む人が買い

物でたっくさん来ていた。

私は、例によってドカンとオトナ買い。

これで喜んだヒトだーーれ?

こんな簡単な質問分からないヒトは、もう先を読まなくて結構。


その後、モナコで例の海岸沿いのお店に向かったけど、お休み。

やむなく、お隣のお店でのんびりモナコの海を眺め、通訳さんと

たわいのない話をして、ながーい時間かけての昼食。

吹いてくる風が本当に気持ち良かった。


帰ろうとタクシー乗り場に向かっていたら、目の前をスタイル抜群、

服装おっしゃれ、靴までカッコいい若い女性とその母親が歩いて

いた。

図々しく前に出て、「ワオ!ビューティフル!」とニッコリしたら、向う

も満面の笑み。

「東京から来られたの?私は日本大好き。一度でいいから行ってみ

たい」と若い彼女。母親も「そうだ、そうだという態度」。

「是非いらしてくださいよ。たぶん、多くの優しさあふれる日本人たち

に会えると思います」と私。


ニッコリ別れた。

あのわずか30秒?モナコ在住(たぶんとってもおカネ持ち)の親子

は近いうちに東京にきっと現れる。はず。

オレ、あと30歳若かったらなあ・・・

やったことなかろうが不得意だろうが、あれほどの美女!

力づくでもものにしていたのになあ・・・・

ざーーんねん。うふふ。



fc2_2015-01-15_17-20-12-857.jpg


世界遺産VENCEやBNPパリバ銀行などに行った

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月16日、朝5時前。ニース2日目の朝。

ホテルが良くて部屋も最高なため、よく寝れる。

旅先で、遊びに来ているワケじゃない。ギリギリの交渉のためにいる。

だから、おカネさえあればやっぱりこういうホテルが一番なのだなあ

と心からそう思う。

今回は、おカネを出してくださっているのは亡くなられたおばあちゃん。

そして、それに同意してくれたお客様(相続人)たち。

結果が既に結構出ているからだけど、感謝している。


ベッドもすごく、縦幅より横幅の方が広い!

1人ものには極めてもったいないけど、これが実に寝心地がいい。


昨日の朝、約束どおりにパリから通訳の方がお見えになり、すぐに

行動予定の確認をし、まず最初にオランジュという携帯電話会社に

行った。

ドコモのスマホを日本でシムロック解除(3,240円でずっと解除の

まま)してあったから、こちらのシムカード入れるだけ。

国内通信用2ギガ12時間通話つき、国外120分かけられるという

要はプリペイド携帯にしてもらった。

これで合計50ユーロ≒6,800円。

こういうの知らないで、ドコモをそのまま使ったら、驚くべき金額を

請求される。された。昨年1月、ドコモ使わなかったのに海外パケット

通信料約3万円を払わされた。ドコモから勝手に送ってくるメール

の通信料だった。おっかしいよね??今でも納得できない。


さて、昨日はそのあと、亡くなられたおばあちゃんが30年も住んで

おられたVENCEという町(ニースからクルマで30分くらい)に行った。

結構広い敷地にある約40㎡の専用庭付の80㎡のアパート。

鍵を1組、昨年私が自ら持ち帰っていた。

私が正当な権限をいただいていることは間違いないから正々堂々と。

室内内装は終わり、庭が少し草が生えた程度。

レモンの木がちょうどのタイミングでいっぱい樹上完熟していた。

大きな見事なレモン。日本に持ち帰り、相続人たちに渡したいけど、

重すぎる。

通訳さんも「うちもいっぱい大きなレモンがなっている」というので、

思い切ってお隣の最近引っ越してきたという老夫婦に全部差し上げ、

「お隣の売却のために日本、東京から来ました。ここには30年も、

異国の地でみんなと仲よく生き抜いた日本人女性がいたのですよ。

もし誰かにあったら、東京から来た代理人が皆様ありがとうござい

ました。先月に亡くなられたけど、皆様たちのお陰さまで幸せだった

と思います、そう言っていたとお伝えくださいね。

売れているのだけど、いまだに入金がないから、そのために来て

います」と。

正当な権限はこの私にあることを宣言したようなものだ。


その後、世界遺産になったVENCEの中世の街並みを見て(昨年は、

3泊?したけど、交渉で疲れ果て、1回も観光していない)、そこで

ランチ。

おいしかった!とりわけコートダジュール名物のロゼワイン。

次にサンポール・ド・ヴァンス。ここも中世のお城跡。有名観光地。


そして、帰る途中にあるBNPパリバ銀行のプライベートバンク(おカネ

持ちしか相手にされない銀行)の担当者に会いに行った。

私から、担当者宛におばあちゃんが亡くなった証明書や遺言書、相続

人からの委任状、相続人のパスポート認証など、全部公証人認証、

外務省のアポスティーユ付きを送ってある。

もう1月以上に何度も!

「いつからいつまで行くから、私の滞在しているこのホテルに来い!

でないと、こっちから行く!必ず返事して」と送っているのに未だに

返事すら来ない。

ここの銀行、どうなってんだ!」と一般窓口でヘタクソ英語で大声で

怒鳴った。後ろに並んでいるフランス人たちが感心し?受付のおば

ちゃまは怯えきっていた。

結果、アポは取れた。


当たり前なんだけど、返事よこさず、いまだに他人のカネを根拠も

なく勝手に預かり続け、客があきらめたら自分たちのものにしようと

企んでいる。

事実です!それもハンパでないお金を!!

昨年7月、BNPパリバはイランと不正な石油取引を行い、アメリカ

政府に89億ドル≒1兆円以上!という罰金を支払っている。


アポは取れたけど、もうノラリクラリは許さない。

たちまち、フランスの弁護士に刑事裁判やってもらう。

フランスではそれやると、民事訴訟も同時にやる。

もうキッチリ確認してある。


負けてたまるか!ドロボー銀行のようなアホに「!!




fc2_2014-06-12_00-50-20-337.jpg

ニース到着。みな軽装なのに割と寒いくらい

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月15日(金)朝4時前。ただし、フランス現地時間。

14日の朝7時25分羽田発のエールフランスで日本を経ち、

時差の関係で同じ日の午後1時ころにパリ到着。

国内線に乗り換え、夕方6時前にニースに着いた。


エールフランスだから、ANAやJALなどと違い、パリで荷物おろして税関

通過し、また荷物検査して預けて・・・・という極めて面倒な手続きがいらず

荷物はそのままニースで受け取った。

やはり、フランスに行き、国内線に乗り換えるならエール・フランスに限る。

ただ思ったのは、たくさんあるビジネスクラスのお客がほぼフランス人で、

日本人は数えるほど・・・日本の国力衰退を目の当たりにしているみたい

で、なんだか悲しい思いだった。


今はニースの海岸にある超一流のホテル、かつ最高ランクの部屋。

眺め最高(地中海が目の前)、部屋も猛烈広い。

かつ調度品もすごく、トイレやお風呂もピッカピカ。

薩摩の田舎者、かつ千代田区役所の下級コッパ役人だった私には、

なんだか極めて分不相応で少し居心地が悪い気がしないでもない。

「そら、最高ですよ!今まで必死で頑張って生きてきて、ここでそれ

なりヒトたちをこのホテルに何人も呼びつける!」そのために、分不

相応かも知れないけどこういうホテルに泊まっている。


今日から仕事開始。

だから、いっぱい寝てきた(飛行機もフルフラットだった)けど、時差

もあり、結局東京にいたころのこの2ケ月余りと同じ、早朝どころか

深夜に起き上がっている。


昨日のニース、コートダジュール空港からホテルまでのタクシーが

ずっと海岸を走ったけど、ほとんどの人が軽装で歩いたり、走ったり。

だから、夕飯のため昨夜ホテルを出るとき軽装で出かけたら意外と

寒いくらい(気温18度くらい?)だった。

夏の欧州は、大変久しぶりだから少し勝手が分からない。

まあ、寒ければセーターでも買えばいい!!


さて、ボチボチ、コツコツお客様たちのために頑張る。

応援メールまでくれてありがとね。

けんちゃん、しーちゃん。

おいら頑張るのだあ!!





fc2_2014-05-12_21-50-59-585.jpg

バングラデシュ人との離婚案件をたった10万円で引受け、何もできなかった弁護士

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月12日、大台風は結局温帯低気圧にまでなり、たいした影響は

少なくとも首都圏にはないようだ。

フランス出発目前で、この2ケ月以上も、毎日真夜中2時3時起き

当たり前という生活を続けてきた。

おそらく脳が異常な興奮状態にあるのだろう。

しかし、決して「気が変」にはなっていません。あしからず。


たまに行く京八駅近くのマッサージ屋さんに行ったら、身体全身どころ

か、頭の皮までゴリゴリだと言われた。

「確かにそうかも知れないね。だけど自営業なのだから、こういう忙しい

ときこそ頑張らないと、またどうせヒマになる。その時を乗り切れないん

だ。もう8年もやっているから、そうなることが良く分かっているんだ」と私。


何日か前に、怪訝となるような電話が私の事務所ご指名でかかってきた。

「バングラデシュ人の夫と離婚したい。相手は北陸に住んで中古車販売

をやっている。永住権も持っているが、私はその永住権取得に利用された

だけなのではないか?どうしたらいいか?」というもの。

「それで、あなたはどうしたいのですか?」と私。

「四谷の40歳くらいの男性の弁護士に着手金10万円で引受けてもらった

のですが、何もやってくれなくて・・・。私はおカネがないから、たくさん払え

ないのです」と彼女。

「ふうーーん。離婚条件はどうなんですか?」と私。

「子供はいません。今後毎月8万円を相手が私に払うと言っています」と

彼女。


「それで?」と私。

「入管に通報して、永住権はく奪してバングラデシュに帰してしまえば?

と四谷の弁護士に言われました」と彼女。

「そらおかしいね。だって、あなた自信が彼を好きで結婚したんでしょ?

きらいになったから永住権はく奪なの?おっかしいよね?」と私。

「はい、言われてみればそのとおりです」と彼女。

「これは、相手方が日本にいるから弁護士の資格がない私にはでき

ません。それやっちゃったら弁護士法違反になる。

警察だって、入管だって、今はまだ夫婦の家庭内の問題。

それに公権力が手を出したりできませんよ。分かるでしょ?

弁護士に払うおカネがないのなら、自分で誠心誠意、今の夫と話し合

って、その毎月8万円をいただいたほうがいいんじゃない?

離婚案件の弁護士費用の相場は今はネットですぐ分かるよ。

ただ離婚するだけで東京の場合は着手金と成功報酬を合わせて80

万円くらい。あなたは年間約100万円の経済的利益を得るから、何年

分か分からないけど、2割くらいは弁護士報酬。すぐ払わないとダメ

みたいだよ」と私。

「はい、分かりました。全くタダなのに、親身になって教えてくださりあり

がとうございました」と彼女。


以上、約30分でした。


四谷の弁護士40歳くらいって誰だろ?

基本のキも分かっていない。

かつ、たった10万円で引受けて・・・この程度・・・。

なんだか、なさけなーくなった。





fc2_2014-05-12_21-50-59-585.jpg

フランス出発直前、大台風情報にビックリ

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月11日、まだ5月だというのに935ヘクトパスカルという大台風が

沖縄・奄美に近づき、さらには東京も直撃か?という今朝のニュース

に少し驚いた。

まさに私が羽田を国際線で出発する予定の時間くらいに東京直撃?

しかし、私は晴れ男。

「まあ、東京に来るのが遅くなるか、少し早めに通過してくれるさあ」と

ワリと気楽に考え、淡々と出発の準備や、他のお客様たちとの対応を

やっていた。


往復プラスフランス国内線すらビジネスクラスだけど、高いけど変更

可能な航空券だ。

但し、出発ができないということになれば話は別。

もういくつもの相手方や通訳、日本から連れていくボディガードまで

事前予約してある。

これらがみーーんな狂ってしまう。


今の天気予報によれば結果はどうやら私の晴れ男の勝ち!

1日以上も前に東京通過のようだ。


まあ、人生なんてね「一難去ってまた一難」。

これが当たり前。

欲張るとロクなことない。

顧客第一!

そう思ってコツコツ信頼積み上げておくよりまっとうな方法はない。


なんたってなあ・・・

霧島神宮で「フランスの仕事うまくいきますように」とお祓いまでした。

神様はときに冷酷かも知れんけど、「正直者が一番!」と、子供の

ころから鹿児島の母親に徹底的に仕込まれた。

かあちゃんにだけはいつまで経っても頭が上がらない。

母親のお陰さま、霧島神宮のお陰さま、お客様たちのお陰さま。

そう思い、本当にホッとしている。




fc2_2015-01-03_14-50-31-838.jpg

立川伊勢丹や新宿落合のカットハウス岬に行った

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月9日、暑くもなく寒くもなくちょうどいいお天気だった。

フランス出発が近いから、ボチボチ、かつテキパキと準備を進めて

いる。

フランスの場合、銀行や証券会社、公証人などと交渉する場合、

事前のアポがなければ会ってくれない。

相手にしてくらないのだ。

だから、パリ在住の法律的な問題にも詳しく、何十年も住んでいる

相当レベルの通訳を日仏文化協会などの公的団体等を通じて依頼

した。

観光ガイドなどの出る幕ではない。

こちらは顧客の大事な財産管理・日本移転のために行く。

普通の庶民が一生かかっても貯められない金額なのだから、そういう

レベルの方にお願いするのは当たり前。

かつボディーガード付だから、おかしなことする人間がいたら、たちまち

日本中大騒ぎの大事件となる。


フランスでそれなりに見られるために必要なのは何よりも身だしなみ。

ぼろい靴やスーツ、シャツ、ネクタイなどを身に着け、安いホテルに泊ま

っていたら、それだけでまさに「足許を見られる」。

だから、コツコツとそれなりの服や靴などを買い貯めてきた。


一番大事なスーツ。

実は、私はある事情があって、今やスーツや普段着、靴、カバンなど

身に着けるものは上から下まで伊勢丹で買ったものばかり。

いろんなブランドが好きだけど、最近のお気に入りはブルックス・

ブラザース。

昨年7月ハワイに行った。

ハワイだから、半袖シャツ12,000円プラス消費税を買った。

成田のホテルで初めて着てみたら、なんだかダボダボだった。

「これじゃあ、せっかくの服も台無し」と思ったから、近くの高島屋の

ブルックス・ブラザーズに行った。

「確かにそうですね。ごめんなさい。1サイズ下のを着てみてください」

と言われ、着てみたらそれがピッタリだった。

既に着ていたけど、「交換料などいりません。申し訳ありませんでした」

と、立川伊勢丹で買ったシャツなのにものすごく気前よく交換してくだ

さった。

以来、私はすっかりブルックス・ブラザーズのファンとなり、他の店舗

も覗くけど、決めるのはブルックス・ブラザーズが多い。

そこで一目惚れのスーツがあった。

異性を見る目と同じで、服は一目惚れが一番。

高かったけど、どうしても欲しかった。

買った。それを名入れなどしてもらい、今日受け取りに立川伊勢丹に

行った。


その後、髪の毛。これも重要だよな・・・

と、もう11年余りも、3週間に1回のペースで欠かさずに通っている

カットハウス岬に行った。

新宿落合の駅から、歩いて5分くらい。

けんちゃんが2~3歳だったころから、もう30年近くも通っている。

そういうパースで行き、1回6,500円だから、互いに欠かせない存在。

何よりご主人も奥様も、大変気さくで正直。

私には、こういうヒトと話すのが一番楽しい。

何考えてるか分からないヒトや、初めてなのに身ぐるみ剥がすような

質問攻めの理髪店になど絶対行きたくない。

何より、私は1人ものだから、個人情報は決して漏らさないけど、言う

だけで何だかスッキリするようなストレス漬けの商売人。

互いにそう(自営業者)だから、話も合う。


こうやって、ボチボチ、キチンキチンとコツコツ準備しています。

ね、けんちゃん。しーちゃん。





fc2_2014-09-09_19-23-12-609.jpg

霧島神宮で神主さんのお祓いを受けた

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月8日、少し暑いくらいの1日だった。

昨夜9時半ころ羽田着のANAで帰って着て、P3駐車場に直行し

愛車の新型スカイライン3500CCハイブリッドに乗り、中央環状

線経由で10時半にはもう自宅に帰り着いた。

かつてP3駐車場は1日4,500円とかべらぼうに高かった。

確か民主党政権の天下り追及?で、一気に1,500円にまで下

がった。

だから一般庶民でも気軽に使えるようになった。


やはり政治には政権交代という選択肢がなければ、自民党の

やりたい放題。

今はかつての社会党のようにかなりに大きな抵抗勢力すらない。

それを続けていたら、この日本は完全に2流国家に成り下がる。

国民は貧乏に戻る。

現実に、今の日本のホテルなどは「安い!」と思われている。

そらそうでしょ?20年以上も物価下がり続けなんだから。

フランスのホテルは高いですよ!

日本の感覚ではいいホテルになど泊まれない。


さて、鹿児島に行って最終日に私がやることはいつもだいたい

決まっている。

まず最初に母親に会い、「東京に戻るよ。また来るから、それまで

元気でね」とひとこと。

以前の母親は、「うん分かった、東京に戻ったらはめちけっ気張れ

(一生懸命働け)よ」と逆に私が叱りつけられていた。

この前、3月に帰ったときは、もう完全に会話が成り立たなくなって

いるせいか、いきなり不機嫌になってしまった。

昨日は少し違った。

「フランスで約2週間頑張って働いてくる。また来るね」と言ったら、

満面の笑みだった。

ああ、分かってくれているんだなあ・・・と私も嬉しかった。


そのあと、鹿児島高専に寄り、近くのとくだラーメンで鹿児島ラー

メンを食べ、霧島神宮(伊勢・出雲に次ぐほどの格がある。旧管幣

大社)に行きお祈りし、霧島ホテル(坂本竜馬とおりょうさんが新婚

旅行で泊まった温泉)の乳青白の湯など5種類くらいの泉種がある

日帰り湯につかり、鹿児島空港に向かう。

どれかが前後することはあっても、いっつもだいたい同じ。

プラスえびの高原くらい。


今回は、最終便(鹿児島午後7時半発)しか取れなかったから、

かなり時間に余裕があった。

霧島神宮で、「5,000円かあ。でも、あ◎みちゃんのこともあっ

たし、何よりフランスの仕事がうまくいきますように、母親がいつ

までも元気でいますように・・・・」と、思い切って神主さんにお祓

いをやってもらった。


ぜーんーぜん、あっちの方がいい。

巫女さんが最初に作法を教えてくれ、太鼓をドンドン叩いて神主

さんが登場。

わざわざ私の住所や名前、事務所名、仕事内容を言い、神様に

お祈りしてくれた。


最後に、大きな「祈祷札」やお守り、長寿箸などなどをドカンと

お土産でくれた。

アレ買ったら、おそらく1万円分!


別にトクしたかったワケじゃないけど、トクしちゃった気分。

もっちろん、それらはほとんどみーーんな息子たちに送った。

当ったり前でしょが!

この60過ぎた命より、若い子孫や家族が大事に決まっとる!!

フランスで恐ろしい目に遭わないように。

日本人でも、あそこで生きていたらおかしくなる(元々おかしく

日本では生きていけないヒトが多いみたいです。

パリから来る日本の超有名大卒ベテラン通訳男性の話です)。




fc2_2014-08-08_12-24-00-164.jpg

貧しければ心まで貧しくなるヒトが多い日本になってしまった

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月7日、鹿児島いせえび荘にいる。どんより曇り模様。

5日、6日は快晴だった。

その2日間、私は田舎で釣りをしていた。

しかし、自営業始めて以来ただの一度も釣りなどする余裕がなかった。

金銭的とかいう問題でなく、「自営業者のクセに、まだまだ半人前のクセに、

そんな時間あれば1人前になる努力せんといつまで経ってもダメ!」そう

自分に厳しく言い聞かせていた、つもり。


今でも半人前かも知れないけど、公務員時代の何倍も税金払えるように

なったのだから、もういいだろう・・・と故郷で大好きだった釣りを再開した。

私は何事もハマってしまうと、とことん追求しなければ気が済まない。

これからまた、東京湾・相模湾・伊豆・外房などなど海釣りに挑戦したい。


5月1日からの7日間、鹿児島だけでなく宮崎・大分・耶馬溪・阿蘇・熊本

などレンタカーで走り回り、いろんな方々と出会った。

かつての(昭和30年代ころまで)日本は、貧しかったけど、「みんなで

会社のために頑張ろう!助け合おう」そんな人情あふれる社会だった。

その後の高度成長で、1億総中流という歴史上まれにみる世界で1位、

2位と言われるほどの豊かな国を築いた。


しかし、1990年ころのバブルでみんなが舞い上がり、都心では1坪の

土地が1億円!という気違いそのものになってしまった。

あの年末、東証平均株価が40,000円間近!という速報を聞いたの

は、神田のある銀行の中だった。

その銀行は今はもうない。


1994年ころバブルは雪崩をうって崩壊し、土地は10分の1、株価は

5分の1にまで下落(今は半分くらい)、巨大銀行、証券会社、不動産

会社、リゾートホテルなどなどがあっという間にバタバタと倒産した。

リストラや公務員一般職にまで成績主義が導入され、かつ窓口業務

などは派遣だらけ。

中にいる職員たちはお隣と話しもせず、助け合わず、「自分を守るだ

けで精一杯」。結果がうつ病患者続出という異常な職場だらけ。

20年以上も公務員を含む日本全体のサラリーマンの給料は下がり

続け、昨年おそらく1人あたりGDPで韓国に追い越された。

中国が日本を追い越し世界第二の経済大国となり、このままいけば

10年、20年後には1人あたりGDPでも日本を追い越す。

出口は全く見えない。


政治が悪い、それを選んだ選挙民が悪い。

それに違いないのだけど、毎年総理大臣がコロコロ変わるようじゃあ

ねえ・・・他の世界の大国どこにある?


結果、日本人はまだいい方かも知れないけれど「他人を思いやる余裕

などない。自分を守るだけで精一杯」。

そんな国に成り下がってしまった。私はそう思う。

地方を回れば、首都圏よりさらにひどい。

鹿児島は、私が子供のころは超貧しかったけど、別府小学校には

1学年200人もの子供たちが溢れかえり活気に満ちていた。

今は1学年、なんと20人~30人だという。

かつ首都圏以上に格差が激しい。

お隣との塀など昔はなかった。

今は、お互い話し合って費用折半すればいいのに、片方が塀を

作れば、もう一方はそれより立派でより高い塀を作る。

それを繰り返す、まさに気違いのような方々も多いそうだ。

なんということをやる!?


それを聞いている私が恥ずかしくてたまらない。

このままじゃ、もう日本はだめ!!!




fc2_2015-02-08_14-54-53-689.jpg


深耶馬溪もみじ屋店主夫婦と3年ぶりに再会した

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月4日、GW中日。昨日今日と晴れ男には珍しい雨。

昨日は、全線開通した(4月)ばかりの東九州自動車道を経由

して、まず大分市に向かった。

延岡・佐伯間が無料という珍しい高速道路だけど、長い距離走る

のにSAやPAがどこにもない!

この2ケ月くらいの猛烈な忙しさで、いつも朝3時くらいまでには

目が覚めてしまうし、かつ疲労が蓄積しているから、どうしても眠く

なる。

ようやくSAでなく道の駅を見つけ、眠眠打破などを飲み、いつもの

ように「息子に送るいいお土産ないかなあ」などとブラついた。


佐伯市の若手職員2人が、「佐伯市知られてない。全線開通を期に

なんとか観光客を呼び込みたい」と、元気いっぱいアピールを始める

直前だった。

佐伯市とは分からなかったけど、会場の地味さ加減ですぐ公務員だ!

と分かった。「あんたら役人だろ?」「そうです」と。

「オレも8年前まで千代田区役所のコッパ役人を30年もやっていた。

開業して8年過ぎた。年収・・・万円くらいだろ?」とずうずうしく聞いた。

ピッタシカンカン!

「地方はこのままじゃ消滅。あんたら頑張れよ!地方交付税でやっと

あんたらも住民も暮らしている。日本自体がこのままじゃ危ないぞ!

あんた、なんのために働いている?」と聞いてみた。

「家族のためです」と。

「そうだ!家族より大事な仕事などない。しかし、あんたら公務員だろ?

税金で生きて、GDPに全く貢献していない。せめて、住民のために

身を粉にして頑張れ!」と、ある魔法のおカネを渡して、また説教して

しまった。あはは。


うなぎの串刺しを屋根付きの椅子で食べていた。

7ケ月だという女の子を連れた、京都北部から来たという家族に会った。

「かわいいお嬢ちゃんだなあ。オレも、実は生きてくれていたら、その子

と同じくらいの2人目の孫いたはずなんだあ。そんなこともあるから、

大事に育ててくれよ!」などなどと。

「どこに帰るんだい?」と聞いたら「都城です」と。

「じゃあ、島津発祥の地。かごんま弁そのもんじゃろが、まっげねどが

(間違いないだろう)」と聞いたら、「はい、そのとおりです」と。

ここでも魔法のおカネを人数分渡し、わざわざクルマの中からとらや

の羊羹持ってきて、「これ都城のお父さん、お母さんにも食わせろ!」

と渡した。あははは。


その後、別府から湯布院間が濃霧のため高速通行止めだったけど、

お約束のもみじ屋さんが紹介してくれた耶馬溪観光ホテルに着いた。

優しいおかみさんは、なんと私と同級生(昭和29年)だった。

ここでも思わずとらやの羊羹出した。

あれ意外と高いのですよ。5個入りで約1,500円なり。

魔法のおカネは、30枚以上も持参していたけど、もみじ屋さんに

あげる分しかなかった。

でもね、大丈夫。この前、都内のある場所で1,000枚連番!

買ってしまったから、しばらく配るに事欠かない。うふふ。


もみじ屋さんちのお嬢様は、いなかった。

1年前にお嫁さんに行ったそうだ。

ここでも大歓迎を受けた。

とにかく楽しかった。

こんなしょうもない私でも、「行っていいですか?]と聞いただけで、

しかも当日に、いっぱいおいしいものや宿まであっという間に手配

してくださっていた。

K君のお陰さまなんだけど、鹿児島・東京以外の第三の故郷ができ

たように嬉しかった。

あそこにも「ふるさと納税」しようかなあ・・・


何より、耶馬溪観光ホテルで、約2ケ月ぶりに私は約8時間熟睡

できた。

久しぶりだった。

これで、またフランスに備えた体調管理ができている、かも。

今の私には睡眠が一番のクスリ。


もみじ屋さん、耶馬溪観光ホテルさま、ありがとうございました。




fc2_2014-08-05_19-26-38-810.jpg

鹿児島の母親「あと1~2年は大丈夫」と施設のお医者さん

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月2日。今日も快晴。晴れ男状態はまだまだ続く。

今は宮崎市内のホテルにいる。

隣県だから、帰省したついでなどで、もうおそらく20回以上?

も来ている。

ここ宮崎県の南半分は、旧薩摩藩。都城が島津発祥の地だ。

したがって、鹿児島弁が今でもそのまま通じる。

昨年夏、静岡東部に住んでいるMさんというお方と、外国に

いる日本人男性に頼まれ、離婚届にサインをもらいに行った。

「私も気になっていたんです。そんなに迷惑をかけているなんて。

すぐサインします。中国での離婚判決、私もセンセイと一緒にN

市役所に行って自分で提出します」と、あっという間に片付いた。


「あんた、こんなとこ(薄情)いてもちっとも楽しくないだろが!

早く小林に帰れ。あんたのお父さん・お母さん、あんたの心配

ばかりで夜も眠れないはずだよ!鹿児島空港までの帰りの飛行

機代くらいオレが出す。だからせめて・・万円貯めろ!

そうでないと親にあわす顔がねえだろが!」と港近くのたっかい

けどおいしいお寿司屋さん(F)で大説教した。

「そのとおりです。センセイ。まるで神様が現れたみたい」とお寿司

をいっぱい(あはは、これもオレ持ち。「ずうずうしいからそのくらい

にしとけ!」と1万円くらいで済ませた。


このご縁で、私は小林市役所にふるさと納税5万円なりをMさんの

代わりに払った。

すぐに、なんと宮崎牛2万円分がもらえることになり、そのまま息子

の家に送ってもらった。あはは。バカ親父そのもの。


今朝、いつものように母親の顔を見に行った。

やはりニッコリしてくれる。

施設の方々が、「私たちに対する顔と全く違います。息子さんだと

分かるのですね」と大変驚いていた。

施設の常勤のお医者様がいらした。

下の名前は、私と同じ「正人」。

聞いてみた。「センセイ、私は14日から2週間ほどフランスに出張

するんです。その間に亡くなるようなことないですよね?」と。

温和な正人先生は、「大丈夫。まだ1~2年でも大丈夫」だと。


すっごく嬉しかった。

したがって、たった1人がつまらないけど、今は宮崎市内のホテル。

明日は湯布院の近く、耶馬溪のホテル。

K君と一緒に3年?4年?前に行った、元浅草橋で飲み屋を経営

していて、高齢の父親を看るために耶馬溪に戻り、もみじ屋という

飲食店を経営している家族に会いに行く。

その次は熊本市内のホテル。

5日は鹿児島市内、そして6日はまた田舎のいせえび荘。


「1~2年でも大丈夫」というセンセイの1言を聞けるなんて!

これで心置きなくフランスで仕事ができる。

嬉しくてうれしくてたまらない。




甲子園 縮小

鹿児島いせえび荘にいる

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



5月1日。昔ならメーデー。今あのデモ行進やってんだろか?

国鉄民営化などで労組を叩き潰した。結果が今のあり様。

首相自らが経団連に「賃上げ要請」。何やってんの?

こんな国に誰がした?

結果日本はアジアの堂堂ダントツトップから、今やシンガポール

の1人当たりGDPの半分にも満たないOECD最低クラスの貧乏

国家に成り下がった。

さらに下、かつての移民で南米などに出稼ぎせざるを得ない国

になってしまうかも知れない。

南米でなくて中国に移民ではないかと、私は実は本当に恐れて

いる。


さて、今私は鹿児島いせえび荘にいる。

近くの高齢者介護施設にいる母親がもうすぐ96歳。

3月に遺漏の手術をした。

「食べる」という楽しみを失った母親の悲しみが痛いほど分かる

つもり。

それでも、私の顔を見た途端に満面の笑みを私に与えてくれる。

だから、GWをはさんだ7日間の贅沢な日程で鹿児島に帰ってきた。

ヒマではありません。


昨日など、午前10時、11時とある大事な大事な仕事。

そして午後2時ころ東京入管横浜支局。

あそこは大変辺鄙な場所にあるから、普段はすごくすいている。

しかし、昨日は結局呼ばれるまで3時間もかかった。

お客様(米軍関係の家族3人)に「あそこはすいている」と言った

私がバカだった。


しかし、うち1人は永住権取れるかどうかという瀬戸際、もう1人は

普通の行政書士や入管専門を名乗る弁護士すら、おそらくほとんど

やったことのないケース。

そういうことをお客様たちご自身が分かってくれていたから、待つ

時間で私は英会話の練習の真似事?をしていた。

あはは。

実は、たぶん、もうかなりのレベル。

8年も実務として法律案件やってんです!

あるフランスの案件で、都内の「入管専門弁護士」が、私からみたら

きちんと証明しさえすれば極めて簡単なのに、「これは難しい。取れ

ないかも知れない。だから着手金100万円プラス消費税。成功報酬

200万円! 取れないかもしれませんよ」と平気で言い放ったという。

その弁護士事務所出たお二人は、逆に不安で不安でたまらなかった

そうだ。カネ・カネ・カネ!そんな弁護士、絶対信用しないでください。

これだけは、どんな業種でも世界中でも共通です!!

お客様ご自身が私に話してくれた。

「センセイは、『これは・・・とやっていけば間違いない』と言い切って

くださった。「あの時の安心感は今でも忘れません。かつそのおかしな

弁護士の値段より10分の1より少し高いだけの報酬。実際にたった

3週間でOKだった」と。


昨日の米軍関係の方々にも「おそらく3週間後にはハッピーなハガキ

が私の事務所に届きます」と言い切った。

それくらいでないとね。

プロとしてお客様からそれなりの報酬もらえるワケがない!




fc2_2014-11-04_20-53-16-905.jpg

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。