スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千代田区役所最後の職場で支えてくれたTさんに関真鯛を届けた

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月31日。私は、あのまま千代田区役所に勤め続けていたら、

今日が定年退職の日だ。

幸か不幸か、いまだに部長を平然とやっている冷血漢そのもの

のT(八王子に近い大きな駅の名前)に徹底的にやっつけられ、

52歳でやむにやまれず自主勧奨退職した。

公務員だったから身分保障があった。

それを、「何が何でも辞めさせてやる」と、Tにやっつけられた。

自分の息子自殺の情報を「犯人捜し」するような超超悪党だ。

あんな人間がいつまでも居座っていることを私は絶対許さない。

あいつだけは何が何でも絶対許さない。

だって、被害者は私1人ではない。

あの冷血人間にやっつけられ退職に追い込まれたのは私1人

ではない。

早く自主退職しろ!

あいつ。

そう思っている人間が千代田区役所にはヤマほどいる。


あいつに、私が区役所最後の職場であった千代田保健所で、

トップであった女性所長に言われた。

「Tさんに「オカムラさんを1年だけでいいから預かって欲しいと

言われた。

なんで??と思ったけど、あまりに強い口調だったからやむなく。

ごめんなさいね。むかーし、ずいぶんあなたにはお世話になった

のにねえ・・・」と。


その最後の職場で、私はまさに針の筵に座らされている状態だった。

なんと、「仕事がなかった」のだ。

ただおらせて、本人が根を上げるのを待つ。

極めて露骨な「追い出し作戦」だった。

その前の職場=税金取立係長で、23区万年最下位だったのを、この

私がたった1年で、いきなりトップに押し上げた。

それも、Tにとっては「ただの目障りな存在。オレは自分より頭いいやつ

大嫌い。絶対こらしめてやる!」と、おそらくそれくらいにしか考えて

いなかった。


だっから、1人息子に自殺されたんだろ?

ある千代田区役所の部長たち何人かと話した。

Tほど評判悪い同僚部長はいない。

みんなTの話になると黙る。

「Tさんが笑っている顔、オレ一度も見たことない!」

そうハッキリ、他の部長に今日も聞いた。


その私の最後の職場、千代田保健所5階の職場で心から優し

かった。当時やっつけられてはいても、1人の人間として扱って

くれたのはT(同じTでも大違い。女性のT)さん、たった1人だった。

H課長なんか、まるで「獲物を狙う蛇のような目」で私を見ていた。


おそらく本人たちはそうは思っていない。

「自殺した方がラクかな・・・」とまで追い詰められていた人間は、

廻りの人間のちょっとした言動などに恐ろしいほど敏感だ。


今日は、もし私があのまま役所に居座っていたら定年退職日。

自営業になって8年が過ぎた。

公務員のころの何倍もの税金を払えるようになった。

定年はない。


T(改めて、八王子に近い大きな駅名のTとは別人)さんのお陰さまだ。

そう思うから、今日で再雇用も辞めるというTさんに、八王子総合

卸売市場のお知り合いの社長に分けていただいた、関アジ・関サバ

どころではない!

1キロサイズの「関真鯛」を退職祝いで持っていきました!


「私、おさかな大好き。うれしい」と言ってくれた。

「息子が近くに住んでいるから。ついでに事前連絡して、たまに行って

いいかい?」と聞き、OKもらった。


実は、Tさんの携帯番号も住所も知らなかった。

今日しかなかった。

Tさん、ありがとう。

今度、ニースあたりでバッタリ会ったら嬉しいね。

そうも話した。


もうすぐ、私はホントにフランスに行きます!




佐賀関漁協水揚げの「関真鯛」です。




スポンサーサイト

久しぶりに中央大学校歌を斉唱した

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月30日、気温が上がり絶好のお花見日和。

まず仕事・・・と朝早くから事務所に出かけ、メールをチェックし、

少し面倒な案件から先に片づけていった。

私は、小学校のころから面倒な案件を先に済ますというクセが

身についている。

但し、試験は別。あれは、簡単なもの先に済まし、難問を後に

しないと時間切れアウトになってしまう。


ある案件で日本語・英語でそれぞれ2種類、合計4部作成した案

をお客様からの報告を基に直していった。

基本的な部分は最初の私が作成した原案でOKだったから、少し

の訂正で済んだ。

すぐにお客様にそれらをメールで送った。


次に、関西のあるお役所に改正原(ハラと読む)戸籍謄本の郵送

請求書に委任状や私の資格・住所証明、750円の郵便小為替、

返信用封筒を入れ、送る準備。

小為替は有効期限があり、いつまでも持っておくと期限切れ。

だから、足りない分は相模原市役所緑区役所に行く途中にある

あの郵便局で買うと決めていた。


次にNPO国際結婚協会に来たメールの件で事務局長と電話で

打ち合わせ。


次に4月1日に正規雇用となるある大卒従業員たちの雇用保険・

健康保険の加入手続き準備。

そして、4月1日からある介護事業者の資格保持者の変更手続き

の準備。


終わってすぐに、相模原市緑区役所に出かけた。

住民票や税証明書などをもらいに行った。

もう何度も行っているのに、やたら時間がかかり、そのうえ税証明

の担当者に無理難題を言われた。

「私は、まさにこの窓口でもう何度も同じ方法で証明書をもらった。

途中で口出ししてきたあの女性のせいだろう!あの女性は誰だ!

録音を開始する!悪いことしてるんじゃない。正々堂々と請求して

いる。そもそも職務上請求(これやると簡単。委任状も見せんでいい)

やれば簡単、しかし私の信念で職務上請求は原則やらない!」

などなどまくしたてた。


私自身、元公務員だから証明書のことなどほとんど知り尽くしている、

つもり。

別のおそらく上司だと思われる女性が出てきた。

すんなり出してくれた。


これで12時半くらい。


どうしよ・・・終わっちゃった。

花見にでも行こう・・・と八王子の冨士森公園に行った。

開業して以来、たぶん8年連続で行っている。

北門から続くソメイヨシノの木が背丈20メートル?くらいにも

なり、あまり見栄えがしないことに気が付いた。

「ここ、けんちゃんが生まれる直前にあの腹のでかいかあtyんと

来た時に写真撮った場所だよな。あの時は、せいぜい高さ10m。

ちょうどいいお花見サイズだった・・・

30年も過ぎたからか・・・」と初めて気が付いた。


少し小高い場所に登るとサクラがよく見える。

そこで、お茶飲みながら花見していたら、すぐ近くの冨士森球場で

野球の試合やっているのが分かった。

早実応援バカだったから、なぜか血が騒ぐ。

「今年の春の早実の試合は神宮第二がほとんどで、3回戦(4月

12日)だけが八王子。どこの試合だろ」と外から覗いてみた。

スコアボードに「中央大・日本大」とあった、まだ4回で0体0.


「中大高校と日大のどこの高校だろ」と怪訝に思いながら中に

入ってみた。

当然中大応援席に座った。

なんだか高校野球の雰囲気ではない。

目の前の応援団員に「これって大学だよね?」と聞いたら、そうだと。

東都準硬式野球連盟の試合で、何らかの決勝戦のようだった。

7回表、中大校歌をみんなで歌うという。

私も立った。

「草の緑に風薫る 丘にまばゆき白門を 親い集える 若人が

・・・・」と、いまだに2番まで暗唱している校歌を歌った。

ブラバンがいたから、歌いやすい。


何十年ぶりだったろう?

中大校歌を歌う機会はほとんどない。


私が卒業したのは、多摩移転前。昭和54年、1979年。

校歌の歌詞にある「丘」は神田駿河台のだ。

入学後、石油ショックで多摩校舎建設代金が一気に2倍に膨らみ、

当初は1~2年のみ多摩の予定だったけど、「駿河台の校舎を

360億円で売らざるを得なくなった・・・。法学部教授会は反対した

けど、他の学部のアホどもが決めてしまった」と、私が柔道の先生

(法学部教授)に直に聞いた。(確か1年から2年になる前、すごく

寒く雨が降っていた。御茶ノ水から大学『ニコライ堂の真下』に向か

う途中での立ち話。しかし、間違いありません)。


多摩に移転した中大は、志願者の激減などで司法試験合格者など

あっという間に、早稲田などに抜かれてしまった。

それまでは中東戦争(中大と東大)で、500名の最終合格者の5割

以上は中大か東大だった。

早稲田・京都が50名前後、慶応はせいぜい20~30。

そういう時代もあった。

当然、中大法入学者の多くは早稲田蹴っ飛ばして入っていた。


ただ、私がこの仕事始めてもう8年。

「中大の先輩だから・・・娘が中大法だから・・・センセイは中央の

法科なんですよね・・・・」などなど、今までの売上のおそらく3割

以上はそういうもの。

中大に私は頭が上がらない。

だから、最近ようやくだけど中央大学学員会(OB会)から来る寄付

金もちゃんと払っています。


後輩たち、頑張れ!

なんだかんだと言ってね、「後輩だ先輩だ・・・」って、世間はそういう

ものに弱い。

中大の場合、司法界で圧倒的存在、都庁や区役所などもそう。

「先輩・後輩がものを言う」。

就職も、おそらくかなりいい。


ただし、それだけじゃない。

人生一生勉強です。できる限り多くのヒトとのコミュニケーションを

上手にやること!




日米地位協定での在留資格から普通の滞在ビザへの変更

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月28日、晴天で気温20度くらい。

一気にサクラの開花が進みそうだ。

先ほど、八王子駅前放射線通りを歩いていたら、ドンキの前に

ある紫色のモクレンが満開になっていた。


先週飛騨高山から帰って以降、また一気に忙しくなった。

在日米軍基地に勤務している方の妻が事情があって、普通の

日本滞在資格を得たいというもの。

もう一つは、外国人との離婚。


日米安保条約による日米地位協定により、基地関係の軍人・

軍属やその家族は、日本の入管が発行するビザを必要としない。

退役などの事情により、そのまま日本に住むことを希望する場合

入管に在留資格取得申請しなければならない。

私が開業して、入管申請取次行政書士となってもう7年余り。

横田基地(空軍)、座間基地(陸軍)、横須賀基地(海軍)などの

関係者から依頼され、もういくつも行ってきた。


ほとんどの方が日本語ができない。

かつ、入管に出す書類の多くが英語。

それらを日本語に訳し、「これでおそらく十分」どころか、私の

場合十二分とも思える書類を揃えて申請している。

結論(全部許可)出るのが早い。たった2週間ちょいというもの

もあった。

その結果、その方の紹介とかでまたお客様が来る、こともある。


外国人との離婚も、相手方の国によりそれぞれやり方が違う。

日本ほど結婚・離婚が簡単な国は世界中でも珍しい。

紙切れ一枚!に等しい。

それが、結果としてあとでややっこしいことに逆になっていく。

そのような例も見てきた。


日本人同士ですら、今は離婚が大変多い。

概ね3組に1人。これが全国平均だ。

国際結婚の場合、正確なデータを知らないけど、日本人同士

より、おそらくはるかに離婚率は高い。

どんな地位にあるヒトであろうが、お金持ちであろうが、そうで

ない場合であろうが、1人のオトコとオンナ。

元々他人。

育った環境も違えば、信念、宗教、生活習慣などみな違う。

結果、我慢できなくなって離婚する。


おカネがない。

これが、私が見てきた中で一番悲惨だ。

専門家に相談しようにもおカネがないのだから、まるで蟻地獄

のような状態になる例も見てきた。

私は、もう7年くらいNPO国際結婚教会の専門相談員や役員

を無報酬で続けてきた。

悲惨な相談に国際電話代金こっち持ちでかけたことも数限り

ない。

当然報酬ももらえない。

海外の方々から、相談に乗り、おカネをもらったことはハッキリ

言ってただの1度もない。

分かっているけど、かける。

それでいいだろ・・・と私は意外にサッパリしている、つもり。

幸い、LINEのお陰さまで国際電話代金が驚くほど安くなった。


このスタイルでこのままやり続けていく。


中日新聞



上諏訪温泉、KKR諏訪湖の目の前、「うな藤」のウナギの肝焼き。

800円。


松本城が見えるそば屋「蕎麦処 やまとう 」の辛味大根そば

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月26日午前3時半過ぎ、まだ少し寒い。

また、こんな早い時間から起き上がって仕事始めるようになった。

昨日のNHKテレビニュースで、たまたま中央大学卒業式が放映

された。東北の復興の歌「花は咲く?」をみんなで歌っていた。

今年の卒業生は、4年前の入学時が震災直後だったから入学式

中止だったのだそうだ。

自粛・自粛と「何も入学式まで中止することなかろうに」と、当時の

そういう判断をした大学の上層部に1卒業生として文句のひとつ

も言いたくなる。

入学式は「けじめ」であって、頑張った結果、涙をこらえて中大で

4年頑張ろ・・・などなど、いろんな新入生の決意を示す場と違う?

震災で中止?入学生に何の罪があるというのだ。

そういう右へ並い!みたいな日本人特異の発想が悲惨な戦争に

突き進んだのだろ?!


いずれにしても、卒業した後輩たちはまだ若い。

将来への果てしなく限りない夢を追いかけ実現して欲しい。

できれば結果日本を元気に豊かにするという社会貢献・奉仕の

精神を心の片すみにいつも置いて欲しい。


さて、先日の日曜日、松本城に行き、久しぶりに天守閣てっぺん

まで登った。

最初に来たのは、確か大学3年の夏休みだったかなあ?

松本城はほぼてっぺんまで登れる。使われている木材は約

400年前のものそのもの。実に趣がある。

階段の真ん中付近がすごく狭い。日曜だったからすごい行列。

私の後ろにいたのはニュージーランドから来たという40歳?

くらいの女性と、その10歳の娘、8歳の弟だった。

ご主人はいなかった。仕事なのかな??

「いいね、こんな子供のうちから日本に来れるなんて。君たち

幸せだよ」と私が話したら、その子供たちはすごく喜び、ずっと

私のあとをついてきた。

母親ももちろん大喜び。

別れ際、母親に魔法のおカネ旧百円札ピン札連番を2枚(これ

しか持っていなかった)「連番だから子供たちに。あなたには、

この旧五百円札。裏はほらマウント富士」と差し上げた。

母親は、「日本のいい思い出になる」と、ほろっと涙流していた。


お城のそばで、松本と言えば蕎麦!

と、少し探したら2時くらいなのに行列しているお店があった。

「蕎麦処 やまとう」という、市営駐車場のすぐそばのお店。

天ぷらそばにしよか?辛味大根そばにしよか?

迷ったけど辛味大根そばにした。

すっごく辛い大根がついていた。

それが実にうまかった。



蕎麦処 やまとう です。







安房トンネル抜けてすぐ平湯温泉「ひらゆの森」の乳青色温泉

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月25日。また真冬並みの寒気がやってきた。

開花宣言したばかりのサクラも、本格的見頃は月末か4月初め?

3月25日は、36年前(1979年)の私の中央大学卒業式の日。

もう36年も経ったのかあと妙に感慨深い。

神田駿河台の講堂であった卒業式は、中央大学一部(昼間部)の

最後の神田での卒業式。

鹿児島にいる母親に私から飛行機代などを送り来てもらった。

父が入学直前に死んだから、一部法学部を私は夏休み・春休み

羽田空港でバイトしたり、学費は日本育英会の特別奨学金(半額

返還すればいい)で払い何とか4年で卒業した。

卒業式には是非とも母親を呼びたかった。

卒業式後、母親と熱海温泉と箱根湯本温泉にも行った。


当時は二部(夜間部)もあり、彼らの卒業式は1年遅れで駿河台

だった。

夜間部なのに、なぜか親許から仕送りを受けていわゆる勤労学生

でない甘えん坊の夜間法学部生が多かった(学力レベルが全く

違った。天地の差。それでいて、「中央の法」に違わわないから、

なんだかズルしているという雰囲気だった)。

昼間部のホントに一部しかいないほどの超貧乏苦学生だった私は

なんだかそういうズルしているような雰囲気の夜間部生が大嫌い

だった。


さて、飛騨高山から帰って来る際に、安房トンネルの前の平湯温泉

に行きたくなった。

スキー場の駐車場の案内の優しいオジサンに聞いたら、「すぐそこ

の『ひらゆの森』という日帰り温泉がいいですよ」と。

ホントにすぐそこにあり、駐車場も大変広かった。

施設も立派。室内大浴場のお湯は乳青色で硫黄の匂いがした。

まるで鹿児島霧島の霧島ホテルのお湯にそっくり。

すごくトクした気分。

露天風呂は乳青色の他、透明な湯など湯船が5~6か所もあった。

入浴料なんと500円。

何度も通過したのに一度も入らなかったのが残念だ。

おすすめです。



上諏訪温泉、KKR諏訪湖前のウナギの名店「うな藤」発見

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月23日、昨日まで暖かかったけど、今日のお昼過ぎから

急に寒くなった。

OCNの3月でのインターネット・サービス打ち切りの連絡を昨年

12月に受け、この際だからとキムさんに依頼して、ホームページ

をPC用、スマホ用と分けたため、一時的ないくつかの不具合が

生じ、この2月ほど急に新規のお客様からのご依頼が極端に少な

くなっていた。

ようやく効果が現れ始め、それなりにご依頼が来るようになった。

WEBでの営業、それも今はスマホ用がいかに重要か痛感している。

私のPC用は、7年半くらい前にキムさんがADOBEという素人では

とっても使いこなせないソフトを使い作った。

あのページ数で業者に依頼すれば当時なら数千万円。

だからキムさんを雇い、自前で作った。

スマホ版も、業者ならおそらくすっごく高い。

キムさんとの変わらない信頼関係のお陰さまだ。


飛騨高山から日曜日に帰ってくるとすごい大渋滞に巻き込

まれる。そう分かっていたから、昨夜はKKR(国家公務員共済

組合)諏訪湖というホテルに泊まり、朝早く八王子に帰ってきた。

じゃらんで探した。1泊2食付で7,000円とあったけど、夕食は

1ポンド(453.6グラム)もあるステーキ付きだという。

それでは太ってしまう!

1泊朝食付き5,000円にした。


夕食は・・・と探し、なんとKKR諏訪湖の目の前にうなぎ屋さんが

あり、すごく有名な会社の紹介でネットに出ていた。

だから、そこに行くと決めた。

うなぎ屋さんは、シラス(ウナギの子)の大不漁が長年続き、かつ

ては庶民のたまの贅沢。その程度(確か15年くらい前で、神田

駅前の名店『きくかわ』でも、大きなうなぎが2匹、かつ折りたたん

で入っている並でも1,800円くらいだった。

今は、うなぎ2匹も入っておれば5,000円くらい?

だから、もう神田きくかわに何年も行っていない。

ランチに5,000円も払うのはね・・・


KKR諏訪湖の目の前にあった「うな藤」は、以下の写真の私が

いただいた上(うなぎ3枚)で3,500円。

うなぎ2枚の中なら2,500円。

うなぎ3枚の特上なら4,500円。

絶品だった。

きも吸いとお新香はどれにも付く。

もっと良かったのは、ウナギの肝焼き。800円。

結構でかいのが7~8本出てきた。


精がつく。

「またここに来よう」と仕事の励みにもなる。

おすすめです。



飛騨高山に10回ぶり?くらいにいる

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月21日。今日から春休み。

飛騨高山にいる。

フランス行きの決定的な返事がなかなか来ない。

家に帰ってもおひとり様。

ハッキリ言って寂しい。

だから開業以来8年、趣味と言えるほどのものがなく、なん

だかこうやっていっつも旅行ばっかしてたよなあ・・・と思う。


気晴らしには最高。

ただし、カネがかかる。

そんなことも、家で1人でグジグジ考えているよりずっとまし。

立派な精神健康療法なんだ・・と勝手に思っている。

そんなかんだで、数えてないけど年間100泊前後も外泊。


何が幸せか?何が立派な財産形成方法か?

そんなことは私には分からない。

ただし、それなりの達人たちの本を読んだり、そういうことは

欠かさない。

おカネが回り、かついつの間にか資産が形成されている。

とにもかくにも当座の資金繰りだけは絶対しくじらない。

それで十分だろ?

と勝手に思っている。


この仕事始める前に、「もしお客様ゼロなら?」という最悪の

シナリオも当然考えた。

しかし、役所を退職したときの退職金、自宅以外の担保になる

不動産・・・そんなことは当然のように考えていた。


退職金は手取り約2,700万円にのぼったけど、初期投資で

ほとんどが1~2年であっという間に消えた。

それでも足りなかった。銀行に開業資金を借りた。

500万円、年利2%、確か5年返済。

しかし、借金だけは今までの人生で不払いを起こしたことがない。

当然返した。

本業のお客様が、初期投資のお陰さまで徐々にだけどついて

くださった。


そこからは実力勝負。

もともと、公務員だから商売の才能も実力もなかった。

しかし、今でも生き残っている。

この前の確定申告で、私の人生最高の所得の申告をし、

ちゃんと払った。


そうやってんだから、遊びまわって(旅行しまくって)いると

他人には思えるかも知れないけど、私は知らない土地や

食べ物など食べ歩く。そんなことが大好き。

収支はちゃんと合っている。


うつ病になって、自営業のくせに何もしない。

これが最悪だ。

そうならんためのオクスリ。

今の私は、そうハッキリ思っている。

ただし、「いいホテルにいかに安く泊まるか」など、たいしたこと

ない人間なりの工夫は、たぶん人一倍やっている。


今日越えた、周りの道路が雪の壁のような安房峠です。







圏央道が八王子から茅ケ崎までつながった

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月20日、もうすぐ桜が開花するようだ。

在日米軍のある基地に勤めていた方の関係者から、日米地位

協定に基づくビザ(ではない。ノービザ)から、普通のビザに変え

たい。また永住資格の延長(在留カードの更新)も・人分お願い

したいと電話があった。

もう3~4年前に初仕事をやらせていただいた方だから、いきなり

私の携帯に電話が来る。


横田・座間・横須賀と在日米軍の司令部機能はみな東京近辺に

ある。

したがって、そこを退職、その他の理由で基地内に入ったり、

いろんな仕事してきたなあ・・・と思う。

思えば、治外法権の基地内に入るのに、日本人は厳しい検問

を受ける。私は、そのために市役所発行の住民基本台帳カード

を絶えず持ち歩いている。

あれがあれば、日本人の証明として基地内に入れる。


さて、昨日の昼間、たまたま厚木周辺にでかけることになり、

お昼時がきたから、開通したばかりの圏央道、厚木・寒川間を通

り、茅ケ崎の「あさまる」に昼食をいただきに行った。

今まで、下道で八王子から平塚や茅ケ崎まで行くと、2時間くらい

当たり前にかかった。

なんと、わずか40分ほどに短縮された。

もう息子は平塚に住んではいないから、「もう少し早く開通してくれ

ていればなあ」と少しうらめしい。


開通したての首都高中央環状線もこの前、鹿児島に行ったときに

往復した。都心を通る必要がなくなったから、ものすごく便利だった。


平塚の隣、茅ケ崎に網元直営の超人気料理店「あさまる」がある。

私も、息子もおさかな大好きだから、息子が平塚にいたたった2~

3年で何度も何度も通った。

何より、朝獲れたての魚だから新鮮。かつ網元直営だから安い。

昨日は、午後2時前の到着だったけど、まだ外にいっぱいお客様

が並んでいた。

駐車場のクルマのナンバーも東京などだらけ。


以下は、お刺身定食1,700円プラス金目鯛の1本もの煮つけ

(小さかったので1,480円)です。

おすすめです。



40年前に亡くなった父の法要?を高幡不動尊でやった

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月18日。父の満40年の命日だ。

鹿児島にある墓参りは12日に行った。

8年前までずっと公務員だったから、父の命日であろうと、3月

末ってのは役所は忙しい。何もしなかった。

申し訳ありません、オヤジ殿。


今日、満40年。さあてどうしようかあ・・・と思っていた。

八王子近辺には初詣で有名な場所が2ケ所ある。

高幡不動尊と高尾山だ。

どちらも神社ではなくお寺さんだ。

もう17年前か、けんちゃんが早実小学校を受験するとき、離婚

寸前別居中だった私は、息子を正月1日の朝一(真夜中)に呼び

出し高幡不動尊に合格祈願のお参りに行った。


息子は、「祈合格 早稲田大学系属早稲田実業学校中等部  

立教大学付属中学  法政大学付属第二?中学校」と、極めて

丁寧な字で書いた。

全部合格し、早実に行った。

昨年1月、初詣ついでに私はフランス行きが決まっていたから、

大事な大事な書類(フランス語)を賽銭箱に起き、高幡不動尊

にあるいくつもの賽銭箱に55円(五重にご縁がありますように)

を投げ込み続け、祈り続けた。

願いは叶った。


そう、高幡不動尊は私には大変縁起がいい。


だから高幡不動尊に行った。

いくつも賽銭箱にカネ投げ込むだけ、と思っていたけど、

ちょうど午後3時少し前、「これから3時の護摩(祈祷)を不動尊

でやります」という放送が入った。

近くにいる中大の約20年後輩の税理士事務所に行く予定で

既に電話もしていた。

しかし、「今日はオヤジの40年目の命日。明日は鹿児島の母の

遺漏の手術。おそらく4月初め、フランス行きの大事な仕事。

絶対出る!」と決めて入った。


2時55分くらいに始まり、延々とお経が5人?のお坊さんで行われ

3時35分くらいに終わった。

私は、めずらしくずっと正座。

途中で、「皆様、本尊さんにお祈りいただいてください」とお坊さん

から話があり、立った。

正座できないはずなのに、全くしびれなどなかった。

天国からオヤジや兄貴がオレにカツ入れたんかな??

と不思議だった。


3つの仏像それぞれに私は魔法のおカネ(旧100

円札、500円札、1000円札。ピン札の連番!)を惜しげも

なく差し出した。

40分、ずっとスマホで録音もした。

「これ、墓参りとか使えるよなあ・・」と。


お蔭さまで、東京で初めて、父や兄の法要をお寺さんでやる

ことができた。

当然、欲張りにも「母親がいつまでも。けんちゃんや奥さん、

し・・・ちゃんが、私の仕事もとりあえずフランス、他に多くの

お客さまに恵まれますように。何より、他人とのもめごとが起き

ないように・・・・」と、40分もあったから祈り続けた。


オヤジや兄貴に届いたかな?

たぶんムリ。

でも、東京にいてもこうやれば供養できるやんか。

それを60にもなって初めて知った。




121116_1029~010001

日産のベア11,000円(定期昇給込)に拍手

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月18日、おやじ殿の満40年目の命日。

墓は東京にはないから、どうしようかと迷う。結局何もしない。

そんな親不孝を40年も続けてきた。

バカな息子だと悲しくなる。


昨日の夕刊に、日産自動車がベア5,000円で妥結したとあった。

定期昇給込みで月額11,000円だという。

あのトヨタが4,000円だから、それより高い。

私は昔からニッサン派。

トヨタは「カンバン方式」とか、ひたすら小金を貯めこみ労働者を

酷使し儲け一筋?というイメージが若い頃から染みついている。

だから私は一度もトヨタのクルマを買ったことがない。

ハッキリ言って、大嫌いだ。

人間カネが全てではない。

但し、カネがないのは話にならん。非常識なこと平気でやる

とんでもない恥知らずになる。


15年くらい前、ニッサンがトヨタにはるかに先に行かれそうな

時期があった。

それでも私は心の底で「ニッサン頑張れ!」と思い、そのクルマ

を買った。


今乗っているのも新型スカイライン。3500CC、ハイブリッド。

速い!見た目も私の目では世界のどのクルマよりかっこいい!

これで十分だと思っている。


この20年、日本が世界でたった1人負け続け、給料は下がり

続け、今や先進国最下位の貧乏国家が間近に迫ってきた。

このままでは先進国ではなく、その下になる。

かつての娘を身売りしたり、ブラジルなどに移民する。

そんな国に戻る寸前かも知れない。

そう!サラリーマンの給料を20年も下げ続けたからだ。

方や中国はこの20年以上、毎年10~15%の賃上げ。

あっという間に足元に迫ってきた。


給料上がらない。

そもそも非正規だから一生年収200万から300万。

それで、どんな夢を描けと言うんだ?

年収200万で500万、1,000万のクルマ買えるワケなかろ?

家なんて夢のまた夢。

そもそも、ずっと賃貸では一生資産なんか貯まらない。

公営住宅暮らしをずっと続けるのは最低最悪だ、とよく考えれば

そう思う。

結果、大格差社会の最底辺に沈み、自分1人ならともかく孫子

にまでその悪影響を続ける。


無理しなくていいから若いうちから資産形成に励め!

少なくとも賃貸より持ち家。

公営住宅は福祉住宅なんだとしっかり意識しろ、できれば早く

家を買うなり、せめて借りて公営を出ろ!

それが格差社会で生き残る一番の対策。だと私は思う。


久しぶりの大幅賃上げ。

それがニッサンだった。

ニッサン大好きな私はとってもうれしい。




fc2_2015-02-08_20-46-09-347.jpg

明日、亡父の死から満40年

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月17日。快晴、気温は20度近い。

東京にも本格的な春がやってきた。

この冬、モッコウ薔薇を全部バッサリ切ったから、久しぶりに自宅

玄関までの階段に鉢植えをズラリと並べた。

男やもめの1人暮らし。花くらいないと帰ったときがなお侘しい。


帰化申請の仕事などをやっている。

私の事務所の報酬は決して安いとは言えない、かも知れない。

しかし、この数年、入管申請や外国での離婚・相続案件、その他

いわゆる失敗(顧客の目的を果たせなかった)ことがない。

着手金のご入金確認後、すぐにお客様にメールで必要書類一覧、

委任状などなどを送った。

お客様からすぐに電話があった。

「こんなにたくさん証明書や書式が多いのですか?」と。


そうです。

だから安請け合いや価格競争などいたしません。


さて、明日が昭和50年3月18日に亡くなった父の命日。

あの日、私は大学合格していたけど、生活費ねん出のため

川崎の工事現場でドカチンのアルバイトをやっていた。

なんと、お寺の建物の貯水槽だか下水槽だかを埋めるため

の穴掘り。

まるで親父の墓掘りやっていたんだなあ・・・とシンミリした思い

になる。

5メートル?はあろうかという深い穴の下でスコップで穴掘りを

やっていた。

確か慶応大学法学部入学予定の男性も一緒だった。

「いいな、中央の法科」と確か言われた。

そう。昔はそうだった。

穴の上から「オカムラさーん、鹿児島のおやじさん危篤だって

よお。家まで送っていくから早く」と社長さんに言われ、社長

さんの高級なクルマで武蔵新城のボロアパートまで送って

いただいた。


飛行機で兄・姉・私の3人、ほとんど無言で鹿児島に帰り着いた。

父はもう亡くなっていた。

葬儀は開聞岳が見える海岸で、多くの村人が集まってのものだった。

火葬場で涙が止まらなかった。

18歳で陸軍に志願兵として行き、旧満州の関東軍で二等兵から

大尉まで上り詰めたものの、敗戦で妻子4人をいっぺんに失った。

本人は3年間シベリア送り。

やっと帰国しても、「シベリア帰りはアカだ」と嫌われ、それでも

再婚し私たち4人の子を作り、横浜の五洋建設で正規社員として

単身赴任し、必死で仕送りを続けた。

その横浜で脳血栓で倒れたのだった。


この前鹿児島に帰ったばかり。

本来なら明日、だったのかなあ・・・などと思っている。

親父、兄貴はいないけど他の3人は皆元気。

ありがとう。




fc2_2015-02-05_16-08-29-251.jpg

鹿児島でもいっぱい走っていたレクサス。格差社会だ!

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月15日、昨夜遅く2泊3日の鹿児島旅行から帰ってきた。

3日間ともずっと穏やかで風もない、春を一足先に味わった。

そんな3日間だった。


もうすぐ手術をする母親に会いに行ったのだけど、小中中学校

の同級生たち、私を含めて5名で長い宴会をやったり、すごく

楽しかった。

鹿児島の田舎も、私がいた40年以上前とはすっかり様変わり。

道路や施設など、かつては見たこともなかった風景がいっぱい

だった。


しかし、やはり東京と比べてしまうとね。

この40年で、やっぱり地方消滅という現実に近い風景をいっぱい

見ることになった。

何より、まず子供をあまり見かけない。

今日、帰ってくる前に、いつものように鹿児島高専に行った。

ここでは、今は春休みのせいか高専生はほぼおらず、広いグランド

(1周400m?)の脇には、芝生のラグビーやサッカーの専用

グランドまである。

そこで、おそらく近所?の子供たちのサッカーの試合をやっていた。

たぶん、一般開放しているのだろう。

それがいい。

ここだけはいっぱい子供たちがいた。

とくだラーメンにも行った。

なぜか、今までの価格よりもおそらく100円、200円安となっていた。

それだけ不景気ということなんだろう。


毎日母親に30分くらい会いに行った。

だから、結構(全部で500キロ?くらい)走った。

今まで気づいていたのは、「なんでこんなに軽自動車が多い?」と

いうことだった。

今回、少し意識していたら異常にレクサスがかなり走っていること

に気が付いた。

新型スカイラインは全く見なかった。

トヨタが頑張っただけかも知れない。

しかし、多くのレクサスが走り、中にはベンツのハイブリッドまで

鹿児島ナンバーのを見た。


格差社会なんだなああ・・・と思わずにいられなかった。

自分のことは自分で頑張る。当たり前だ。

しかし、親から十分な教育を受けた子と、そうでない子の違い。

親からそれなりの遺産を受け継いだヒトとそうでないヒトとの

大違い。

回復困難なくらいにまで来ているのかもなあ・・・

とこんな私でも思わざるを得なかった。


クルマで移動中は「城山スズメ」という、もう何十年も前から

やっている南日本放送のラジオを聞いていた。

男性アナウンサーは鹿児島弁、女性は標準語という不思議な

番組だ。

この掛け合いが、鹿児島弁ネイティブの私にはとっても面白い。

その番組でも、「格差が身近に忍び寄っている」という話をいくつ

も聞いた。


子供を育てるのは親の責任。

しかし、そもそも親のいない子だっている。

高校までは公立なら無料だけど、大学に入るときビックリするよう

な入学金や毎年の授業料が必要だ。

子供には、何も責任も罪もない。

高等教育を無料に!

日本も、私が若かったころ(大学受験時)は、少なくとも国立大学

であれば、月額授業料1,000円!とかタダ同然だった。


日本をもう一度元気にするとういうのなら、どんな貧乏な家庭に

育っても、勉強頑張れば医者や弁護士、公務員、新聞記者、

世界を飛び回る商社マンなど何にでなれる。

それしかないんじゃないか??

と私は思った。



鹿児島、国分の黒豚トンカツ「豚豚拍子」の特上黒豚トンカツ

定食です。1,300円。



昨日の朝一で鹿児島に帰ってきた

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月13日、鹿児島にいる。

今日は、まるで初夏のようなポカポカ天気で風もなく暑いく

らいだった。


昨日の朝、突然思い立ち羽田空港に行き鹿児島行きの

飛行機に乗った。

八王子を出たのは朝6時少し前、気温は1度。

中央高速で新宿に向かっているとき、ちょうど午前6時に

朝日が上がった。西から東に向かうからまぶしいのなんの。

新宿から開通したばかりの首都高中央環状線で渋谷、五反田、

大井経由でわずか40分ほどで羽田空港に着いた。


日当山温泉の日帰り湯「花の湯」に入ったあと、国分市の「豚豚

拍子」というトンカツ屋さんで黒豚とんかつ定食をいただいた。

すごく分厚いかつで、1,300円。かなり安い。

そのまま母親のいる鹿児島市喜入町の介護施設にいる母に会い

に行った。

まもなく手術ということで、フランス出発がいつになるか分からない

状態だけど、今なら!と思い行ったのだ。

いつもの食堂兼談話室にいた母親は、私の顔を見た瞬間ニッコリ。

みんなと一緒に生け花をやっていた。

1人1台。

今朝会いに行ったら、やはりみんなと筆ペンを持ち、墨で習字を

やっていた。

母の隣にいたおばあちゃんは、なんと109歳!

現在、鹿児島県でNO.2の長寿だという。

昨年そのおばあちゃんは、なんと高齢者の習字全国大会のよう

なところでグランプリを取ったのだそうだ。

施設が習字、生け花、プロを雇い90歳以上当たり前という場所

でプロの講師を毎日のように?雇い、教えてくれている。

それでいて利用料は有料介護施設にしては驚くほど安い。

あんな施設にいる母親は、おそらく大変幸福な人生末期だと思う。

施設に感謝、施設に入れてくれた弟に感謝感謝だ。


昨夜は小中学校の同級生たちと合計4名で長い時間飲んだ。

長いこと船員をやっていた同級生がリタイア後田舎に帰り、船を

買い、漁協に入り漁師になっていた。

そのカレが釣った真鯛の生き締めをいただいた。

コリコリ、かつ甘く最高の味だった。


今日は、そのうち3人と合計4名で魚釣りをした。

釣果はなかったけど、約5時間のーんびりとやっていた。

楽しかった。


明日、また東京に戻る。

昨日鹿児島に着いてすぐ契約成立した仕事などが待っている。

しかし、田舎がある。

東京には息子や孫がいる。


つまらんことで悩むでない。

十分幸せなほうじゃんか!

そう改めて思い知った。



釣りをやりながら写した開聞岳です。



3月11日、あの日

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月11日、大震災からちょうど4年。

確か午後2時42分ころだった。

ものすごい横揺れが3~4分続き、あとになるほど強くなって

いった。

幸い事務所は、本棚の本が何冊か落ち、食器棚のコップが

1個割れた程度。

午後4時か4時半に歯医者さんの予約があったけど、まず

自宅が心配になった。自宅周辺では、多くの方々が外に出て

不安げにしていた。

テレビをつけた。

船とクルマが一緒に流されている映像や、宮城県のがれきが

田畑に押し寄せる映像などが映っていた。

2階や家の外回りを点検し、異常なし。

すぐさま歯医者さんに向かった。


電車が全部止まったため、「あのあと来られたのはオカムラ

先生だけです(クルマだったから)」と。

「いや、あんまりひどい映像が出ていますすよ。とにかく予約

してあるからやってきました」と私は話した。


あの時の総理大臣は管直人さん。

想像を絶する震災で、原発も大変だったことは分かったけど、

津波に襲われた方々の救出、救援だって一刻を争っていた。

私は、あの時は原発・原発と津波が後回しにされたような気が

今でもしている。


あのころ、三太郎さんと話していた。

「小沢干してしまうから、こんなことになっている。地元だから

気が気でないだろうに・・・」などとも話した。

普通なら一生に一度もないだろう大惨事。

できることなら見たくなかった。


地球の歴史から見れば1年や10年なんて、ほんの一瞬。

日本列島がユーラシア大陸から分離したのは5,000万年

前から500万年前くらいらしい(ウィキペディア)。

その間にいったいどれほどの大地震が列島で起きたことか。

「日本海側は、九州は安心」なんてこと、長い歴史で見れば

おそらくあり得ない。

願わくは、この10年、100年で起きないように・・

「もし起きてもこのくらいまでなら」という想定内の地震対策

しかおそらくできない。

それくらいしか人間にはできないのだろう。




JR八王子北口の托鉢しているお坊さん。

先ほど、しばらくぶりに会いました。


八王子北口 お坊さん

大震災からまる4年

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月9日、桜の開花まであと半月か3週間(ネットの各予想

3月25日~31日)。

やはりこの季節になると少しわくわくする。

卒業式、入学式、入社式など。

私は、あのまま区役所にいたら3月31日で定年。

実は、私が入ったころ役所に定年はなかった。

そのため80歳近い正規職員もいた。

少し調べたら、昭和59年に施行と出ている。

ただし、多くの方々が50歳後半から60くらいで辞めていた。


さて、4年前の3月11日の大震災の日まであと2日。

あの日、クルマで朝早くから中国大使館領事部に出かけて

いた私は、親友と毎日新聞本社ビル地下のニュートーキョー

でお昼を一緒に食べた。

終わって、北の丸公園の駐車場にいたときお客様の社長から

電話がきた。30分くらいも話したあと、八王子に向け帰った。

高井戸付近で高速道路上になんと台車が転がっていた。

110番で警察に知らせ、八王子に帰り着いたら2時30分ころ。

たちまち、あの猛烈な揺れに襲われた。

そう、私もあと30分、あのまま電話を続けていたら帰宅難民

となっていた。


その後の大混乱、想像を絶するテレビの津波の映像、そして

福島原発事故。

突然肉親を、中には目の前で亡くした方々の悲嘆は計り知れ

ない。

東京にいる私たちも何事もなかったわけではなかった。

計画停電が始まり、八王子は5~6回(1回4時間くらい)も

停電になった。

最初の時は、夜の6時から10時まで。大変寒かったけど、

石油ファンヒーターすら電気がないと動かない。

そのまま寝るほかなかった。

昼間の停電のときは、事務所のエレベーターが使えず非常

階段を上り下り。

お客様が来ても、パソコンもプリンターも電話も使えない。

一気に落ち込む売上に、「この先どうなるのだろう」と漠然と

しながらも不安でたまらない思いだった。

事実、震災倒産した事務所やお店をいくつも見た。


近いうちに「焼肉の会」をやります、とある大新聞記者さん

からお誘いをいただいた。

たまにTDLの広報営業関係者が来るけど、「うちもあの時

は何か月も営業再開できず、売上ゼロだった。」と聞いた。

私のようなチンケな事務所ですら大変なのに、固定費が

たくさんかかる大きな事業所が何か月も売上ゼロ、大変

なんてもんじゃなかっただろう。


それでも、TDLだって、このチンケな事務所の私だって、

どっこい元気で生きている。

被災地の方々に思いを寄せ、しかるべき寄付や特別税を

払うのは当たり前だと私も思う。

でも、東京だって多くのヒトが影響を受け、耐えがたきを耐え

頑張って生きている。




韓国 巨済島の北側捕虜収容所記念館

中小企業経営者の悩みを従業員はほとんど知らない

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月6日、金曜日。

フランスから英文のメールが届いていた。

ほとんどがフランス語で来るけど、英語に自信のあるヒト?は

英語でメールをくれる。

フランスとイギリスは近いのだから、互いの言葉くらいある程度は

分かるのでは?しかも、義務教育のころから英語を習っている。

当たり前にできるだろ?と考えるのは、まさに浅はかというもの。

日本人で隣国の韓国語分かる人、いったい何人いる?

という世界だ。


昨年フランスに行ったときの通訳さんが言っていた。

「日本と同じよ!義務教育から英語習っているけど、ほとんどのヒト

が話せないでしょ?」と。

そう、大学まで出たヒトだって、日本でもフランスでも同じだ。

なぜなら日常生活で英語を全く必要としない、からだ。


フランスの住宅管理組合総会に昨年出席した私は、総会終了後すぐ

に議長席に行き、「・・・の代理人として東京から来ました。短い挨拶

していいですか?」と簡単な英語で聞いた。

そこにいた議長や理事たちは一発で理解したようで、「どうぞ」と言って

くださった。

フランス語の通訳の日本人女性を横に、私は日本語ですでに頭の中

に用意していた挨拶をにっこにこしながらサササーッとやった。

日本式に頭も深々と下げた。

区切りごとに通訳してくれるけど、皆さん大喝采だった。


それでいいのだ、と勝手に私は思う。

長い挨拶不要!

大事なことだけ、誠意を込めて伝えればそれでいい。

結果は、終わったあとのシャンパンパーティーですぐ出た。

皆さん参加(総会も。日本のマンション管理組合総会などもこうあって

欲しい。他人任せ。いっつも文句だけ、自分で責任取ろうとしない)で、

「あなたは日本から、あの・・・様のために来た。すごいヒトだ。是非

名刺をください」と、まさに拙い?英語でたっくさんのヒトが寄ってきた。

「・・・大好きだったのよ。どうしているかしらねえ・・・。私は親友だった

のよ。私が手書きするから、ぜひ・・に見せて欲しい」というおばあちゃ

んもいた、(この方は英語できないから、近くの方が通訳してくれた。

時間の関係でパーティーでは通訳さんはもういなかった)。


さて、ある介護事業新設に関わってもう半年余り。

許可は2月1日に都庁からおりた。

介護保険を使うから、許可申請の段階からとにかく細かい、当たり前。

いざ始まった。

客商売だし、収入(介護保険料収入)は2ケ月後からだから、黒字

軌道に乗るまで1年以上かかるのは当たり前。

その間の莫大な初期投資や人件費などの負担をするのは誰か?

当然ながら、事業主だ。

もし黒字軌道に乗らなかったら?廃業あるいは倒産する。

従業員は?

残念ながら、「ただ給料だけちゃんともらっていればいい。賞与が

もらえればなおいい」くらいで、事業を黒字にするかどうかという

基本のキを知らないヒトが多い。圧倒的に。


中には、アルバイトのくせに?「こんな仕事、儲かるワケない。」

などなど、自分の安全だけしっかり確保して、経営者にずけずけ言う

信じられないヒトまでいる。


サラリーマンの考えている世界の広さと経営者の考えているそれ、

全く違うのだよ!

儲かる?ってどのいくらい?

サラリーマンなら、おそらく「1,000万円年収もらえば上出来。(そんな

中小企業の社員はほぼゼロ)」程度。

経営者のそれは、一桁どころか、何桁も違う。


但し、もし経営に失敗した場合(これが多い。特に飲食業など)、スッカ

ラカンになる危険をしょっている。


それを承知でやってんだろ?と言われればそれまでだけど、リスクの

ない商売などあり得ない。

それでボロ儲けできるのなら、この世はみんな大金持ちだらけ。

そんなことあり得ないでしょう?

従業員に、経営者(特に中小)の経営者の苦悩がいかばかりか?

ぜひ知ってもらいたい。








フランス行きの準備

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月4日、昨日ひな祭りだった。

初孫(オンナの子)が2歳半、できれば雛壇を買ってあげたかった。

しかし、今の時期は昨年の所得税、消費税、そのうち来るであろう

個人事業税、確実に来る住民税(6月)と、申告した額に応じた所得税

以外の税金が押し寄せてくる。

サラリーマンは源泉徴収。こんな余計な心配いらない。

ある意味うらやましい。


自営業者は、突然収入増えても翌年にドカンと税金が来る。

払わなかったら、おそろしいことになる。

元区役所税金取り立て係長だった私は痛いほど知っている。

だから、雛壇変えなかった・・・情けない。

これが田舎者。あはは。


さて、フランスに近いうちに行くことがほぼ決まった。

いつからいつまでか?相手があることなので、それが決まらないと往復

の飛行機など予約できない。

不動産の売却手続き完了、銀行預金受け取りなどが主な仕事だけど、

いかんせん日本とは何から何まで違う。

例えば不動産なら、日本では全国の不動産が法務局のコンピューター

に全部入力されており、それで持ち主は誰、抵当権などのこともみんな

書かれてある。

何よりも売買の際は権利証を渡さねばならない。

それが、何から何まで全く違う。

日本では、売り買いが成立したら引き渡しはあっという間。

そしてたちまち代金全額を渡す(もらう)。

それも、なんと2ケ月以上かかる。もう過ぎた。


銀行も、権限あるヒトが現れたら、即日、それでなくても翌日には全額

払われる。

それが、私が交渉し始めてもう2年近く。

BNPパリバという銀行は、もう9割以上を払ったけど、どのような明細

なのかいまだに一切示されない。おカネだけお客様の口座にいきなり。

UFFという証券会社は、いまだに7割余りしか払わない。これも明細なし。

いきなりおカネだけお客様の口座に入ってきただけ。


フランスでは「銀行は泥棒」ということわざが昔からあるのだそうだ。

銀行員といえば、優秀な大学を卒業したそれなりの人間がいっぱいいる。

これだけは日本もフランスも変わらない、らしい。


上記したようなこと、日本の銀行員は少なくとも信じられないだろう。

しかし、私とお客様が直面している現実だ。


通訳さんが言っていた。

「日本人は、このフランスにいると多くのヒトが胃潰瘍とかになります。

一事が万事こうなんですから。日本人にはたまりません」と。


最後の仕上げ!

そう思うから、万事抜かりのないように(と日本人は思う。でも、9割も

うまくいけば上出来かな?)そのくらいに今の私は思っている。





fc2_2014-03-10_15-05-00-227.jpg

スマホ版、事務所WEBサイトをアップ始めた

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月2日、ポカポカと暖かく日差しが強い。春はもうすぐ。

最近、フランスの経済学者トマ・ピケティの書籍を立て続けに

買い、読んでいる。

少し難解なところもあるけど、マルクスの資本論などよりずっと

ずっと読みやすい。

何より、誰も反論できないデータを示して、自分の分析や考察を

書いているから極めて明快だ。


さらに、今のフランス大統領オランド氏や、前のサルコジ氏、EC

首脳やIMFやOECDなどの幹部たちを罵倒と言ってもいいくらい

こきおろして書いている。

言論の自由、民主主義とは何か?

歴史的にフランス人が作り出したものだからか、なんだか胸の

つかえがスッキリするほど気持ちいい。

日本のメディアの記者たちも、このくらいの勢いで書いてくれれば

なあ・・・と本気で思う。

特にあのNHK!


さて、私が開業して8年近く。最初はひたすらHPを作っていた。

そのために、専門の技術者まで雇っていた。

そのためか、なんとか潰れずに今まできた。


2~3年前から、何かが変わってきていることに気が付いていた。

スマホの大普及だ。

大きなホテル、旅行サイトなどなど、今や当たり前にスマホ版

を作っている。

パソコン版では、字が小さすぎる。

指で拡大して見てくれるヒトが少なくなっている。


そこで、元従業員で韓国人のキムさんに委託して、コツコツやって

もらっていた。

先ほどキムさんからメールが来た。

アップ(ネット上に公開)を始めました、と。


私の事務所のWEBサイトは、すごく情報量が多い。

その中で、今まで仕事として多かったものを中心にやってもらっ

ている。


広告でお客様が来るような商売ではないけど、スマホ対応くらい

はしておかんと先々危うい。

そう思ってキムさんにお願いしている。




fc2_2014-07-02_04-36-06-649.jpg

インプラント治療、土台のチタンがきれいに入った

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



3月1日、日曜日。

フランスの案件が、最後の詰めにきている、と思う。

仕事というのは、最後まで顧客の思い通りか、満足してもらえる

結果で終わらせてやっと完了。

当たり前だと私は思うから、基本的にこれまで依頼された仕事で

もう何年もいわゆる失敗したことはない。

ただし、世の中にはいろんなヒトがいて、相談の段階で悪態をつく

ヒトがいたり、こちらが一生懸命やっていても、よそに相談に行き、

一方的に契約を解除したり、自分勝手に判断して不合理な内容に

同意してしまったり。


ヒトの心を相手にしている仕事だから、やむを得ないのかも。

ただ、「仕事」と割り切れず、相手の身になって一生懸命先回り

していろんなことを心配してしまう。

それが私の生まれついた、あるいは父や母に育てられた一生

抜けない性格だ。それでいいだろ?と、もう60歳にもなったけど

心からそう思う。


昨年7月くらいから治療を始めた、右下大臼歯の再建インプラント

手術で、今日ついに土台のチタンが入った。

私が8年前に仕事を始めたときの最初のお客様の1人である、京王線

北野駅前のO歯科医院で、実際の手術は東京医科歯科大学の先生が

やってくださる。

O先生、奥様、妹さん、医科歯科の先生、4人の歯医者様が、こんな私

のために、長い時間をかけて(手術はあっという間)治療してくださって

いる。


3ケ月くらいたったら、ついにセラミックの大臼歯が入る。

成功すれば一生もの。ありがたい。


手術しながら、医科歯科大の先生が「オカムラ先生の顎は、普通の女性

の2倍くらいの大きさです」と話され、歯の中に殺菌の泡が入っている

私は言葉が出せないけど、ゲラゲラ笑ってしまった。あはは。

私は、人差し指で「頭の中は空っぽなのにねえ」と。

歯医者さんたち4人もみな笑っていた。


終わったあと、他の歯の状態なども丁寧に説明していただいた。

「私は100歳まで生きる気はないけど、80くらいまでは普通に

生きたい。先生たちと相談しながら、それまで保つようにお願い

します。私は、O先生たちを全面的に信用しています」と。


だから、フランスの案件など含めて私は今までどおり一生懸命

働く!




SH380079.jpg

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。