スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラサール卒の弟の息子が医大に合格した

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月27日。なんだか2月って、たった2~3日短いだけなのにすごく

早い。気がする。

昨日、朝から事務所にお客様が遠く北陸からお見えになったけど、

一緒についてきた男性が、全く男らしくなく相談時間のおカネばかり

気にしているせっこい男だった。

本人には現状全く関係なく、また何の権利もないのに、さらに自分で

おカネ出すワケでもないのに、「こっちは要点だけ聞きたいのだ!

雑談不要!要点だけ話せ!カネ払っているんだぞ!(お前が払って

いるワケでないだろ??)、ネットで調べて、だいたいのことは自分が

知っているし、英語の契約書や合意書だってオレが作る!」

と、まさに喧嘩腰。


「アポスティーユとか、あなた知らないでしょ?私は順を追って説明して

います。まだ30分しか経ってないのに、こんなとこ帰ろ!とまでホントの

お客様に話して帰ろうとする。私は誠実に、事例を示しながら丁寧に話

していますよ。時間相談料だけ払って帰る。

あなたはそう言うけど、彼女は聞きたがっていますよ!あなたは1時間の

相談料ケチりたいだけでしょ!」とまで話したけど、無駄だった。

該当者本人女性の涙顔を確かに見た。

私は彼女の味方になりたかった。

あのオトコ、・・・・


あんな男につかまった女性も悪い。かもな。

しかも、現在既婚者。離婚しなければ、そのおかしな男とは結婚できん。


そのあと、ある日本人男性と女性の離婚相談もきた。


月額20万程度の手取りしかないのに、17万円もの養育費等を請求され

かつ、それを公証役場で強制執行認諾付公正証書で作れと妻に言われ、

そのまま行くつもりだという。

「あんた、それで自分の人生どうなる?何のために働き、生きていく?

そもそも生きていけんじゃないか!そんな公正証書作らせた事務所は

どこのどいつだ!東京家庭裁判所の養育費の算定表がここにあるよ。

あなたの場合、せいぜい月5万~7万。どんなに優秀な弁護士つけよう

が、これ以上の判決なんてあり得ないのだよ!そんな公証人も悪い!

絶対行くな!」と話した。

それでも、結果「子供のために」と妻に言われ、10万払うハンコを公証

役場で押してしまった・・・と聞いた。

嘆かわしい!

自分さえよければいい。そんな日本社会になってしまっている。

いくら離婚したとはいえ、元夫。しかも3人もの子供の親。

それに「早く死んでしまえ!」というような公正証書だろ??

事実、その男性の兄は同じようなことで、もう6年くらい前にこの世

を去った。


こんなこと、私はたまたま外国の仕事が多かったから、8年間くらい

見聞きすることはなかった。

たとえあったとしても、「あんた!自分さえよければいいのか!別れた

旦那はあなたには憎いかも知れんけど、あんたの子供の父親である

ことは未来永劫変わらないのだよ!芸能人じゃああるまいし。

常識わきまえろ!」そう、たとえ養育費を取る側にだって一生懸命説得

し続けてきた。


そんなかんだで、昨日はもうぐったぐた。

そういうとき、私は家に帰っても1人だから、よく東急ハーヴェスト山中湖

に行く。行った。

大自然を見ながら温泉につかり、この大自然に比べればオレなんかただの

石ころ。いちいち悩むんでない!

そう自分に言い聞かせるためだ。


私のたった1人しかいない弟に2人の息子がいる。

その2人目の息子(ラサール出て、昨年国立医学部落ちた)が、

ある有名な医大に合格したとう知らせを弟から受けた。


ものすごおくうれしかった。

たった1人の医者の、まだまだひよこのそのまたひよこ。

しかし、岡村家から医師が生まれる。

その子が1人前の医者になったとき、私はおそらくもうこの世にいない。


でもうれしい。





fc2_2014-08-08_12-24-00-164.jpg
スポンサーサイト

開業7年半で書いたブログ、250万文字

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月24日、まだ暖かい。このまま春が来ればいいけど、

そうはいかない。

フランスやオーストラリアと電話連絡などを行いながら、珍しく

(でもない。私の場合、極めて波が激しい。「水商売」どころか、

「水も出さない商売」と思っている。お茶くらい出すけど、仕入ゼロ)

立て続けに来られるお客様を今も待っている。


こうやって開業以来書き続けたブログが2,560記事に達している。

1回の記事がだいたい1,000文字から2,000文字くらい。

平均1,500として実に250万文字にものぼる。

「暇なやつだな」と思われる方はどうぞご自由に。

記事のうち、後で読み直し「書きすぎたかな?反発結構あるだろな?」

みたいな記事は削除したり非公開にしている。だから、実際は3,000

記事くらい書いてしまった、かも知れない。

また、「これは炎上しそう」みたいな記事は決して書かないように気を

つけている。

差別を肯定、助長するようなもの、宗教に関するもの、特定個人を攻撃

するようなものなどだ。

ただし、公人である政治家や公務員に対してはあまり気にしない。

権力を批判する。それこそが言論の自由そのものだろと思うからだ。


思えば、本当にいろんなことがあった。

こうやってブログを書き続けたお陰様で、自分で1年前はどうだった

か?2年前、3年前、そして開業当時は??と思い出すことができる。

仕事の関係の記事は、意外や意外、結構お客様として来てくれる

ことも少なくなかった。

結構役に立った。もしか書かなかったらとうの昔に潰れていた、かも。


この仕事を続ける限り書き続けようと思っている。

私のブログを書くスピードはおそらく、ものすごく速い。

この記事で20分かかっていない。

どうってことないのだ。



中日新聞

カバチタレの原作者のTVを見た

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月23日、あっという間に2月末。

今日はまるで春のように暖かい。

明日、北陸地方に住む方が事務所に来られる。

外国関係だけど、詳しいことは書けない。


昨日の夕方、NHKのBSプレミアムを見ていたら、漫画「カバチ

タレ」の原作者が出ていた。

広島の高校を中退し、高架下に違法駐車しているクルマで寝泊

まりしていたこともあった。どん底の生活。

労基署で未払い賃金もらったことがきっかけで法律の力を知り

行政書士試験を受けてなった。(確か28歳)

31くらいから漫画に仕事などで知った題材で原作を作り、次々

ヒットし、ほとんどがテレビドラマ化された。

そんなすごいヒトだった。


私が開業したのは8年前(2007年)、社労士としてだった。

たまたま雇用した事務の男性が、「今行政書士試験は、カバチ

タレの影響でものすごい倍率(当時確か2%台)ですよ。公務員

経験だけで行政書士になれるのなら、すぐ登録したほうがいい」

と教えてくれた。

たちまち区役所から証明書をもらい、目黒区の行政書士会に

入会届を出した。(9月入会)


「入管の仕事が多い」と聞いていたので、申請取次資格を取る

ために福岡の会場まで飛行機で飛んで行った。


いつのまにやら外国関係の仕事、英語の仕事が増えていき、

パスポート認証、戸籍謄本や住民票、免許証などの英文翻訳

認証をやっていくうち、中国での相続や離婚訴訟を中国の

弁護士と一緒にやることになっていった。

英文での協議離婚合意書などやその公証人認証、外務省

アポスティーユなどをやっていくうち、対応言語(翻訳会社は使わない。

ほとんどモトお客様や仕事仲間)も、韓国語・中国語・フランス語・

ドイツ語・ペルシャ語と広がっていった。

最近では、自らフランスにお客様の代わりに出張までする。


こんな私のような行政書士は大変珍しい、と思う。

事実パスポート認証だけですら、「それ何?」という弁護士や行政

書士が多い。


カバチタレを私は漫画もテレビも見たことがない。

それでも、社労士1本でやっていくつもりだった私に行政書士資格

を取らせてくれたのは、原作者であり、元事務員だ。

この人だったのかあ・・・感謝・感謝という思いで昨日のテレビを

見ていた。




fc2_2014-03-18_12-14-38-636.jpg

会社登記、現在事項全部証明書の英文翻訳認証

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月20日、日差しが日に日に強くなり春が近いことを感じる。

昨夜、私の還暦の誕生日を祝いに息子夫婦と孫がわざわざ八王子

まで来てくれた。

2歳4ケ月の孫娘が言葉数も多くなりますます可愛くなっていく。


さて、NPO法人国際結婚協会の相談にフランスに住む日本人女性

からの離婚相談が来ていた。早速メールで返事をしておいた。

「私は以前、日本に住む日本人男性とフランス人女性の英文協議離婚

合意書を作成したことがあります。それを公証役場で公証・認証し、

外務省アポスティーユ(東京の公証役場ならそこで1回で済む)をすれば

フランスでも有効な離婚と認められます」と。

また、「私はもうすぐニースに1週間出張予定です。昨年1月にも2週間

行きました。長いことフランスに住んでおられた日本人女性の遺族年金

の日本での受領、BNPパリバ銀行預金の日本の銀行への移管、UFF

という証券会社の資産の日本への移管などでした。成功しました。

来月は主に同じ方の不動産売却代金の受領や引き渡しなどのためです」

と。

フランスでは裁判しない限り、また一定の別居期間がない限り離婚でき

ないと思い込んでいたようだから、すごく驚いたかも。


さて、ある大きな会社に頼まれて会社の登記簿謄本の英文翻訳認証を

やっている。全部事項だと、文字数ありすぎだから現在事項全部証明書

にしてください・・・と。

もう2年くらい前か、やはりある会社の総務の女性に頼まれやったことが

あった。大変気の利く女性で、「全部だと大変だから現在事項にしました」

と。

その女性が、「うちの子もできれば早実中に入れたい。どこの塾がいい

と思いますか?」とかも聞かれた。


国内市場は高齢者向けの仕事以外、もう先細りが見えているから、どん

どん海外に活路を見つけていく。

それにつれ、子供の教育もそれなりの学校でかつ英語くらい当たり前に

できる人材に育てようと、親としての必死の願いがある。

「子や孫に幸せであって欲しい」そう願うのは親として当たり前だ。




fc2_2014-03-17_12-28-46-995.jpg

60歳になった

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2015年2月19日。60歳の誕生日だ。

私が生まれたのは1955年2月19日。鹿児島県揖宿郡頴娃町

(今は南九州市頴娃(えい)町)別府大川というところだ。

中学出るまでいた田舎は、今は大変な過疎。

私が昨年6月に田舎であった別府中学校卒業同級生の還暦祝

同窓会に行ったとき、中学校でみんなで校歌を歌った。

2番目の歌詞に「600の」というセリフがあった。

1学年200×3クラス=600人、確かにいた。少し多かった。

今や全部で100名にも満たないそうだ。


東京に出てきてはや40年あまり、同級生の多くがもう60歳になった。

そして、間もなく定年だ。

いろんなことがあったけど、何より8年前に役所を辞め、自営業

になってからが、なんだかすごおく長い時間だった。

それまでの役所生活30年以上のような気がする。


役所に勤め始めたころは、日本が高度成長を終え、低成長から

バブルへと進むころで、とにかくみんなが元気だった。

給料も確か10年以上連続で「上がっていくのが当たり前」で

12月には、月給・賞与・4月遡及の差額と3回も給料袋を

もらった。

いつしか、差額なるものはなくなり、成績主義がヒラにまで導入

され、うつ病続出のまるで違う職場に変わっていった。


そんなかんだで年金(私は61歳から)ももらえないのに、役所

を思い切って退職し、自営業を始めた。


ついに60になった・・・

キムさんや、大阪のおばさんなどから還暦祝いをいただいた。

間もなく、事務所にあるヒトも現れる。

今夜は息子夫婦と孫がある場所で夕食をご馳走してくれる。

何も貰わないヒトもいっぱいいるだろうに、こんな私にありがとう

と心から感謝している。


まあ、おかげさまで定年はもうない。

身体と気力が続きさえすればいつまでも続けられる。


まあ、焦らず気負わず、謙虚にコツコツだ。

60歳にしてそう思う。




fc2_2015-02-05_16-08-29-251.jpg

契約約款の作成

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月17日、あと2日で60歳になる。

大阪のおばちゃん(母の腹違いの妹、79歳)と昨夜久しぶりに電話

で話した。

ご主人は昨年亡くなってしまった。

しかし、長女である私の母が大好きで、何度も何度も鹿児島の施設

にいる母親に会いに行ってくれている。

亡くなったご主人は、いわゆる発明家で多くの特許を持ち、40年くらい

前まではかなりの資産家だった。

45年くらい前に大阪から飛行機で家族全員で鹿児島に帰ってきた。

「飛行機で」ということ自体が、当時はみんなびっくりの世界。

私が鹿児島高専の修学旅行で大阪に行ったときは、田舎者は食った

こともないすんごいご馳走をしてくれた。

しかし、自営業の悲しいところで、不渡りやその他世の中の辛酸を舐め

つくし、いいことばかりではなかった。

それでも、亡くなったご主人はいつも探求心にあふれ、かつ優しかった。


何を話したか?

「おばちゃん、8年もかかってしまったけど、なんとか1人前?になったよ」

それを報告した。

まるで自分のことのように心から喜んでくれた。

「鹿児島のど田舎ものでも、一生懸命頑張ればなんとかなる。それをマサト

君が証明してくれたようなもんだ。うれしい、身体に気をつけてね」と。


さて、私がもう5年くらい前から顧問を引き受けているある社長から依頼が

きた。

「取引先との決済のトラブルが多い。生命保険や銀行の約款のようなもの

を特注で作ってくれないか?」と。

私は、生命保険の何十ページもある細かすぎる文字で書かれた約款という

ものが実は大嫌いだ。

大事なこと(こういうときは保険は払わない)を書いてあるのに、説明もせず

「うちはよそより安い!」などなどテレビなどで大宣伝し、いざ事故が起きると

「3等級ダウンしますよ。保険料が来年からこれだけ上がる。だから自己負担

で修理なさった方がずっとお得ですよ。自損事故を3回でやっと直した。

だったら1回5万円×3回=15万円が自己負担ですよ。約款に書いてある。

知らなかったのですか?」などと平気でのたまう。


あんな小さな文字を全部見て契約するヒトなどいない。

まるで詐欺商法に近い。


だけど、社長の話を聞いていたら「なるほど」と思った。

生命保険約款より、ずっと細かい約款を作った。

「暴力団、その関係者、総会屋、違法貸金業者など(以下、暴力団等

という)であることが判明した場合、ただちに契約を解除できる・・・」

などなどと。


無法者を許さない。

そういう気持ちは変わらない。




fc2_2014-05-25_22-14-41-860.jpg

確定申告、初日に済ませた

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月16日、確定申告初日だ。

私は会計ソフトに1週間に1回くらい、まとめて収入や支出を自分で

入力している。

確定申告も、専用ソフトでたまにコツコツ入力し、来年の確定申告後の

税額はいくらくらいか?自分なりに絶えず把握しているようにしている。

自営業なんだから当たり前だろ・・と私は思うけど、そういうヒトは大変

少ない、らしい。

収入支出、全部で2,000くらいにものぼる伝票を見ると唖然とするけど、

コツコツやっておけばそれほど大変だとは思わない。

私は、幸い区役所でヒラ職員だった35年くらい前にコンピューター化が

始まった。

ヒラだから、当然のように「お前行け」と上役に命令され、様々な研修に

行かされた。エクセル、ワード、パワーポイントなどなどだ。

お陰さまで、役所負担で基本的なパソコン操作を覚えることができた。

いまだに役立っている。


私たちより少しだけ上の世代=団塊の世代は、当時すでに命令する立場

にあったから、自分で覚えるという必要がなかった。

これが今のようなネット時代を迎え、自分の首を絞めると思っていた上司は

ほぼいなかった。


今日の確定申告会場は、ダイエー八王子店が市役所八王子南口に移った

だけだと思い、朝一番で市役所南口出張所に行った。

「ここはただ受付専用です」と言われた。

「いつもの入力専用のソフトはどこにあるのですか?」と聞いたら、税務署

だと。やむなく税務署に行った。

朝早かったから、だいぶすいていたけど、それでも30分以上待った。

ほとんどが医療費控除などを受ける方々ばかり。


「オレは提出だけと言ってもいいけど、ここで入力しないと申告した気がしない。

何より税務署受付印はここに来なければもらえない」と我慢していた。

用意していた確定申告ソフトの数字は全く間違いがなかった。

最後に、「税務署受付印もらいたいのですが」と聞いたら、そんなヒトほとんど

いないようで、税務署2階に行ってくださいと言われた。


でも思った。

「ここにきているヒトは医療費控除などが多いかも知れない。でも、そもそも

税金収めていないヒトはその必要もない。ここにいるヒト=税金収めている

ヒト=世の中ではずっとましな方々なんだよなあ・・・」と。


結果、私にしては開業8年にして、過去最高の何倍?もの所得税を納税します。

要はそういう申告を済ませた。

累進課税だから、驚くほど高いなあ・・・と自分では勝手に思う。

ふるさと納税もしっかり申告した。

結果節税になってしまうけど、生まれ故郷に初めて納税できた。


来年の申告は自分でも分からない。

最悪破産しているかも知れない。

でも、息子や孫に恥ずかしくてたまらないから、99.9%それはない。


申告初日に堂堂と、かつ相当の金額の申告を済ませた。

役所退職後8年もかかってしまったことが自分としては悔しくてたまらない。

まあ、これがお父さんの限界かも。

ごめんな、けんちゃん。




甲子園 縮小

立川伊勢丹、イタリアワインフェアで買ったワイン

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月15日、日曜日。まだ寒いけど、それほどでもない。

春が近い。


昨夜、盛岡市に住む大学時代からの親友に電話で聞いてみた。

「お財布一方通行20年の友人関係ってありかい?オレ、疑問に感じ

ながら、まあしゃあないか・・・って思っていたけど、こないだ決定的な

ことがあってなあ」と。

彼は帰宅したばかりだったけど、よく聞いてくれ、1時間くらい経ってから

奥さんとも話したんだけどとまた折り返し電話してくれた。

「お前が1人もので奥さんいないから甘やかし過ぎたのかもな。しかし、

やはりひどいと思う。友人なんだから対等が当たり前。他人にそんなに

おカネ出すんじゃなく自分の子や孫に与えるべきだ」と。


やっぱりなあ・・・でも、最後は自分で決めること。


もうすぐ私の60歳の誕生日を息子夫婦や孫が祝ってくれるから、孫に

春服でもと思い立川伊勢丹に行ってきた。

私の買い物は早い。

7階ベビー子供服売り場にあるミキハウスやファミリア、メゾピアノ、ザラ

などなどをさささーっと回る。「これは!」と思ったら取り置いてもらい、

最後に残った2つくらいの候補から1つに絞る。

ファミリアに気にいったのがあったけど、少し高すぎた。

キッズスタッフというお店で可愛いのがあった。取り置いた。

またぶらぶらし、メゾピアノでこれは!と思うのがあった。

すみませーん!と言ったら、すぐ伊勢丹本体の社員がやってきた。

社員かそうでないかは服装で一発で分かる。

「いや、ここのは140から上のお子様用しか置いてありません。

これの小さいのは・・・」と連れて行ってくれた。

しかし、赤ちゃん赤ちゃんしているようで気に入らなかった。

結局キッズスタッフのに決めた。

それで終わり。10~20分くらい。


そのあと、喫茶店で2時間くらい本を読み、また伊勢丹に戻った。

2階の駅直通の入り口を入ったらイタリアワインフェアをやっていた。

「エスト エスト エストはありませんか?」とそこにいた伊勢丹社員

に聞いた。

すぐにソムリエのところに連れて行ってくれた。

「これが近いですよ。今は少し甘めだけど冷蔵庫で冷やすときりっと

した味わいになります。値段は言えません」と言われたので少しビビり

ながら舐めてみた。バッチシだった。

「おいくらですか?」と聞いたらソムリエさんが「1,400円です」と。

あはは。2本買った。

「私が以前イタリアに行ったとき、エスト エスト エスト を毎日1本飲

んでいたんです。それで見つけると懐かしくて」と社員さんに話した。


あれだけの接客力こそが売上アップにつなげる秘訣そのものなんだろう。

やはり売上日本一、伊勢丹はハンパではありません。



エスト エスト エストの代わりに買った
12 e mezzo Malvasia del Salento IGP/ Vigne e Vini



大韓航空のバ◎娘副社長、ナッツ・リターン事件で思うこと

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月14日、バレンタインデー。私には本命どころか義理チョコすらない。

あはは。もう慣れた。


お財布一方通行の友人関係は成立するのか?

親子では当ったり前。

やはり私は間違ったのか?いや、いくらなんでもアレは・・・と正直に悩む。


「自分の子供や孫すら大事にできないで一体誰を大切にできるのか?」

そう私は思うから、自分でできる範囲で頑張って、果実はまず息子や孫に

与えたいと本気で思っている。

これは実は世界中どこでもみんながほぼ同じように思っている。

とりわけ、日本や韓国(北朝鮮が最も極端だ)、中国の方が伝統的に欧米

よりも強い。


ピケティもアメリカ、西欧・日本で遺産相続による格差拡大・固定を大きな

問題意識としてとらえ、「自由な経済活動ではそれは抑制できない。

累進課税などの政策的対策(金持のカネを広く社会全体に分配)が必要。

今は資産家のおカネは国境を越える(スイスなどなど)から、そこにも課税

できる夢のような(今は)政策」を提案している。


日本では今は財閥や貴族は存在しない。それでも、ブリジストンやアソ×

などなど一部大金持ちの子孫が政治の中枢を担っているとういう事実は

変わらない。


韓国では、朝鮮戦争とその後の社会の大混乱により、それまでの王家や

貴族(両班)階層が一掃された。長く続いた軍事政権下で、上手に政権に

すり寄り国営であったKALの払下げなどなど、様々な手法で新興財閥が

形成された。

今ではサムスン財閥がこけたら韓国全部がこけると言われるほど極端だ。


KALの財閥創始者の孫によるいわゆるナッツ・リターン事件で、その孫の

バ×娘は懲役1年の実刑判決を受けた。

大統領が5年の任期(再選はない)を終えたら、次々と司法の取り調べを

受け、自殺したり長期の有罪判決を受けることが、もうこの30年くらい

当たり前に繰り返されてきた。


私は実は韓国が大好き。

もう15~16回くらい観光旅行に行き、全土を3周した。

20年くらい前に初めて行ったころは、圧倒的な貧しさ、ボロボロのクルマ、

ホコリだらけの道路などなどをこの目で見た。

行くたびに進化し、今では日本とあまり変わらないくらいの状況だ。


しかし、ホテルやレストランなどでたびたび目にしたのは、10年前でも

日本人もビックリするほどの金持ちがいて、彼らが一様に横柄だった

ということだ。


もう24年くらい前に、オーストリア、ザルツブルグのシェラトンホテルに

止まったことがある。

ロビーで日本人だと勘違いして親しく声をかけたら韓国人家族だった。

言葉は分からなかったけど、いかにも横柄そうに答えられた。


20年くらい前に、KALでクリスマスのパリに行った。

ソウル経由で時間がものすごくかかったけど、客の大半は日本人。

往復運賃が確か80,000円!くらいだった。


8年前にUCLA留学だった1人息子に、2回目の面会に行った。

その3ケ月前に、ANAで行ったら客席の7割?くらいがビジネスクラス

以上でエコノミー客はひどい扱いだった(空港でやったら待たされる)。

だから、KALで行った。

エコノミーがほとんどで、ANAより席も広かった、サービスも良かった。

ロス往復が、驚くことなかれ僅か確か37,000円(当時は燃油サーチ

ャージなどなかった)。


いいもの悪いもの、いいヒト悪いヒトはいつでもどこでも変わらない。

それでも、私は韓国が好きだ。

韓国ドラマも大好きだ。

弱いものを強い立場を利用して人間性まで否定するほどの暴言を

吐き、辱しめる。やってはならないことだ。

韓国人は、かつての厳重な身分制度(奴隷階級が大勢いた)をいま

だに忘れていないのだろう。

日本は士農工商という身分制度はあったけど、韓国ほどひどくはなか

ったのだろう。今時の日本で「私は・・・の身分出身で」などと言うアホ

がいたら時代錯誤のアホと見なされておしまい。


韓国も、こういうところは日本を見習えば?と思う。




韓国プサン 海東龍宮寺

フランス、ニースの喫茶店の作法

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月13日、金曜日。13日の金曜日だ。

今年は3月、11月にも13日の金曜日がある。

16日、月曜日から確定申告。ダイエー八王子店が2月15日に

長い歴史に幕を打ち閉店する。以前はあそこの6階特設会場

が確定申告提出場所だった。

そのため、八王子南口の市役所出張所に提出窓口が変わった。


並んでいる方々の多くは、わずかでも医療費その他の還付を

受けようとする方々だ。


さて、おそらく来月か4月初めには再びフランス、ニースに出張だ。

昨年は、1月中旬から2週間行っていたけど、なかなか成果が

あがらず焦りまくり、旅行気分どころではなかった。

今回は、最後の仕上げのようなもので昨年ほどの緊張感はたぶん

要らない。


昨年、ニースではトラム(市電)の走る大通りに面したホテルに

確か連泊で5~6泊した。

オフシーズンのせいか、「連泊だから、どうか良いお部屋を」と一声

かけたら、なんと最上階大通りに面した角部屋を私1人に与えて

くださった。ベストウエスタンホテル・ニューヨークという3つ星ホテル

だ。こじんまりしたホテルだけど、スタッフはみな英語が達者で、

かつなぜか私にはとてもとても親切だった。

それでも、確か1泊60ユーロ≒8,500ほど。直接交渉ほど安い

ものはない。

その前まで2泊していたのは近くのメルキュールホテル。4つ星。

1泊確か20,000円ほど。しかし、インターネットができなかった。

ホテル玄関のすぐ脇に黒人のホームレスが2人いて、大きな犬を

何匹も飼っていた。縄つけてないからこわくてたまらない。

だから、ベストウエスタンに移った。


ベストウェスタンの大通り反対側にはいわゆる喫茶店があった。

結構大きく、店外にもテーブルが何十もあり、煙草が吸えた。

吸っていると、必ず何人か寄ってきた。

「煙草を1本ください」と。だいたいが上品そうな中年女性だった。

フランスでは煙草1箱が7ユーロ≒1,000円だった。

1本50円。通訳さんに言われた、「フランスでは煙草を吸って

いるヒト=おカネ持ち」ですと。


コーヒー代金支払いは、2ユーロ3ユーロにチップを少し残し、

テーブルに置いてそのまま帰る。

通訳さんに「あれじゃ、横取りしてしまう奴いないのですか?」と。

「いや、フランス人はなぜかそれはやらないのよね」と。


まだまだあります。フランス裏事情、たまに書きます。

ニースにまた行ったら、またまた書きます。

こうご期待。


fc2_2015-01-20_17-07-02-187.jpg



課税控除前1,279万円で日本では上位1%の高額所得者

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月11日、建国記念の日でお休み。

まだまだ寒い。


週間東洋経済1月31日号を買って読んでいる。

今話題のフランスの経済学者ピケティに関する特集だ。

過去100年くらいを検証した結果、資本収益率(株や投資など=r)は

経済成長率(g)を絶えず上回る 『 r 〉 g 』というものだ。

つまり、戦争などで上位の金持の価値は一時的に激減する。

しばらく安定した社会・経済が続けば、また一部金持の投資による収益

の方が必ず経済成長率や給与収入上昇を上回り格差が拡大する。


日本は70年もの平和な生活を続けてきた。

敗戦で、大地主や貴族、財閥などといったものが解体され、彼らの持って

いた資産は没収や大幅なインフレによりほとんど無価値となった。

1960年代後半からバブル(1990年ころ)には1億総中流という世界に

まれにみる豊かな社会となった。

バブル崩壊後、非正規雇用が多くの業種に拡大し、大学卒業しても非正規、

かつ世界に冠たる産業であった電機などの会社が韓国や中国に追い越さ

れた。


したがって、20年以上もの長きにわたり日本の給与は下がり続け、先進国

最低レベルが見えてきた。

課税控除前年収で1,279万円で、日本では上位1%の所得階層だという。

(週間東洋経済69ページ)

私が8年前公務員を辞めたころ、そのくらいの金額は区役所課長レベル。

係長ですら、いやなんと清掃作業員や自動車運転手などの現業職公務員

ですら1,000万円の年収は当たり前に近かった。


公務員の年収も下がり続けているから、1,279万円は今は部長レベル?

大企業の管理職レベルが上位1%だという。

下位90%の年収は今は約150万円。生活保護水準以下だ。


みなが貧しくなりトクするヒトはほとんどいない。

年収150万円=月収12万5千円。

これでどうやって家賃を払い、食べ物を食べ、子供に高等教育を受け

させられるのだろう?


ムリムリムリ。


旅行?ムリムリムリムリムリ。以前に確かJTBの調査結果をみた。

日本国民の平均の年間旅行泊数は、わずか1泊。

たっくさん行くヒトがいる一方、ゼロという膨大な人数がいる。


上位1%でもたった1,279万円。しかも課税控除前。

これで豊かな国とは、日本はもうおそらく言えない。

私はそう思う。




fc2_2015-01-01_06-17-37-712.jpg



ペリーが上陸した下田了仙寺に行ってきた

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月8日、60歳の誕生日が近い。

昨日の朝、突然思い立ち伊豆下田まで行ってきた。

今の時期は雪の心配で原則、山梨・長野方面には行かない。

宿は取ってなかったけど、じゃらんや東急ハーヴェストで空きがある

のを確認していた。


途中、稲取漁港近くの徳造丸というキンメダイ料理で有名なお店で

おひとりさま昼食。姿煮定食をいただいたけど、キンメがすごおく

小さかった。あれなら、茅ケ崎のあさまるの方がずっと大きくて安い。


下田港に行き、観光船の黒船に乗ろうと思ったけど、風が冷たくお

客様もいない。やめた。

了仙寺というお寺に行った。1854年、ペリーの黒船が現れ日米和親

条約という屈辱的不平等条約が結ばれた場所だ。

あれを見て、吉田松陰は下田から小舟で果敢に乗り込み捕らわれた。

しかし、その後の大活躍はみんな知っているとおり。

明治維新のきっかけを作った英雄だ。


今の日本は、政治家(世襲がやたら多い。官僚が政治家よりも力がある?)

に任せていてもおそらく何も解決しない。まるで江戸幕府末期のような状態

かも知れない。

沈み行く泥船状態から生き返らせる大胆なアイデアと知識、胆力のある若者

が現れて欲しい。

このままでは、かつての東洋の果ての食うにも困り、移民に大勢が出かけざ

るを得ない国にまた成り下がるのではないか・・・自分らは先が短いけど、

孫や子が思いやられる。


夜はじゃらんで探した下田プリンスホテルに宿泊した。

朝付きで1万円くらい。あそこにしては安かった。

駐車場には、なんとランボルギーニやベンツ、レクサスなどがずらり。

館内に昭和48年の開業時の写真がいっぱい飾ってあった。

今はホテルの真下の砂浜ギリギリまでが海だけど、当時はだいぶ先まで砂浜

があり、ビーチパラソルがいっぱい並んでいる写真もあった。

地盤沈下?地球温暖化?、たった40年ちょいでああも変わる。

設計した黒川紀章氏の写真もあった。若い!

「オレが上京したのは、この頃か・・ってことはオレもすっごくトシ取った」と

ガクンときた。

まだまだ若いつもりなんだけど、他人様の写真で気が付いた。あはは。


間もなく還暦。

1人息子がお祝いをしてくれるとメールが来た。

これが一番うれしい。

オレは17年もおひとり様だけど、これがあるからまだまだ頑張れる。



下田プリンスホテルで今朝見た日の出です。





日米和親条約が結ばれた了仙寺です


スカイマーク倒産、イスラム国人質事件で思うこと

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月5日、小雪交じりの冷たい雨だ。

幸い、今回は八王子駅北口から1.5キロの少し小高い場所にある

我が家周辺でも除雪の必要はない。

先週金曜日、東京ビッグサイトでの展示が終わったあと、すぐに車

で八王子に帰った。

ずっとOK、かつ富士見町あたりも除雪してあったのに、我が家周辺

(約10年前に26棟分譲された)だけが除雪されておらず、家に帰り

ついた途端、約1時間かけての除雪作業だった。


富士見町あたりは40年50年前に造成された分譲住宅が並び、

ご近所付き合いも(いわゆるコミュニティ)が形成されている。

10年くらいでは、なかなかなんだなと痛感する。


さて、先週まで2週間くらいイスラム国による日本人誘拐事件が

大きく報道され続けていた。

朝から晩まであればっか。

一方で、つい何日か前までスカイマーク航空について「JALとANA

で共同支援する。神戸だけはJALの路線がない(JAL自体が何年

か前に倒産し、新規路線開設が認められていない)からANAだけ)」

と新聞などで堂々と報道されていた。

朝目が覚めたらいきなり「会社更生法申請=倒産」との報道。


人質事件も結局最悪の結果となった。

最後は、イスラム国が「日本人はどこにいても標的だ」という恐ろし

い捨てゼリフを残した。


湾岸戦争、イラクのフセイン体制打倒、アフガニスタン、パキスタン

とアメリカは私が生まれたころ(1955年=朝鮮戦争が休戦になった

ばかり)から、ベトナムなどなどあちこちで戦争ばっかりしていたよな

と思う。

日本は、憲法9条の規定(アメリカ占領時代にできた)によりいわゆる

戦力は持たないことになっており交戦権もない。


結果、韓国などがベトナムなどに大人数の軍隊を派遣しても、日本人

は巻き込まれることはなかった。


経済に専念しておればよかった。


しかしバブル崩壊後、全く出口が見えないまま返す当てもないまま

積極予算?で赤字国債をじゃぶじゃぶと発行し、今や世界で類を

見ないほどの借金大国。

GNPの2倍以上。

買っているのは外国ではなく、93%が日本の自国民。

最近は、市中銀行でなく日銀がほとんどを買っている。

その金額、今や国・地方合わせて1,400兆円ほどだという。


いつ国債の暴落が起きてもおかしくないと本屋にいけばいっぱい

そういう専門家たちの本が置いてある。


2年先、7年先・・・・といろいろ書かれてある。

しかし、自転車操業状態の予算で、急激な少子高齢化、生産年齢

人口減少、格差の拡大、・・・で日本国内の成長は限られている。

万事休す!

と書いてある本に共感を覚える。


新円発行、銀行預金封鎖、住宅ローンの貸しはがし、公務員の給料

3割減、ボーナスなし・退職金なし、消費税20%・・・・・

他人事と思っていたら、一夜にしてわが身に降りかかる。


スカイマーク倒産のできごとは、まさにその予感のように思える。


そんな中で、自衛隊が海外で・・・とか、まるで中国を「仮想敵国」

のように考えているような政府、そしてそれをあおるマスコミ。

イスラムとキリスト教は1,000年以上も戦い続けてきた。

日本は全く異教徒。

仲裁に入るほどの力があるはずなのに、アメリカのポチばっかり。

結果として「日本人はどこにいようが標的だ!敵だ!」とみなされ

後藤さんが死んでしまった。


私など何の影響力もないけど、1人の国民、納税者としてそのくらい

自分の頭で考えてんだぞう!と言いたい。




2014年12月31日。鹿児島薩摩半島「いせえび荘」での日の出です。

知覧特攻基地から飛び立った人たちがおそらくいっぱい見た。


昨日節分、今日は立春

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月4日、朝6時前。

フランスに何度か電話したけどつながらない。

時差が8時間あるから、朝早く起きて電話したことが何度もある。

1年前にニースに行ったとき、「もうすぐカーニバルの時期で日本

からもたくさんの観光客が来る」と聞いていた。

たぶん、そんな関係なのだろう。

メールで送っておいた。

メールは一方通行だから、返事が来るまで1日くらいかかるのも

当たり前。電話だとすぐ答えが出る。


さて、昨日は節分。おひとりさまが豆まきなどやるわけがない。

10年くらい前からコンビニが一部の地方でやっていた恵法巻なる

ものを全国で売り始めた。

今年も立川伊勢丹に行き、ものすごい人並みで「どれにしようか?」

と迷っている方々で最前列が開かず、現物がなかなか見えない。

脇から手をつこんで、海鮮巻を買った。


今日は立春。暦のうえでは今日から春。

間もなく私に60回目の誕生日もやってくる。

こうやって月日だけがどんどん流れていく。


いますぐやらねばならない2つの仕事が終わったら、ちょっと

温泉旅行にでも行ってみたい。

濁り湯がいいけど・・

いつもクルマだけど、この時期は雪が降る。

たまには新幹線にでも乗り盛岡にでも行こう、かなあ?



先日行った山中湖の山梨郷土料理「小作」のほうとうです。


「いま何時?」、「オヤジ」

ランキングに参加しております。

1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2月1日。

通所介護施設新規指定の許可がおり、お客様が事務所にお見えに

なった。

それに伴い、労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険の新規

指定申請も行う。

雇用保険・労災保険は保険料が大変安い(年収の1000分の16.5)。

しかし、健保・厚生年金は驚くほど高い。

年収の約30%にもなる(本人と会社で折半)。


だから中小企業の中にはかなりの事業所が、法律上「強制加入」対象と

なっているけど、払えない、払わない。

年金事務所も入替りが激しく(待遇悪いからすぐやめるヒトが多い)、かつ

高すぎる保険料の事業主負担(半額)が払えない。ほぼ手が付けられない。

ものすごい、天文学的数字の「強制加入なのに払わない」事業者が多い。


そんな中で、今回私が依頼され引き受けたある会社が介護保険のデイサー

ビスをやることになった。

ただ始めるだけで、施設の借入、設備購入、人件費支払・・・・あっという間に

1,000万円近い出費を負担しなければならない。

個人営業や中小企業に1,000万円はものすごい危険負担だ。

それで足りるか?といくわけではない。

客商売だから、お客様が来なければ、あっという間に資金繰りに詰まる。

あっという間に倒産、自己破産だ。

そういう例を、8年しかやっていないけど私はヤマほど見てきた。


それ(資金繰りに詰まった企業)に対する銀行や役所などの対応は驚く

ほどに冷淡だ。

この私も4年近く前に結構大変な時期があった。

銀行支店長に言われた。「あなたの資産をすべて管理します」と。

私は断った。「銀行に管理されるほど私は困っていません!

まだ、あの不動産、あの不動産あります。借金あるけど、銀行に

全部握られるほど困っていません!」と。


結果生き残った。

お客様たちが助けてくれた。

まさに、まるで天の神様が助けてくれるように数十万、数百万という

報酬を払ってくれるお客様たちが苦境のたびに来てくださった。


失敗体験など、おそらく誰も聞きたくない。

苦境を乗り越えた成功体験を知りたい。

おそらくみんながそうだ。


私の心の支えだったのは、「母親がまだ生きてくれている。息子に無様な

オヤジの姿など見せたくない。最低息子に迷惑かけない。いいオヤジだっ

たと思われて、目立たなくていいけどそういう最後を迎えたい」と。

たったそれだけだ。


けんちゃんが塾通いしていたころ、大笑いした話を聞かされた。

「お父さん今何時?オヤジ!!」おもしろいよねえ」とゲラゲラ笑いこげて

いた。

あれはもう20年くらい前の話。


幸い息子は無事?に1人立ちした。

今日のお客様(介護施設)から「先生、顧問になってください。今日から」

と言われた。

社労士の顧問は正直言ってあまり引き受けていない。

跡取りがいないからだ。

でも、今日は特別に引き受けた。


だから私は、「なんで?」と思われる中国の会社との仕事にかけている。

息子に迷惑かけない範囲でに過ぎないけどなあ。(迫力ない!あはは)。



«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。