FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたかさん死去の報に思う

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



2014年9月30日、今年も残り3ケ月。

月日だけは否応なく確実に進んでいく。そして、1日1日が絶壁の

過去となっていく。

木曽御嶽山が突然噴火し、多くの登山者が亡くなったという。

思いもしない突然の自然災害でこうもあっけなく失われてしまう人生

もある。

雲仙普賢岳、伊豆大島の噴火、三宅島の噴火・・・火山災害だけで

多くの自然の驚異を見てきた。

何よりのできごとは、あの3年半前の東北を襲った大地震。

まさか、まさか・・・とテレビに釘付けになった。


元社会党委員長の土井たか子さんが亡くなったという。

1928年(昭和3年)生まれ、85歳だったそうだ。

若いころ大学生のころからの日本社会党員だった私は、

石橋正嗣さん、田辺さん、山花貞夫さん、中村二郎、飛鳥田

一雄さんなど多くの党の大物にたまに会ったことがある。

山花さんにはずうずうしく私の結婚式の仲人を引受けてもらった。

おたかさんには、ただの1回もお会いした記憶がない。


私がベルリンの壁崩壊、ソ連の崩壊、中国の変質などを見て

社会主義に幻滅し党員を辞めたころにおたかさんは委員長

になった。

党員を辞めた=選挙運動をやめたわけだから、もうお会い

する機会などなかった。

その後日本の政治も激動し、まさかの村山政権、民主党政権

などもできた。

しかし、今の日本・日本の政治に満足している国民は、庶民は

むろん、国会議員にだって少ないのだろうと思う。

国力は衰退し、国民の暮らしは苦しくなる一方。敬老なる言葉

も今や名前だけ、若いヒトが将来に希望を持てない。

あれだけ経済力、軍事力を飛躍的に拡大している中国が「脅威だ」

と、戦争も辞さないような発言はまだないまでも、憲法を変えよう

とか、憲法に触れない理屈?で外国の争いに口出し始めるタカ派

政治家ばかりのようになった。

かつては自民党にも多くのハト派議員がいた。

念仏のように護憲を唱えていた社会党、その象徴のような存在

だったおたかさんが亡くなった。


オンナ1人でよくやった!と心からお礼を言いたい。

今や平成生まれが社会の第一線に次々と出ている。

これからは、昭和50年代以降に生まれた若いヒトたちが社会の

中核を担い、自ら考えて日本をかつての元気な姿に戻して

もらいたい。


かつては若かった私も間もなく還暦だ。

しかし、まだ59。あと10年くらいは第一線の老兵かも知れない

けど孫子たちのの世代のために頑張りたい。



今年1月、フランス、カンヌの駅前です。



スポンサーサイト

アジア大会、トップ水泳選手が盗み!情けない

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月27日、土曜日。月1回、八王子シルバー人材センターのコ○マ

さんが私の家の中や、庭の草取りなどをやってくださる日。

お陰さまで、男やもめの1人暮らしとはたぶん思われない家の内外

でいられる。6時間約6,000円だから申し訳ないくらいだ。

それでも、いつもの買い物「ドカンとまとめ買い」に行き、帰ってきて

コ○マさんに話した。「新米の新潟コシヒカリが5キロ1,780円だっ

たよ。ありがたいけど、作っている農家はタダ働きだよねえ・・・と。

コ○マさんも、「全くそのとおり。作っている農家は高齢者が多い。

どうしたものかなあ・・」と。


日本中に格差が広がり、さらにものすごく増えた多くの高齢者の

かなりの人数が、国民年金だけ。

40年きちんと払ったヒト、つまり満額でも月額6万5千円ほどだから、

それで暮らしていけるワケがない。

保険料は月額15,000円以上とかなり高い。国家が半分負担しても

もらえる満額はわずか6万5千円・・・この国は少なくとも福祉国家

ではない。弱肉強食、年寄りは早く死ね!と元代議士のハマ×ーが

テレビで叫んでいたことがあった。

いつの間にか、若者が将来に希望を持てない。大きな夢を描けない。

そんな国に成り下がってしまっている。そう私は思う。

私たちが社会に出た1980年ごろは全く違った。

高齢者が大切にされ、医療費は無料、バス・電車などのシルバーパス

も無料。だった。敬老祝い金として、100歳には毎年10万!とか

当たり前に自治体が配っていた。しかも区市町村長が自ら出向いて。


たった35年後、社会は一変した。

高齢者だらけとなり、優遇措置のほとんどがなくなった。

「後期高齢者」という「もうすぐ死ぬヒトの証明」みたいな医療保険証

を平気で配り、かつ多大な自己負担。


若いヒトも、1流大学を出ても「派遣や契約」が当たり前のようになり、

一生200万、300万の年収で暮らす。

これでは一家の大黒柱どころか、1人生きていくだけで精一杯。

子供を作り、たっかい学費(国立大学ですらそう)を払って1人前に

育てるのは至難の技だ。


そんな時代を象徴するような事件が韓国インチョンのアジア大会

で起きた。

なんと競泳のトップスイマーが韓国メディアのカメラ(約80万円)を

盗んで書類送検されたという。

私の記憶にある限り、日本代表選手が「窃盗事件などの破廉恥事件

を外国で起こした」などとういう日本人として恥ずかしくてたまらない

初めての事件だ。

本人は、4年前の広州アジア大会の男子200メートル平泳ぎで金メダル

という、まさにトップスイマー。


なんでそんな人間が、日の丸しょって出かけた外国で窃盗などという

恥ずかしすぎる事件を起こした?

私は、もうアジア大会など見る気を全くなくしてしまった。

そのいくらいに同じ日本人として恥ずかしくてたまらない。


原因は選手の貧乏!ということにたぶん違いない。

かつて(約40年前)のアジア大会というと金メダルの半分?以上も

日本が独占し、日本人ですら「つまらない」大会だった。


経済力とスポーツの強さは、なぜか一体に近い。

日本が貧乏になり、トップアスリートにすら、「年収200万、300万」

の貧しすぎる選手がかなりいるのかもなあ・・と、内情は全く知らない

けど、「代表選手が外国で窃盗事件を起こす」という恥ずかしすぎる

事態の原因は、おそらくそういうことだ。


情けない。恥ずかしい。

日本の水泳を見る目がすっかり変わってしまった。

スポーツ全部をもだ。


日本代表になるほどの人物には、それなりの待遇や褒美をあげる。

ぜひそうして欲しい。心からそう思う。




韓国プサン 海東龍宮寺

ハワイで会ったみーちゃん元気かな

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月25日、世間様は給料日の人が多い。

先ほど八王子駅前の銀行に入ったら、並ばないまでも多くの人

がいた。

今か今かと待っているハガキが2枚、まだ届かない。

早く良い知らせをお客様に伝えたい。


もうすぐ北海道に行くから、ぼちぼち旅支度を始めている。

いつの間にやら、上から下までほとんどが伊勢丹になった。

北海道のどこを廻ろうかと昨日T君と会いだいたいの予定を

決めた。

最初の1泊のみ知床のホテル。残りは自分たちで手配、

レンタカー付き満タン返し不要というツアーだから、つい

欲張りに札幌まで行っちゃおうか、などと話していたけど、

北海道は広い。無理な日程では移動時間ばかり。

結局、まさに道東と道央を廻る予定だ。

あとはお天気・・・

まあ、傘さした覚えがないほどの晴れ男だし、10月初旬の

北海道は晴れる・ようだ。


7月に1週間、電話にも出れない状態にしてハワイに行った。

ハワイ島が中心だったけど、オアフ島でも魔法のおカネを使い、

次々といろんな人たちと仲良くなった。


下は、東京から来ていたみーちゃんと両親です。

「この木なんの木」の真下です。



ご近所の幼い子供たちの「岡村さんいってっらしゃい」に感激

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



私が今の東京都八王子市大和田町7丁目の今の家に引っ越して

もう10年くらいもなる。

私は、鹿児島の母親を呼ぶために買ったのだけど、ここは元は

東京都立のアーチェリー場跡地。

全部、1軒敷地約50坪、建坪30坪(約100平方メートル)の似た

ような家が26戸ずらりと立ち並んでいる。

当時の価格は、全部が約3,500万円。

なかなか買い手が現れず、発売後3~4ケ月目に?私が約3千万円

で買った。

あっという間に、その価格で全部売れた。


母親を呼ぶのに、マンションの狭い部屋になど呼べない。

当時の私はそう思った。

今の10年前の新築住宅群は、意外と安いし八王子駅までタクシーで

1メーターかプラス1回。

そろった住民は、若い夫婦がほとんどだった。

10年経ったいま、ここには子供たちがいっぱい。

すっごくうれしい。

いっつもそう思っていた。



今日、たまたま目の前でここの子供たちが5人くらいであっかる

く笑いながら鬼ごっこをしていた。

クルマで出ていく私は、こんな子供たち轢いたらたーーいへん。

ゆーっくり出庫した。いつもここに入る場合は最徐行で子供の

飛出しに備えている。


今まで10年間聞けなかった一言が聞けた。

「おかむらさーーん。行ってらっしゃーーい」と6歳か7歳くらい

の子が私に言った。


初めてだ、こんなこと。

しかし、すっごくうれしかった。


「オカムラという人物がここに住んでいる」ことを小さな子供ですら

知っていてくれた。


実は、ここに住んでもう10年、文句言ってくるヒトは何人もいた。

「なんで、こんなくだらんことで大の大人が!!」そればっか。

しかし、認めてくれたヒトなど1人もいない。ことないか、赤十字

の募金など狙い撃ち?で役員さんが来る。


やっと小さな子供だけど、「ご近所のあのヒトはオカムラさん」と

たぶん親が教えた。

ご近所に迷惑かけたことなどない。

あったりまえだけど、10年もかかって初めて聞けた。


これが今の日本か・・・と思うとすっごく悲しい。

だけど、初めてだったけど10年住んで、小さな子供に「オカムラさん

行ってらっしゃーーい」と言われた。

ものすごくうれしかった。


実は、すぐおいしいアイスクリームを買いにいった。

帰ってきたらもうあの子たちいなかった。

残念!!





久しぶりに秋の北海道へ

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月23日、秋分の日。秋のお彼岸。素晴らしいお天気だ。

昨日、久しぶりにさいたま市のあるお役所に行った。

難しい・面倒なことから先に済ます。そうしとくと後が楽。

私は昔からそういうふうにやってきた、つもり。


しかし、相手のあることつまり人間関係だけは複雑にからみ

あい思ったようにはまずいかない。


さて、来週4日間の予定で立川市に住む鹿児島高専からの

45年ものお付き合いになるT君と北海道東部に行く。

思えば、カレと一緒に少し長期の旅行をするのは、私たちが

まだ互いに結婚する前。

私は確か大学4年生の夏、東北を1週間近く貧乏旅行した。

それ以来だ。


10月初めの道東は秋真っ盛り。

秋アジ(サケ)つまりイクラも、うに、農産物など、まさに収穫の秋。

私が初めて北海道に行ったのは、大学1年生の秋。

大学に入学して、当時はあった無利子で半額返還すればいい

日本育英会の特別奨学金を入学後申請という制度があるのを

知り、申し込んだら認められ9月に4月まで遡った6ケ月分、

23,000×6=138,000円をいっぺんに払ってもらった。


予定していない金額だったし、あくまで自分で働いて大学

卒業するつもりだったから、卒業まで勉強そっちのけで働く

必要もなくなった。月額23,000円は、大学の学費とほぼ

同じだった。

すぐに、北海道に行きたくなった。

当時あった周遊券で、北海道に1週間ほど行き、これも貧乏

旅行をした。

知床、摩周湖などなど今まで見たことのない素晴らしい景色

に感動した。


以来、何度も北海道に出かけた。

もう貧乏旅行することはなかったけど、なにせ時間がない。

2泊3日、3泊4日がせいぜい。

しかも子供連れとなると、あちこち回りまくるワケにもいかない。


ようやく、少し余裕を持ち、秋の道東をゆっくり回れる。

お客様たちに感謝・感謝だ。


以下の写真は昨年11月の鹿児島、韓国岳です。



大阪のおばちゃんと鹿児島の田舎の人情喪失に涙・涙

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月22日、飛び石連休中日。

まだ真夜中午前1時前。もう起き上がった。


今来ている仕事をコツコツこなさないと、お客様たちと約束している

期限に間に合わない。間に合わせるためには、土日も真夜中も関係

なくやるほかない。

明日、北関東のあるお役所に書類を出しに行く。

せっかくだから・・・に会ってお昼でも食べたいと思ったけど返事すら

来ない。電話にすら出てもくれない。

これじゃあ「オレオレ詐欺」にひっかかるじじばばがいっぱいいる、

なぜか?自分なりによく分かる。


お孫ちゃんに、もう何か月も会っていない。1年くらいもだ。

2年に1度しか孫を連れて鹿児島に帰らなかった私に対するおふくろ

の嘆きが今になってよく分かる。

なんだか神様に仕返しされているような思いだ。

うちの孫は、東京・鹿児島ほど離れてはいないのだけどなあ・・・などと

つい愚痴もこぼしたくなる。

それほどに悲しくてたまらない。


今日の昼間お越しになったあるお客様が「嫁と自分の母親の確執を

なんとかしたい。どっちも大好きなのに、2人はいつも喧嘩している。

なんで仲良くしてくれない?」と相談された。

「それはねえ・・どこにでも転がっている話。自分ですらいっぱいいっ

ぱい困りまくっている。どうにもならない。男親ならなあ・・・このひと

孫のオヤジ、母親だ・・大事にせんといかん・・そう思っている例が多い。

オンナ親は自分の母親もそうだったけど、どうもねえ・・・」と。


大阪のおばちゃんと3ケ月ぶりくらいに電話で話した。

なんとご主人が6月に亡くなったのだそうだ。

「まさと君に連絡しようかどうしようか迷ったけど、忙しいヒトだから身内

だけで葬式済ましちゃいました。ごめんなさい。でも、姉(私の母親)の

ことを聞きたくて聞きたくて電話待っていました」と。


私もいろんなことがありすぎた。

弟夫婦が神戸に引っ越した。12年前に亡くなった兄の13回忌だった。

母親のことを近くでみれるヒトがいなくなったから私の大親友に頼んだ。

などなど、差しさわりのない範囲でみんな話した。

私の喀血のことを一番心配してくれ、「6月24日に1度あっただけ。

以来もう3ケ月。何もありません。お医者さまも、95%はおそらく一時的

な過労などのため。もしまたあったら徹底的に調べなさいと言っていま

す」と。


大阪のおばちゃまが、昨年鹿児島に自分の母親(私の母の母)の50

回忌で帰ったとき、法事とは名ばかりで、お坊さんの念仏が終わったら

目の前に出ている料理をそこで食べて互いにあいさつや世間話する

でもなく、「お先に失礼します」の一言もなく、料理を包んでさっさと平気

で帰ってしまう今の鹿児島の法事の実態に唖然とし、泣きっぱなしだった

・・とまさに涙ながらに話していた。


人間、情をなくしたら終わり。

ただの機械かケモノ以下だ。


日本全体がそうなってしまっているのかも知れない。



昨夜1晩、伊豆伊東の東急ハーヴェストに行ってきました。

以下は晩御飯に伊東駅前でいただいた「1匹まるごとの金目鯛姿煮」

です。40センチくらいもあって1,600円!


でもね・・・茅ケ崎あさまるの方がもっとおししい、かな?




7年余りの中国や中国人とのお付き合いに感謝・感謝

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月19日。朝晩少し寒く感じるようになった。特にお風呂から

出たあと。寒い!


昨日の夜、八重洲で半年ぶりくらいの「焼肉の会」があった。

楽しかった。

現実世界では、みなそれぞれ頑張り、それなりの職場などでの地位

などを確立している。そういう方々ばかり。

しかし、私生活では私のように1人ものであったり、大学生にもなって

いる娘に話し相手にもされない・・・愚痴が、みんなボロボロ。


ヒトは欲張り、かついつでも自分を世間に必要とされる人間でありたい。

かつ、できれば楽ラクしたい。怠け者でいれるものならそうしたい・・・

それが現実だ。

いつでも自分を中心として世間を見たい。

無視されている自分は許せない。そうしているのはアイツのせい!とか

思いたがる。


大学教授だろうが、社長や部長の肩書があって、誰からどう見ても

「あなた十分幸せじゃん!」と思っても、本人は決してそうは思っていない。


そんなことを痛感した飲み会だった。


さて、今日の昼間にある中国人の夫婦が事務所にお見えになった。

もう2年くらい前か、夫婦揃っての日本永住資格取得のお手伝いを私が

した。

いよいよ、中国で祖父・祖母に育ててもらっている1人息子を日本に呼ぶ。

まさに、かれらにとっては人生の一大事。

永住のときも今回も、おっそろしく高い?と思われる中国茶の最高級品を

私に持参してきてくれる。

それで私は、「こんなたっかいもの。オレになんかいらんよ。」そう本音では

言いたい。

でも、相手はそれだけに、永住資格取得や1人息子と一緒に暮らすことは

極めて重要なのだ。「なんのためにこれまで10年余りも必死で日本で

働いた?」

それくらいに人生をかけている。

だから、申し訳ないけどありがたくいただく。


すぐに私は、大事なものをなんでも1人息子にあげる。


中国は、いろいろ言われているけど、今や日本をはるか真下に見下ろす

くらいの勢いがある。日本はマイナス成長20年以上、中国はプラス10%

を20年以上!!


そういう中国の方々のお客様のおかげさまで私は生き残ってきた。


中国を無視、軽視してこれからの世界は動かない。

日本より年十年も前に中国は国連常任理事国だ。

あんな大きな国土と人口、そして5,000年の文化。

あんな国と戦争して勝とうなどと日本は70年くらい前に思い上がった。

結果ボロ負けした。

何百万という自国民を死に追いやり、同じくらい?の中国人などを

殺してしまった。


アメリカや欧州などと仲良く対等に付き合うのは当然。

同じく当然に中国や韓国、北朝鮮、台湾などと付き合わなければ日本

の将来はない。


少なくとも私は「日本人だけは優秀で、アジアのほかの国は劣っている」

などとは決して思わない。

中国あっての私だった。

これからも中国や中国人とは、そう本気で思って付き合っていきたい。




以下は、フランスで売りに出している不動産の入り口の厳重ゲートです。




明日、八重洲で焼肉の会

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月17日。いつもの新宿落合のカットハウス岬に行ってきた。

時間があれば、何をおいても3週間に1度、必ず行っている。

「今日はオカムラさんが来る予感がする」と朝奥様がご主人

におっしゃったのだそうだ。

ずばり!あはは。


明日の夜、半年ぶりくらいの「焼肉の会」が八重洲である。

私は3年くらい前からいつも呼ばれて必ず行っているから、

もう10回目?くらい。

ある大手新聞社の記者さまが主催し、ある国立大学の准教授

や大手旅行代理店、大遊園地の広報担当者、新宿歌舞伎町

で頑張っておられる「駆け込み寺」主催者などなど多彩な顔ぶれ

の方々が来られる。

私が一番の小物かもなあ・・・まあ、お呼ばれして行っていて、

かつ会費制だから、そんなもの気にしない!


思えば、30年間も元千代田区役所公務員だった私は、この仕事

を初めてつくずく痛感したことがあった。

「公務員やサラリーマンは、そこにしか人脈がない!」のだ。

新聞記者さまや大学教授・准教授、医者、歯医者、弁護士、

司法書士、税理士、国会議員や地方議員、そして私の場合は

何よりも外国人で弁護士、海外にいる日本人などなど様々な

人脈がなければ仕事にならない。依頼があってもできない!


8年目になった今、ようやく人脈らしきものができてきた。

その7年余り、ハンパではありません。

「オレも公務員辞めてやってみよう」などと簡単に考えては

決していけませんよ!!!


絶対できる。そう思う方は、できるだけ早く。20代、30代

のうちに始めてください。

それでもおそらく9割以上は失敗します。



横浜・都心を一回りした

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月16日。朝晩すっかり涼しくなった。

今朝少し早起きし、アメリカの方の在留資格更新申請と

同じ方の永住許可申請書類を持ち、横浜市金沢区の

東京入管横浜支局に行った。

3連休明けだから大渋滞覚悟だったけど、意外とすんなり、

約1時間半で到着した。


あっという間に受理していただき、そのまま中国のある方の

許可がもう出ていないか?イチオウ聞いてみた。

「審査中です」と。少しがっくり。また来なきゃいかんもんな・・


10時くらいに用が済んでしまったから、そのまま都心のある

お役所に行った。

私が以前勤めていた役所のお隣り。


これもすぐ終わり、お昼をかつて九州などあちこち一緒に旅行

したE君と神保町の中華屋さんでいただいた。

長崎や大分、天草などなどカレとは楽しい思い出がいっぱいだ。

残念ながらカレが結婚したあとはさすがに野郎同士2人の旅行

などできなくなった。


結局今日1日で約200キロ走破した。

いきものがかりの「ラブソングは止まらないよ」などをガンガンかけ

一緒に歌いながら走っている。

あはは。


若い人の歌をおじさん(じいさんか?)が歌って何が悪い!



下の写真は超高級魚の関イサキ、赤むつ(のどぐろ)です。



相模湖畔で素敵な家を見つけた

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月13日。3連休初日だ。ただし、それは世間様の話し。

自営業の私にはなーーんにも関係ない。

客商売なのに、土曜日、日曜日、3連休などとやっている余裕ない。

明日は、朝からある大事なお客様が事務所にお見えになる。


7月4日に納車された新型スカイラインが、わずか2ケ月余りで走行

距離5,000キロに達した。

新車購入後4年半は、半年ごとの点検や車検費用(税金等を除く)

やオイル交換などを全部やってくれる日産プリンスのサービスに

当然のように加入している。

しかし、「2ケ月で5,000キロ超えた」などという場合は、自分で費用を

払ってオイル交換などやるほかない、らしい。

やむなく、前のスカイラインの時からずっとお世話になっている東京

トヨタ?!の「オイル・ボトルキープ」に加入してやってもらった。

これが優れもので、20リットル22,000円くらいを購入しておけば、工賃

込で4回(スカイラインのオイル交換は1回約5リットル)のオイル交換を

やってくれ、そのたびにクルマの状態の基本的なこともチェックしてくれる。

オイルフィルターも、1回だけどタダで交換してくれる。


私は国産は日産車しか買ったことがない。

1回だけ、もう20年くらい前にボルボを買った。

7年近く前にスカイラインを買った際に、「プリウスの最高級車にしよう

か?」などとだいぶ迷った。値段が、当時はさほど変わらなかったからだ。

何より燃費の圧倒的な違い。

しかし、自営業の私にはこんなの関係なかったことに気が付いている。

ガソリン代は経費!そのものなのだ。


7年が過ぎ、今やハイブリッドは当たり前。プリウスも、いやというほど

目にする大衆車だ。

一方、スカイラインは今や日産を代表するような最高級車になった。

スカイラインにして結果OKだった。間違いない。


さて、今日は1年ぶりくらいに津久井ダムや相模ダムなどに行った。

かつて(20年くらい前、離婚したい、離婚したい・・・と思っていたころ)

は、近いからいやというほどよく1人で週末に出かけていた。

離婚したい女の顔など見たくなかった・・・


相模湖の大きな公園のすぐ近くにある、まるで北欧?などにある

ような素敵な家を見つけました。

こんな家を私も一生に一度でいいから建てて住んでみたいな。


もしかしたら、本気でやってしまうかも!

そのくらいに素敵な家でした。




フランスとの真夜中の国際電話

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月11日。午前5時過ぎ。

5月中旬くらいから7月末くらいまで、私はこの時間に起きて

いるのは毎日当たり前だった。

自営業なのだから忙しいときにこそ頑張るしかない。

かつて、少し忙しくなるとすぐ「人を雇おう」と思い実行した。

しかし、水商売よりひどい「水も出さない」商売。

いつまでも忙しいと思うなかれ。


ましてや、今や毎年2,000人くらいもの新人弁護士が誕生する。

私が司法試験受験していた昭和50年代(毎年500名合格、うち

100名くらいが裁判官・検事になっていたから弁護士は400名。)

などと比べ、なんと毎年5倍近い。


人口が増えたわけでない。事件が増えたわけでないから、今や

弁護士という資格だけでは生き残れない。激しい競争がある。


私がやっている仕事の8割、9割は外国関係。

これもM&Aなどのように、国際企業間の大きな仕事などなら

いくらもやっている事務所があるけど、個人の細かな案件を

やっている事務所は少ない。

簡単に言うと、あまりおカネにならない。


しかし、1人1人のお客様には、まさに人生がかかっている、

離婚トラブル、相続トラブル、外国で受給していた年金や預けて

いた預金、不動産売却・・・というようなトラブルは多い。


おとといのお客様からのフランスUFF証券会社からの振込みが

あったという件を、フランスで協力してくれている日本人女性に

今朝3時過ぎにLINEで電話報告した。

ものすごく喜んでくださった。

ご主人がフランスの法律職高級公務員(弁護士より偉い)。

このご主人が、偶然にお知り合いになったのだけど、決定的

な知識を与えてくれ、文書作成などのお手伝いをしてくださった。


「フランスはね、何をやるのも遅い。日本人の感覚でいると胃が

痛くなる。でも我慢強くあきらめないで食らいついていれば必ず

結果が出る。そういう国です」と、先ほどの国際電話でフランス

に住む日本人女性に教えていただいた。


LINEだから、16分間話してたったの64円。

世界中どこでも電話代気にせずかけられるようになった。

LINEさまさまだ。



1月にニースに出張した際、「無駄足だったかあ・・・さあて

どうしよう・・・」と考えるために入った、ホテル・ル・メリディアン

ニースの屋上のレストランです。

地中海が目の前!



フランスUFF「ユニオンフィナンシエ」証券会社の資産日本移転ついに一部成功した

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月9日重陽の日、火曜日。虫の音が騒がしい。すっかり秋になった。

アメリカの方の日本永住資格取得、中国の方のビザ取得、在日韓国人

の方の帰化申請、通所介護の新規許可申請などなど少々忙しい。

しかし、フランスの大型案件が5月末の一部成功以来、なかなか次が

続かず気を揉みっぱなしだった。


昨年夏から接触始めたある証券会社が、今年1月に私がフランスに

出張し直談判した際は「すぐにでも払う」みたいな対応だった。

4月には「これこれの書類を出してもらえれば払います」と伝えてきて

おり、そのとおりに追加書類(追加ではない!もう既に出していた!!)

なども言われるままに出していた。


以来、なんと半年が過ぎた。

UFF(ユニオンフィナンシエ)という証券会社だ。世界第五位?くらい

のおそらく野村よりも大きな証券会社、らしい。


ずーーっと、なしのつぶて。


半年が経ち、今日お客様から電話が来た。

「UFFから・・・・円の振込みがありました」と。


BNPパリバもそうだった。

相手の言われるままに多くの書類を、ハーグ条約に基づき公証人の

公証・外務省アポスティーユもつけていっぱいいっぱい提出した。

もう1年も前の話だ。

それでも、さらに「アレが足りない、これも足りない・・・」と、こっちは

国際スピード郵便EMSで送っているのに、相手からはただの安い

国際郵便。


メディアトリスというフランスの法律に基づく銀行内のオンブズマン?

のようなところにもさんざん手紙などを送った。

BNPパリバは、5月、ついにお客様のおカネのうち8割くらいを払った。

UFFは、いつまでたっても払わない。

フランスでは「銀行は泥棒だ!」ということわざまであるそうだ。


しかし、ついにUFFが一部だけど払った、お客様の口座に入金された。

そうお客様から連絡がきた。

1年2ケ月もかけて、預金した本人が国際条約に基づく正式な委任状

やその他の多くの書類を「自分のおカネを日本のこの銀行の口座に

移して欲しい」とやった。

もともと自分のおカネだ。


それが、なんと1年以上もかかり、しかも「一部だけ」やっと日本に移った。



お引き受けする際は、「これ、時間かかるよな・・・でも、オレが引き受け

なかったら、このお客様は自分のカネなのに、日本に正式に移せない。

そんなアホな話あるか!

しかも相手はフランス。超先進国。日本人のあこがれの国。

絶対成功させてやる!」そう私は思った。


まだまだ、「一部しか払ってないのだから、残りを!罰金だってフランス

の法律どおりに支払え!」と、ある銀行や証券会社とやっている。

不動産もきちんと内外装して「相場で売れる」値段で売りに出している。


引き受けた以上は成功するまで絶対あきらめない。

私はそうやって8年、今の仕事を続けてきた。


不動産が売れたら、またフランスに出張だ。

遊びに行くわけでないけど、1年以上にわたった仕事の総仕上げ。

そう思えば、2度目のフランス出張ができるだけ早く叶って欲しい。


前に行ったのは、今年の1月。真冬。

今度は、できれば寒くなる前に行きたい。


ニース!だよ。

冬もいいけど、秋はおそらくもっともっといい。


そういう時期に行けることを願っている。




イギリスに土地を買う!ための本人認証書類を作った

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月6日、土曜日。昨日から、また汗ばむ陽気になった。

土曜日だけど、今月中に出さなければならない書類、

今月中に出したい書類などのために事務所に出勤している。


お昼頃、イギリスに土地を買うのでイギリスの不動産屋さん

に出す本人認証の書類を作って欲しいというお客様がいらした。

「なるだけ国内の現預金で持たないように、分散しています」と。

毎年毎年国債残高が膨大に増えていることに危機感を覚えて

いるのだそうだ。


外国銀行に預金するという方々のためのパスポート認証など

の仕事は今まで相当の数にのぼる。

円が1ドル80円くらいだったころが一番多かった。

「円高だから外国に預金するのですよ」とハッキリおっしゃって

いたお客様たちの姿をよく覚えている。

いま105円とかだから、それだけで3割も資産が増えたこと

になる。


私はとってもそんな余裕がないから、株とか外国銀行預金

など、とてもじゃないけどできない。


イギリスに土地を買う!

すごい人もいるものだと思う。



以下の写真はモナコです。




モナコの海岸

湘南、辻堂のフードコートに行った

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月4日、アメリカに今いるお客様が今夜帰国なさる。

今太平洋上か?


今朝、お客様のところに行き、そのまま湘南辻堂に行った。

あそこに行くのは2年ぶり?

前に行ったとき、1人息子が近くに住んでいたから確か一緒に

あさまるに行った。

あのときは合計2回行ったから、もう1回のお昼は辻堂駅前の

大きな商業施設4階にあるフードコートに行った。


そば、ラーメン、中華、海鮮丼などなどのお店がいくつもあって、

食事する場所は共通。

香港や台湾などにある安いフードコートと似たような造りだ。

ただし、日本のフードコートはたっかい。

私が頼んだのは結局810円の冷やしとろろそば。


でも、200席~300席くらいはあろうかという食事場所はちょうど

お昼休み時間でもあったためか満杯に近かった。


開放的な大きなガラスの向こうから湘南の日差しがさんさんと

入ってくる。

屋外のテーブル席もある。

湘南らしい、おっしゃれなフードコートだ。


用を済ませ、食事終えたらまっすぐ高速で八王子に帰りついた。

「資料提出通知」の書類が早速お客様から速達で届いていた。

ビックリ?

中国のお方なのだけど、ものすごく達筆の日本語(宛名だから

全部漢字)。

私よりはるかに上手な字だ。


そろそろ郵便局本局に行き、今日の便に間に合わせる。


お客様たちの人生がかかっていたりする。

失敗できない。


まあ、いたってあっけらかんと私はやっている。

フードコートに行ったり、音楽がんがんかけて移動している。

ちょうどいい気晴らしだ。




「元気で豊かな地方再生」絶対叶えて欲しい

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月3日、すごく良い天気だった。少しだけ暑かった。

アレもコレもといろんな仕事があるのは当たり前だけど、優先順位

をつけてコツコツやるしかない。

中国にLINEで電話をかけた。

ある仕事で「補正(追加書類提出)命令」を受けた。

これは、「補正すれば、もうOKですよ」という意味。

それを伝えるためだった。

すごく喜んでくれていた。

申請してから、まだ1週間しか経っていないのだ。


今の政権が発足してもう1年8ケ月も経つのだという。

閣僚が大きく入れ替わった。

元幹事長が「地方創生」大臣になった。


東京一極集中が進み、地方は人口減・産業減・収入減・若者激減

と将来に希望を持てない状況になりつつある。

東京近郊だって小規模商店などなど壊滅?に近い状態になっている。

全国どこに行っても、バイパスなどに並ぶ同じような大型店舗、コンビニ

だらけで駅前商店街は壊滅に近い状態だ。


かつては地方に大企業の大規模工場などもあったし、まだあるところも。

しかし、多くが中国や東南アジアなどに行ってしまった。

農業による所得は非常に少ない。

米もいまや、5キロ1,680円とかで新米が出回っている。

小売価格だから、農業者は「ただ働き」に近い状態。

水産業も、屋久島に行ったときに聞いた。

「一生懸命トビウオ獲っても、価格が安すぎる。

燃料代・人件費などなど払えない。

辞めざるを得なかった」と。


韓国・中国があっという間に日本に近い経済水準になろうとしている。

観光業には無限の可能性がある。

しかし、ちょっとした閣僚の無神経な発言や靖国問題などで、韓国・

中国とはもう何年も険悪な関係のまま。


震災に遭った方々のために財源注ぎ込むのはある意味当たり前。

しかし、雇用の助成金など、震災地にばかりおカネが回り、震災地域で

ない場所できちんとした正規職員に就職できない人たちの助成金など

はほぼ全滅した。


家族を養える雇用・収入があり、子育てする環境が整い、地域での

支えあいがあって初めて地方は元気になる。


イシバさんとタニガキさん、アベさんにはそこんとこ上手にやって欲しい。




以下の写真は、私が小学校・中学校の9年間、田舎のボロ家から毎日

見えていた開聞岳と釜蓋神社です。

もうなくなったボロ家の場所から写しました。




多摩社労士会の必須研修

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



9月2日。もう9月になった。やはり朝晩大変涼しい。

今日は、午後から八王子駅隣のオリンパスホールで多摩社労士会

の必須研修が予定されていた。

今朝、もう長いお付き合いになる顧問先の社長さまに会いに行くこと

を決めていた。神奈川県・・市。

圏央道の八王子・厚木間の全線開通で、わずか30分ほどで着いた。

早く横浜もこうなって欲しい。


細かいことは書けないけど、本社をついに自社ビルに移転する。

その用件だった。


「ところで、年金保険料、あれどうにかならんもんですか?

私は、最高限度額(事業主・本人負担合計約毎月11万円

を払っていて、受給年齢に達しても全額停止。

保険料だけは70歳まで払わされる。

こんなアホな話ありますか?毎月11万強制的に徴収されて、

支払いはゼロ。

こんな年金制度を信用するヒトいますか?」と。

「経営者っていうのは、倒産の危険を乗り越えるため必死で

働いている。長生きはできない。覚悟して生きている」とも。

ぐうの音も出ない。


そのとおりでしょう?

受給年齢に達しても、総報酬月額相当額と老齢厚生年金の

月額の合計28万以上で半額支給停止。

46万以上で全額停止。

60過ぎたら払います・・・ならまだいい。

いつまで経っても払わない。もらえない制度だ。

やらずぼったくり!のぼったくりバーよりひどい。


「うーーん。ごめんね、制度(法律)だからねえ・・・

どうしたらいいのか、考えてみるよ。だけどオレ違法行為はできん。

それだけは勘弁してくれ」と言うほかなかった。


その後、八王子のオリンパスホールで研修があった。

現在の厚生労働省の数理科数理第二係長による「年金制度の

現状と課題」が約1時間半。

休憩の後、法政大学社会学部の長沼教授が「日本の社会保障制度

改革の現状」が約1時間。


講義のあと質疑応答時間が少しだけあった。

朝聞いた嘆きや、関西のトヨタ関連のある社長の「このままでは日本

はダメになる。いま60歳前後の私たちが必死で頑張らないと、日本の

若いヒトたちが夢を失う。」という話や、

今の日本の1人当たりGDPは33,000ドル程度(円高で大きく見えて

いるだけ。フランスとほぼ同じ)、韓国は今や28,000ドルほど。

日本を追い抜くのは時間の問題。中国も猛烈な勢いで伸びているから、

このままじゃあ越される。


などをミックスして5分くらい質問兼意見を厚労省担当者や大学教授

どのに聞きたいと思った。

しかし、質疑応答の時間は1人分しか用意されていない。


社労士の仕事は少ない私だから、「こんな多くのひとの前、かつ厚労省

の担当者や大学教授の目の前。やめとこ」と黙っていた。


自分たちの給与水準だけで国民全体を見てはいけません。

千代田区の住民税収は、もう20年くらいも前だけど、約3万人の納税

義務者のうちわずか5%=1,500人が、区民税収入約100億円のうち

なんと95%を収めていた。

月給60万円くらいで厚生年金の保険料は打ち止め定額。


月給600万、6,000万円もらっているヒトだっているんだよ。

なぜ、そこに目を向けない?

受給停止などというバカげた制度やめて、払った保険料に応じて

ちゃんと支払えば、税金と同じで文句など出ない。


欧州のどこを勉強してるのですか?

と、おえらい方々に尋ねたい。




ハワイ島山頂の日本の望遠鏡「すばる」に沈む夕日です。

夕日のかなたは日本!

世界経済一番の日本がいい。二番?でもこれはいいや。

今の日本はOECD加盟国のうち最低ランク。30位くらい。

貧しい国に成り下がろうとしている。




«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。