FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年ぶりに笹子峠を越えた

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



GW谷間の3日続く平日。最初の3連休は、最高気温20度ちょいで

毎日晴れ。最高のお天気だった。

日曜日に久しぶりに山梨方面に行こうと思い立ち、朝9時ころに家を

出かけた。

特に行先も決めず気ままな1人旅。

B級グランプリ第1号の甲州鳥モツ煮を食べたくなり、甲府駅南口駅前

の奥藤(おくとう)本店に行った。

鶏モツ煮が有名になり過ぎたせいか、お客様ほぼ全員が鳥モツ煮を

頼んでいた。そのせいか、おそばが・・・だった。

すぐ近くの甲府城に初めて登ってみた。武田信玄とは何も関係ないよう

だけど天守閣跡が残っていて、四方八方きれいに見えていた。

富士山や南アルプス、中央アルプスなど、まだ山頂付近は雪が残っている。


その後、高速で一気に山中湖に廻り、ホテル・ラフォーレ山中湖で

日帰り入浴。小学校のプールくらいの広さがある室内風呂のほか、

趣のある屋根がついた露天風呂もある。

私が入室したとき2~3名が出ていき、私が出るまで誰も来なかった。

つまりずーーと1人占め。気持ちいいけど、もったいない気もする。

3連休の中日だったから、同じ山中湖にある紅富士の湯など日帰り

温泉専用施設はおそらく芋の子洗いだったかも。

確か紅富士の湯が700円、ラフォーレは1,000円でタオルと

バスタオルも貸してくれる。

あなたならどっち行く?

決まっているけど、お奨めです。




130428_1043~020001 (2)

スポンサーサイト

おんな心と春の空?

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



GWに突入した。今日は朝からきれいに晴れ渡り、暑くもなく

寒くもなく本当に行楽日和。

おそらく高速道路はどこも大渋滞だろう。我が家から中央道

八王子インターは直線1キロ?くらい。クルマのブオーンという

排気音がひっきりなしに聞こえてくる。普段はこんなことない。

私は、今日が月に1回の八王子シルバー人材センターの方が

お掃除に来てくれる日。もう頼み始めて4年くらいになる。

6時間かけて家の中や、ベランダ、ガラス、庭の草取りまで

やってくださる。それで1日、わずか6,000円。申し訳ない

くらいだ。

今日は、ちょうど4年前に庭に植えたモッコウ薔薇が満開。

昨年ですでにすごかったけど、今年は厚みが増し、膨大な花が

一斉に咲いている。「これ、本当に見事としかいいようがない。

すごいですねえ・」と褒めていただいた。

「いや、私の家は1人もので花がない。このくらい・と思った

のです。あっちの島根の大根島で買ったボタンはなかなか大きく

成長しない。このモッコウ薔薇はものすごい生命力です」と

分かったような分からない話しをしていた。


連休に入る前にご依頼があったある案件で少しバタバタしていた。

人の人生に関わることで、常識やこれが正解というような判断

基準は、ハッキリ言ってどこにもない。

人それぞれ、ケースバイケースだ。

最も困るのが、「さっきまで言っていたことと正反対の主張をする」

中には「話している途中で主張が変わる」といったようなもの。

申し訳ないけれど、そのようなことは女性に顕著に表れるような

キガスル。


女ごころと秋の空とことわざに言う。

今は春の最高の季節だけど、今年の天気は変わりやすい日が多い。

おんな心と春の空・・かもなあ・・と思いながら、「オレだって

生身の人間だ。オトコだオンナだと言う前に、まず自分の足で

この世生きていかなきゃならん。自分に与えられた仕事を地道に

こなしていく他ないじゃんかあ・・」と思っている。


ごく近い日がユハラさんの月命日だ。役所を辞めて悠々自適に

生きているAさんと一緒に小平霊園にお墓参りに行く。

台湾や北海道、沖縄などなどこの3人でもあちこち行った。

もう行けない。

2人の旅行は簡単に決まる。3人だと決まらない。そんなこと

が新聞に書いてあった。確かにそうだった。ただし、最初の台湾

旅行だけ。そこで3人とも学習し、「3人快適に旅行する」方法

を身に付けた。「主張し過ぎない」「自ら譲る」っていうことだ。

そうした心得で行った北海道や沖縄など本当に楽しかった。

また行きたいけどなあ・・・

30後半、40代になってからできた親友って、あり得ないくらい

に貴重な存在だ。




オロフレ峠霧氷 縮小

変わりゆく街並み

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



GW直前の金曜日。夕方から荒れ模様らしいけど、今はとっても気持ち

のいいお天気だ。

昨日、やはりポカポカのお天気であちこちクルマで廻った。

米軍横田基地の近くや野猿峠の先の多摩ニュータウン、相模原。

八王子の北約2キロくらい先の創価大学近くで途切れていた新道が

圏央道あきるのインター(東京サマーランドがある)まで全通していた。

できたばかりの道路はデコボコがなく本当にすいすい気持ちいい。

まだ4月だからあちこちで白バイや速度取締りをやっていた。みんな

分かっているようで制限速度をよく守っていた。


相模原に向かう道では、あちこちでツツジが満開。藤の花もいっぱい

見かけた。

帰り際の法政大学キャンパスの近くでは、それまでヤマだったところ

が造成され宅地分譲されていた。不景気のせいか、元ヤマにしては

区画が狭すぎる気がした。

京王線めじろ台駅から南にまっすぐ2キロ以上いったあたりでは、20年

くらい前まで畑ばっかりだった場所がもうすっかり戸建住宅で埋め尽く

されている。昔の住まいの反対側に住んでいたおじいちゃんに相模川

でのアユ釣りを教えてもらったことがある。そのとき教えていただいた

道路だ。

全く変わらない場所もある。京王線山田駅の南側すぐのところにある

広大な牧場だ。牧場のままだから、古い地形がそのまま残されのどかな

風景がずっと向こうの山まで続いている。まさに、ここが東京か?と

思うような場所にだ。

10年ひと昔。20年、30年前は遠い記憶。今しか知らない人に

とってはそれがどうした?程度のものに過ぎない。

数少ない頼りになる、お世話になったヒトが亡くなった。

ご冥福をお祈りする。




121116_1029~010001


早実、日大三高に5回コールド負け

文字色

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



4月20日。暑かったり寒かったり変な春だ。

今朝はどんより曇り模様。半年ぶりに神宮第二球場に向かった。

春の東京都高校野球準々決勝、早実対日大三高の試合。

昨年10月28日、秋の都大会決勝戦以来の野球見物。

もう高校野球に熱くなるのはやめた、はず。

しかし、あれほど熱くなれるものはそうはない。

日大三高戦だ、行こう・・と無性に思った。


前の試合(帝京対関東一高)がコールド試合で7回で終わった。

少し(かつてのように3時間前とかに行くノリはもうない)遅

れていつもの神宮絵画館の駐車場にクルマを入れた。

ちょうどそこでホンダ様のお母様から電話がきた。

「あと5分くらいで着きます。ご一緒によろしく」と。

3塁側だったけど、「ハジッコに行きましょう」と強引?に行った。

神宮第二は狭い、だからこそあのハジッコが空いているのを知って

いた。座ってしまえば、試合終了後によりいい席が取れる。

こんなこと知って何になる?とも思うけど、まあいいやんか。


案の定、それなりの席を確保できた。

なんと!、父母など除く最前列から2列目。

目の前は早実チアの指定席だった。

目の前にいた女性に、「あなたリ◎コちゃんではない?」と聞いて

みた。ずばりだった。

り◎コちゃんがこのチアの20名ほどの中にいることは知っていた。

しかし、覚えが悪いから「リ◎コちゃんは・・・だれ?」と思っていた。

ようやく会えた・・・ゴメン。

リ◎コちゃんには、「オカムラさんの目の前で応援していました」と

言われていたのだ。む???リ◎コちゃん、どれだっけ・・・と情け

な思いをしていたのはこの私だった。


もう早実2年生。

なんと、デビュー後たちまちセンバツ甲子園に行っちゃった。

すごい幸運を引き寄せる。たぐいまれなものを生まれつき備えている、

かもしれない。

応援団のカレシ、カノジョもそうだ。

3年生は、夏の大会予選(7月)が終わったら、もう現役引退だ。

そのくらいにあの年齢の月日はどんどん進んでいく。


今日の試合は、残念ながら5回コールドで負けてしまった。

センバツと違い、夏の大会は1回負けたら終わり。

日本中の約4,000高校のほとんどが甲子園は夢のまた夢だ。

今年の早実、全体の基本的な才能・実力は、おそらくない。

しかし、春の大会優勝の浦和学院と比べ大きな力の差はない。


あとたった3ケ月しか3年生の「甲子園の夢」はない。

リ◎コちゃん、あと3ケ月。先輩応援団やチアの「甲子園の夢」

を実現するために頑張って欲しい。

リ◎コちゃん自身も、来年甲子園の保証なんか何もないんだよ。





早実入場券


霧島の青白い濁り湯

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



4月にしては少し肌寒いような日が続いている。こんなもんだっけ?

上海のマンション相続訴訟を中国の弁護士とともに引き受けたのが

2年前の初夏。

2年近くかかり、ようやくご依頼人に中国から送金が行われる。

2年もかかり、私のファイルだけでも膨大な量になった。

こういうのを引き受けるのは相当の覚悟でやらないといけないのだ、

そんな当たり前かも知れないけど痛感している。

より以前に引き受けた中国本土と香港分の相続も半年から~2年近く

かかった。


先週末の鹿児島帰省の際に、毎日温泉に入った。

指宿、串木野、霧島だったけど、改めて霧島温泉の素晴らしさを知った

思いだった。

この10年くらい、霧島に行けば霧島ホテルと決めていた。

この前、たまには違う場所へ行こう・・と霧島いわさきホテルに行った。

「林田温泉」と書かれていた。

実は、霧島ホテルを知る前は、霧島の温泉というとここばっかりだった。

霧島ホテルと同じ、硫黄の匂いがし、青白く濁っている。

浴槽が屋内、露天ともにいくつもある。でかいものは学校などのプール

よりもっと広い。温度も40~42度くらいでちょうどよい。


「オレ、10年以上前にここ何度も来たんだよな。でも、ここの温泉が

こんなに広かったかなあ・・・すっかり忘れてしまっている」と一緒に

行ってくれた友人に言う始末。

温泉大好きで、きっと覚えている、はずなのにこんな調子だ。

食べ物や温泉、身近なものは忘れやすいのかな?

単に覚えが悪いだけかも知れないけど、不思議な思いだった。





002_02_convert_20091203234846.jpg

快晴の鹿児島3日間

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



8ケ月ぶりの鹿児島2泊3日から帰ってきた。

とりあえず母親は大変元気。昨日の朝行ったとき、ちょうど朝食の時間で

そこにいるちょうど20名の入所者とともに自分で箸を持ってしっかり

食べていた。

錦江湾がきれいに見える食事室で昼間、20名がそれぞれただボーーット

時をゆっくり過ごしている。

104歳という方もおられるようだった。

あれだけ施設やスタッフに恵まれて過ごしている人々はおそらく大変幸せだ。


1人で行っても話し相手もいなくつまらない。そのため、友人を誘ったら

一緒に行ってくれた。ありがたい。

行ったついでに、初日に島津家の別邸(仙巌園)や指宿の温泉、2日目に

甑島、3日目に桜島、霧島と廻った。

毎日鹿児島の温泉に入った。

初日が指宿温泉、2日目に串木野温泉、昨日が霧島温泉。

どこもかなりすいていて大きなお風呂。大変気持ち良い。

やはり最終日の霧島温泉が、泉質(淡い青色の濁り湯で硫黄のにおい)や

浴室の広さ(広大!と言える)など一番よかった。

霧島の温泉は、もう10年近く「霧島ホテル(坂本竜馬がお良さんと

新婚旅行の際に泊まったという場所)」にばかり入っていた。今回は

霧島いわさきホテルだった。


中日の雲一つなく風もない日に、串木野港から甑島の里村まで高速船

で行った。40年ぶり。

かつて行ったときは徒歩で長目の浜などに行ったけど、今回はレンタカー。

意外と小さな島だから、上甑島・中甑島の主要な観光スポットをほぼ

全部廻ったけど、3時間余りで終わってしまった。

島の名物キビナゴの昼食を食べようと「時春」というお店に入った。

他にお客様がいなかったせいか、店主がいろいろ話をしてくれた。

何も注文してないのに、「これは、夜のお客様用に煮込んだものです。

どうぞ食べてみてください」とブリとふき、タケノコ(全部甑島産)

をおとうしのように出してくださった。

また、朝とれたばかりというキビナゴを炭火コンロで自分たちで焼き

ながら2人で30尾ほどいただいた。目がきらきらしており、新鮮だ

というのが一目で分かる。味も最高。

店主が「私は不器用だから、刺身にするのに1尾1分かかる。女性は

手の大きさなどちょうどよくあっという間に調理する」とバカ正直に

話していた。おもしろい人だった。元は関西でフランス料理を修業

したのだそうだ。

最後に、たっぷりのキビナゴ刺身が入ったお茶漬けをいただいた。

わさびが効き、なかなかのものだった。


思えば、昨年11月に韓国プサンに行って以来もう半年近く、どこ

にも旅行していなかった。

久しぶりに、ちょうど良い気候の鹿児島に行くことができた。

結構歩き回ったから、ちょうど良い運動にもなった。

悪いことばかりじゃない。こうやって息抜きしながらノホホンと

生きていけばいいんだ、そう2人で話した。

本当にそのとおりだとつくづく思う。





上甑島、長目の浜とナマコ池 遠方の陸続きが里村









甑島に行く

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



新年度4月もどんどん暦が進んで行く。

久しぶりに、ある銀行の支店長に駅前で会った。あの方は、トライアス

ロンに宮古島まで出かけるツワモノだ。

そのせいか、仕事がすごく早い。


もうすぐ鹿児島に8ケ月ぶりに帰省する。

もうすぐ94歳になる母親に会うのが一番の目的だけど、実際会いに

行くのは2回、それぞれ1時間足らずだけ。

行かないより・・・と自己満足だ。かあちゃん、ごめん。


一緒に行ってくれる前の役所(もう私が辞めて6年過ぎた)の親友に

ひたすら感謝している。

カレとは、鹿児島にもう数回行ってもらった。屋久島や九州1周なども

同行してもらった。

九州以外に、沖縄数回、韓国数回、中国3~4回、ハワイ、北海道、

京都、信州、伊豆などなどもう数えきれないくらい一緒に行った。

何より気ごころ知れているから、互いにどんなことがあってもちっとも

トラブル起きない。起きても、あうんの呼吸で解決してきた。

カレがオトコでなくてオンナだったらなあ・・とバカなことを思う。


「3日間フルにあちこち行けるよ。今回はどこに?」と伝えていた。

先日電話で話した。屋久島にも数年前に行った。

「桜島に行ってないから行きたい。・・・」などと。

「そんなの簡単、鹿児島からフェリーで目の前。霧島神宮は空港に

近い。最終日に余裕で行こう・・近くに数種類の温泉(濁り湯)が

ある。行こう・・・」などと。


中日に薩摩半島の西に浮かぶ甑島(コシキジマ)に行くことにした。

串木野という港から高速船で1時間足らず。

実はもう40年以上前、私が国立鹿児島高専の2年生から3年生に

なる春休みだったと思うけど、甑島出身の同級生アンチ君の自宅に

遊びに行ったことがある。

いきなり行ってアンチ君の両親などに随分ご迷惑かけた・・と今でも

思っている。

1泊だったけど、アンチ君の家は里村という甑島の中心地の武家屋敷

の一角の家だった。

珍しい?お客さんにアンチ君のご両親や妹さんは一生懸命おもてなし

してくださった。

お姉さん(福岡までクルマで送ってもらった)、妹さん(広島大学

医学部に入った)たちもみんなお元気かなあ。

お土産にウニの瓶詰(鹿児島ではウニはあまり食べない)をたくさん

いただいた。(ごめんなさい。今では大好物なんだけど)

宿泊した翌日、アンチ君と2人で島内探検に出かけた。

まだできていない道路で、見たことのないウサギが現れた。

長い砂浜にいくつもの湖があり、これも見たことのない光景だった。

当時はまだ17歳の田舎者だから、あまりいろんな風景知らなかった。

その後、あちこち出かけいくら物知りになった。

しかし、やはり鹿児島の田舎というだけで他とは全く違う思いがある。

「もう1回行きたいなあ・・・でも、きっと一生ない」と思っていた。

なぜか、そのもう一度がもうすぐ実現する。


40年も前・・・そんな時間が過ぎたのかあ・と思う。

その40年、私はずっと東京にいた。

田舎にいたころはあこがれの、夢の東京だった。

40年。ふぅ。






田舎の海と開聞岳 縮小




ハーグ条約発効前の駆け込み子連れ帰国

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



4月8日月曜日、風もやみ快晴。朝出勤途中に小学校入学式

に向かう多くの親子連れをあちこちで見かけた。

小学校入学式はだいたい両親揃って出席というのが昔から多い。

私ももう21年前にやはり仕事を休んで、息子の入学式に出た。

赤ちゃんから、だんだん大きくなり小学校に入る。大事な節目だ。

息子は「1年生になったあら、友だち100人できるかな」という

歌を2年生の子どもたちと一緒に大きな声で歌っていた。


先月あたりから、NPO国際結婚協会にあちこちの国々に住む

日本人女性から、「子どもの連れ去りに関するハーグ条約に日本が

加盟する前に子どもを連れ日本に帰りたい。ついては・・・」

などというような問い合わせが少なからず来ている。

「条約批准を国会が可決し(来月あたりだろうと報道されている)、

それから3ケ月を経過すれば今までのような連れ去りは許されなく

なり、従来長いこと住んでいた国に子どもを一旦連れ戻すことになる。

その日までに連れ去られたものは対象とはならない。

しかし、もう条約批准の流れは止まらない。

今なら罪にならないからこのタイミングで日本に連れ帰ってしまおう、

などと考えるのはいかがなものか?

子どもはあなただけのものではない。

そもそも子ども自身の問題だ。

子どものためにはどうしたら一番よいか、自分勝手に考えないで相手

の意向もよく聞いて冷静に判断するべきではないか?」

概ねそのように答えるようにしている。

しかしね、多くの母親たちが旦那さんの悪口をイヤになるくらい

いっぱい書き連ねている。簡単になんかまとまりませんよ。

私のアドバイスも、おそらく「あなたはオトコだから」くらいに

しか考えていない、かも知れない。


今日初めて、海外から日本に連れ去るのでなくて、「日本が加盟

する前に(条約加盟国である)自分の国に連れ帰られてしまった」

という日本人からの切実なお問い合わせがきた。

なんと、子どもは2人とも今日が入学式だったという。


今朝、入学式に向かう親子連れをたくさん見たあとだっただけに

呆然とする思いで、たいしてお役に立てなかっただろうなあと

今でもなんだか悔しい思いだ。




120429_1102~020001

昭和30年代、薩摩の田舎の結婚式

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



昨日からずっと強風が吹き荒れた。雨は少なかった。

もうまる8年になった今の家。外壁などが心配だ。今はOK。

やはりマンションは気楽でよかったなあ・・などと思う。

「庭が欲しい・・駐車場もタダだ・・」などと新築のときは思った。

何事にも、いいこと悪いこと合わせ兼ねている。


幕末のドラマ「八重の桜」を見ている。

主人公の八重は、新島襄と結婚した。

結婚式は八重の自宅。


50年ほど前、私が鹿児島の田舎にいたころ、結婚式もお葬式も

なんでもかんでも自宅でやるのが当たり前だった。

小学校高学年くらいになると、結婚式がある家などにご祝儀を

持っていかされた。

今から思うと、あんなに近くだったのかと思う。

大広間(と言ってもせいぜい14~20畳)で式をやっていた。

「手拍子で歌歌い、大人たちがただ酒飲んでいるだけ」の光景だった。

いくら持って行っていかされたのか、さっぱり覚えていない。

当時のオヤジ殿の横浜からの毎月の仕送りが確か数万円。

たぶん1,000円とかのご祝儀だったのだろう。


全部自宅で冠婚葬祭をやるのが当たり前だから、どこの家でも

30人、40人、50人分くらいの食器があった。

いざ葬式だ、法事だ・・となると、親戚中、ご近所中集まって

みんなで食事を作る。

思えば、みんな女性たちがやっていた。

オトコはただ酒飲んでいただけに思えた。


あんな習慣も、今や鹿児島の田舎からも姿を消したようだ。

わずか50年ほど前までは、鹿児島の田舎だって同級生がアメリカ

に移民したり、大変貧しい日本だった。


鹿児島に帰るたび、「子どものころ、ここはあんなに子どもがいっぱい

いた。どこに行ったのだ・・・」と少し不思議な気持ちになる。

「そこにいるじゃないか(自分のこと)・・」と思いながら、「いや

違うんだよ。建物や風景はあまり変わらない。自分が子どものころは

小学校に6学年1,000人とかいた。今は数えるほど。どこに行った?」

と。

もうすぐ鹿児島だ。

鹿児島のうまいもの、キビナゴ、黒豚、黒牛・・たっぷり食べたい。




開聞岳

火野正平「心旅」に生まれ故郷が出た

ランキングに参加しております。
1クリック応援お願いします。

        人気blogランキングへ                                 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



新年度になった。私も、今の仕事もう7年目になった。

毎日きれいに晴れる日は少なく、どんより曇りか少雨の日々だ。

センバツもいよいよ明日が決勝戦。早実負けたからもう全く興味ない。


平日の午後7時15分からNHKのBSプレミアムで放送している

火野正平さん主演の日本全国を自転車で廻る「心旅」がしばしの休み

を経て今日また再スタートした。

今日は、いきなり出た画面が見慣れた開聞岳。

「あ!ここは長崎鼻だ」とすぐ分かった。

枕崎に行く行程で、途中の東大川まではバスだった。

この「大川」が私の生まれ故郷だ。中学卒業までずっと。

西大川という表示が出て、「あ!コラン川(加治佐川)が出る」と。

見慣れた光景が現れた。川の最下流の場所だ。

子どもの頃、歩いてずっと遡ったことがある。2m?くらいの滝に

ウナギの子どもがびっしり連なっていた。

最下流には小さな漁港がある。漁港の脇には昔からの墓がある。

そのすぐ近くはオヤジが眠る墓があるお寺さんだ。


もうすぐ私は8ケ月ぶりにあそこに2泊3日で帰る。

実家はなくなってしまったから、帰るでなくて「行く」だ。

東京に出てきて、もう40年にもなった。

東京の40年間に比べ、子どものころの10年余りの記憶はずっと

甘くいつまでも忘れない。


もうすぐあそこにまた行ける。

6月で94になるかあちゃんに会える。

サラダツアーという沖縄の会社主催のツアーだけど、今夜電話があった。

「3月末で事業を辞めた。・・ツアーに事業譲渡する。ただし、予約

内容はそのまま引き継げるからご安心を」と。

ふぅ。

行けなくなる?一瞬ものすごく心配した。

「だから安かったのか?3月に予約した・・」などとも思った。

そういうご時世になっているのだ、と気を引き締める思いだった。





田舎の海 縮小

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:岡村 正人

岡村国際法務事務所
ameblo 岡村ブログ
株式会社オカムラ・インターナショナル オカムラ・インターナショナル
岡村国際法務事務所中文ページ
東京入国管理局(東京入管)案内
士業ネット岡村正人ページ

ホームページ

最近の記事

ランキング

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

人気blogランキングへ

ブログ王へ

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。